D&C獣医科クリニックの評判・口コミ - 茨城県牛久市【カルーペット】

D&C獣医科クリニック
029-874-2344

D&C獣医科クリニック

アクセス数: 3,651 [1ヶ月: 52 | 前期間: 77 ]
所在地
牛久市 中央
診察動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 腫瘍・がん
いつでも、どこでも、だれでも、安心して良い医療を
口臭や体臭、歯肉炎、かゆみなどに関するお悩み・気になることなどがございましたら、是非D&C獣医科クリニックにご相談ください。
“歯石”はそのまま放置してしまうと口臭だけでなく、歯槽膿漏になってしまいます。最も酷くなると心臓や腎臓等に悪影響を及ぼすこともあるため、定期的に診察を受けることがとても大切です。
また、耳の臭いやかゆみが気になる方は使用している薬をやめてしまうと再発する場合が多いです。そんな時は当院にて”耳掃除”を行いますのでお気軽にご来院下さい。今までの経験上、多数の症状が3ヶ月から半年に1度の耳掃除でとても改善致します。
皮膚のことでお悩みの方は、突然現れる発疹でとても驚かれる方も多いと思います。強い痒みや広範囲の脱毛などで悩みでいる飼い主様も多いでしょう。私たちはトリミング自体を”治療”と捉え、シャンプーセラピーから高品質のサプリメントなど取り揃えております。
大切な家族である動物たちの健やかな毎日を守るため、当院が全力でお手伝いさせていただきます。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

まだ口コミは書かれていません

院長紹介

加藤 明久

メッセージ

姉妹店である「ツィンギー・アンド・パラダイス」も開設されたこともあり、当院でも新しい試みに挑戦していきたいと思っております。だからと言って今までの雰囲気を大きく変えることなく、何度もご来院いただいていただいている皆様も安心できる病院づくりを心がけます。
また、一般的な医薬品の他に医療用漢方薬やサプリメントなど、幅広く取り揃えております。
待合室には、ペットの情報誌やスタッフが厳選したおやつやフードなどの情報を提供しております。
Animal-wide-Trustworthyをモットーに、飼い主様と垣根を作らず、より飼い主様目線とペット目線に立った診療を行っております。

病院詳細

病院名
D&C獣医科クリニック
住所
〒300-1234 茨城県牛久市中央4-3-8 (地図)
電話
029-874-2344 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 腫瘍・がん
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00--
15:00-18:0015:00-18:00-15:00-18:0015:00-18:00---

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://dc-vet.pet-med.org/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒300-1234 茨城県牛久市中央4-3-8

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 豊富な経験を活かして犬の膝関節脱臼を治療 NEW

    相模原市中央区、市役所近くの「相模原プリモ動物医療センター第2病院」は、ハイレベルな設備を備えた手術室を持つ動物病院だ。豊富な整形外科手術の経験を持つ今井巡院長に、病院の特徴と犬の膝関節脱臼(パテラ)治療について伺った。

    • 相模原プリモ動物医療センター第2病院
    • 今井 巡院長
  • 希少疾患にも対応できる、皮膚科と腫瘍科の専門診療 NEW

    大阪市天王寺区の「上本町どうぶつ病院」は、皮膚科と腫瘍科の専門診療を行っている。国内トップクラスの専門医を招致し、治療に悩む飼い主さんに寄り添う診療を提供する中西崇之院長へ、専門外来を開設した経緯や専門診療の特長について伺った。

    • 上本町どうぶつ病院
    • 中西 崇之院長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
ページトップへ