ペット保険の体験談・口コミ ペット保険の体験談・口コミ

加入する前に読みたい ペット保険の体験談(全13回)

毎日の生活を楽しくしてくれる可愛いペット。その愛らしい姿はいつも私たちを癒してくれます。
「ペット保険」はそんな家族同然の大切なペットの万一の「病気・ケガ」に備え、「健康」を守るために登場しましたが、実際にはどのようなケースで利用でき、保険金が支払われるまでの日数や流れはどのようになっているのでしょうか?

ペットには、人間のような健康保険制度がないため、病気やケガの治療を受けると多額の治療費がかかります。
急性膵臓炎で治療に20万円かかった
甲状腺機能低下症の継続通院で通常の薬代が毎月1万円近くかかる
など、驚くほどの出費で家計を圧迫してしまうことも少なくありません。
病気やケガは突然なる事が多いもの。皆さん、実際に使って初めて、保険のありがたさに気付くようです。

月々の保険料は、保険会社や保険内容にもよりますが、ペットの大きさや年齢、填補率によって異なります。
填補率は50~70%のものが多く、
年払いで割引になった
2匹目は多頭割引があった
など保険料が割引になるケースがあります。
以前飼っていた愛犬の治療費が高額だったため、最初から「ペット保険は必要」と考えるオーナーさんや、
子犬のうちは何かしら病気をするんだと思った
小型犬は本当にデリケートだと実感した
など、程度の差こそあれ、何かと病院にかかる機会が多いため、健康で、小さいうちに加入を考えたというオーナーさんがほとんどです。
保険を選ぶ際、先天性の疾病がある場合は保険によっては対象外になってしまうものもあるので、特に注意が必要です。現在の愛犬の状態にあった保険を選び、状況に合わせて見直すということも重要です。

保険金の請求には、一旦、治療費をオーナーさんが立替えて、後日、請求する「立替払い」タイプと窓口で填補分を差し引いた額のみを支払う「窓口清算」タイプがあります。
立替払いの場合、所定の用紙と病院の領収書を郵送すると、後日、指定口座に填補分の保険金が振り込まれます。
用紙は電話で取り寄せる他、パソコンでダウンロードすることもできるので便利です。
最初は面倒だと思ったが実際はとても簡単だった
というように、手続きもそれほど難しくはありません。
保険金は、
填補対象外の先天性疾患かどうかの判定が難しく3ヶ月かかった
というケースもありますが、通常2週間~1ヶ月程度でスムーズに振り込まれる場合が多いようです。
一方、窓口清算の場合、保険会社と提携している病院であれば、会計時の保険証提示で、最初から填補分を差し引いた金額の支払いで済むので、その手軽さがなんといっても最大の魅力です。

何かあったらすぐ病院に行こうと思える
自己負担はあっても戻ってくるお金があると思うと安心
やれるだけやってあげようと心置きなく治療ができた
など、今回、体験談を伺った皆さん全てに共通しているのは、「ペット保険に入ってて良かった!」ということです。
ペット医療も日々進歩し、以前では治せなかった病気やケガが今は治せる時代になっています。
いざという時には、経済的負担を減らしつつも、かけがえのない命のため、できる限りの治療を受けさせてあげたいと願うオーナーさんが増えているようです。

今、ペット保険の加入を迷われている方も是非、実際に利用された方々の体験談を読んで参考にして下さいね。

ページトップへ