ペット保険の選び方特集 ペット保険の選び方特集

ペット保険の保険金はどうやってもらうの?保険金を請求できないケースも

今回は通院、入院、手術の全てが補償されるフルカバータイプと手術や入院に特化したリスク限定型タイプについて、それぞれの保険金のもらいかた(保険金請求方法)と保険金を請求できないケース(免責)の特徴をみていきたいと思います。

ペット保険の保険金請求方法について

まず、簡単に保険金請求方法の種類ついてご説明します。ペット保険の保険金請求方法は2通りあります。

一つは保険金請求書を自分で記入し、動物病院で貰った明細書や領収書を同封して保険会社へ直接郵送する「直接請求」。

もう一つは動物病院が代わりに保険会社へ請求してくれる「レセプト請求」です。
後者の請求方法は、レセプト請求に対応している動物病院でしか利用できませんが、人間の健康保険のように病院では自己負担額だけ支払えば良いので大変便利です。

ペット保険の保険金を請求できないケース(免責)について

次に免責というのは、いわゆる補償されない費用のことです。
ペット保険は基本的に病気の治療のための保険なので健康診断やワクチンなどの予防関係が補償されないのはもちろんですが、治療であっても補償されない場合があります。

具体的には臍ヘルニアや鼠径ヘルニアなどの先天的な異常はほとんどの商品で免責としており、歯科治療や遺伝性疾患を補償対象外としている商品もあります。
なお、免責は各商品ともさまざまな設定がなされているため加入を検討する際にはかならず各社HPや募集文書等をご確認下さい。

フルカバータイプの保険金請求方法および免責の比較

通院補償もついたフルカバータイプの保険をお考えの方は保険金請求方法を重視するのが良いかと思います。

かかりつけの病院がレセプト請求に対応している場合は、このレセプト請求に対応しているペット保険が大変便利です。

通院(特に皮膚病、消化器疾患など)は入院や手術と比較して頻度が高い割に金額が安いという特徴があり、このためにわざわざ保険金請求書を記入したり、必要書類を準備して送付したりするのは手間のかかる作業です。

しかし、レセプト請求は飼主様のかわりに動物病院が保険会社とやりとりしてくれるので、このような手間無くしっかり補償してくれる大変便利な制度です。

損害保険でレセプト請求に対応しているのはアニコム損保「ふぁみりい」とアイペット損保「うちの子」になります。対応動物病院ではアニコム損保の方が多くなっていますが、かかりつけの病院が対応しているかどうかしっかり確認して下さい。

ペット保険 対応動物病院数比較表
アニコム損保
(ふぁみりい)
アイペット損保
(うちの子)
アクサダイレクト
(いぬのきもち保険)
5,831病院1 3,621病院2
(レセプト請求制度なし)

これら2社の商品については免責項目も比較的少なく広い補償範囲となっています。
保険料がすこし高いのと1回の支払ごとに限度額が適用されるのが欠点かと思いますがフルカバータイプの保険としては使いやすい商品かと思います。

保険会社(商品名) アニコム損保
(ふぁみりい)
アイペット損保
(うちの子)
アクサダイレクト
(いぬのきもち保険)
支払限度 1回ごと+年間通算回数 1回ごと+年間通算回数 年間通算金額のみ
免責における注意疾病 歯科治療 対象 対象 対象外
先天性疾患 補償3 補償4 条件付きで補償5
保険料6 3,940円/月 3,600円/月 3,600円/月
  1. 2015年7月末現在
  2. 2015年9月16日現在
  3. 保険期間が始まる前から被っていた家庭どうぶつの傷病および発症していた先天性異常は補償されない
  4. 獣医師の診断によりはじめて発見された時が保険期間が始まる前であれば補償されない
  5. この保険契約の保険期間内に獣医師によりこれらの病因があると判定された場合は、この保険期間にかぎり、当会社は保険金を支払います。
  6. 70%プラン、トイ・プードル4歳の保険料で各種割引を考慮しない金額

リスク限定タイプの保険金請求方法および免責の比較

リスク限定タイプは先ほどとは逆で、レセプト請求のメリットがさほどないため各社直接請求のみとなっています。
従ってこのタイプは保険金請求方法についてはあまり考える必要はないかと思います。

免責についてはau損保の「あうてペットの保険」ともっとぎゅっと少短の「手術保険」が歯科治療(のための手術)を対象外としていることに注意が必要です。
通常の歯石取りは例え麻酔下であっても上記どの保険も対象外ですが歯を抜くような手術の場合であっても2社は補償対象外ということになります。

一方で、これらの手術の頻度は手術全体のなかではごく一部となっているため、きちんと口腔ケアができているのであれば割り切って、他の補償範囲や保険料を中心に考えて良いかと思います。

保険会社(商品名) アイペット損保
(うちの子ライト)
もっとぎゅっと少短
(手術保険)
au損保
(あうてペットの保険)
補償対象 手術のみ 手術のみ 手術・入院
支払限度 1回ごと+年間通算回数 1回ごと+年間通算回数 年間通算金額のみ
支払割合 90% 70%,90% 70%
免責における注意疾病 歯科治療 対象 対象外 対象外
先天性疾患 補償7 補償 補償8
保険料9 1,760円/月(90%) 1,250円/月(90%) 1,590円/月(70%)
  1. 獣医師の判断によりはじめて発見された時が保険期間が始まる前であれば補償されない
  2. 獣医師の判断によりはじめて発見された時が待機期間が始まる前であれば補償されない
  3. 70%プラン、トイ・プードル4歳の保険料で各種割引を考慮しない金額

愛犬、愛猫にぴったりの保険

ペット保険の特徴を解説してきましたがご自分の愛犬、愛猫にぴったりの保険は見つかりましたでしょうか?

ペット保険も多くの商品が増え、どの商品もメリットとデメリットを持っています。
病気にならないのが最も嬉しいことですが、万が一に備えてもっとも良い保険を選んであげて下さい。

  • (注)本コンテンツは各保険会社および少額短期保険会社等のホームページ等から収集した情報をもとに、ペット保険を解説することを目的としたものであり、募集を行なうものではありません。内容の正確性、信頼性、有用性等については必ず各保険会社の募集文書にてご確認下さい。
楽天ペット保険
ペットの病気に備えたい ペット保険の選び方特集
ページトップへ