三鷹獣医科グループの評判・口コミ - 東京都武蔵野市【カルーペット】

三鷹獣医科グループ
みたかじゅういかぐるーぷ

三鷹獣医科グループ

3.78
アクセス数: 56,711 [1ヶ月: 936 | 前期間: 1,045 ]
所在地
武蔵野市 中町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類
学位・認定・専門
JAHA内科認定医 ・ JAHA認定総合臨床医
得意な診察領域
循環器系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患
三鷹駅7分『三鷹獣医科グループ』年中無休・24時間対応!駐車場あり。完全時間予約診療制。エキゾチックアニマルの診療。高度医療対応、質の高い救急救命処置。
『三鷹獣医科グループ』は、JR中央線三鷹駅北口徒歩7分、年中無休・24時間対応の動物病院です。

診療をご希望の方は、まずお電話でご予約をお願いいたします。

【三鷹獣医科グループのご案内】

◆24時間の救急救命処置対応・年中無休の夜間診療
※完全予約診療制
10:00-13:00/ 15:00-20:00は、三鷹獣医科グループへ(0422-54-5181)
20:00~翌9:00は、併設の武蔵野動物・救急救命センターへ(080-5487-6682)

入院動物は24時間、数名のスタッフが見守るため、 あなたのペットが夜間に一人ぼっちになることはありません!

◆エキゾチックアニマルの診療
フェレット・飼鳥・ハムスター・うさぎ・イグアナ・カメの専門診療

◆専門診療
皮膚病の専門医療
消化器の専門医療、内分泌の専門医療
犬猫の肥満専門医療、腫瘍(癌)の専門医療
心臓循環器の専門医療、泌尿器の専門医療
猫の糖尿病の専門医療
犬の糖尿病の専門医療

◆CTセンター・レーザー治療センター
最先端のCT装置を導入し、高度な動物の画像診断を提供
3つのレーザー治療器を、各々の症例において単独又は組み合わせて治療

いかなる場合にも対処できるようICU専従医 と主治医グループ、看護師らが一丸となってサポートさせて頂きます!

お知らせ

当院では新型コロナウイルスの感染防止を心掛けております。
密を避けたスムーズかつ丁寧な診療をお受けいただくため、完全時間予約診療制とさせていただいております。
診療をご希望される方は必ずお電話にてご予約をお願いいたします。

また、三鷹獣医科グループの火曜日の一般診療は2020年6月より当面の間、休診させていただきます。緊急診療は随時、24時間対応いたします。
オーナーの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

口コミ

17件中 3件を表示(すべて見る

桜吹雪300
さん
Pick Up!
2人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

夜間、愛猫が体調を崩し入院しました。 緊急手術でどうなるかと思いましたが、無事回復しました。 先生方や看護師、受付の方などスタッフがたくさんいて、入院中本当によく面倒を見てくださいました。ただ、夜... (続きを読む)

投稿時期: 2018年01月 | 来院時期: 2017年12月 
5.0
ねねち
さん
3人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

2021年の春 ウサギの体調不良により深夜にあいている病院が無いためこちらに何度かお世話になっています。 その時に感じた事です。 ━━━━━━━ いい点 ◆2... (続きを読む)

投稿時期: 2021年05月 | 来院時期: 2021年04月 
2.5
うー
さん
7人中 7人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ウサギの呼吸状態が悪くて夜間診療で診てもらいました。 着いてまず院長らしき先生が、「あ〜危ないですね」…そう思ったから連れて来たのに、開口一番崖から突き落とすような言葉。 さらに事前説明もなくいつ... (続きを読む)

投稿時期: 2021年01月 | 来院時期: 2021年01月 
2.0

17件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

三鷹獣医科グループの専門医療

【時間予約制にて診察いたします】

◆猫の専門医療:
糖尿病、慢性の腎不全、三臓器症状(急性膵炎、胆管肝炎、炎症性腸疾患)、黄疸、下部尿路疾患、ウイルス疾患など

◆小動物の皮膚科の専門医療
・難治性、再発性、季節性の皮膚病
・アレルギー性皮膚炎の専門外来

◆フェレットの専門医療:
全身が脱毛する副腎腫瘍、低血糖のインスリノーマ、リンパ腫等

◆飼鳥の専門医療:
全身が膨らむ、食べない、動かない、吐く、脱毛した、お腹が膨れた等

◆ハムスターの専門医療:
全身が脱毛する等

◆ウサギの専門医療:
食欲不振、お腹が膨らんでいる、元気消失、頭が回転、下痢等

◆カメの専門医療:

◆犬猫の肥満専門医療:

◆心臓循環器の専門医療:
咳、体重減少、呼吸困難、元気消失、痙攣・発作等

24時間緊急診療:武蔵野動物・救急救命センター

三鷹獣医科グループに併設されている、24時間緊急診療の体制 (365日間年中無休)で診療を行っています。

完全予約診療制です。
緊急医療をお望みの方は、まずお電話での御予約をお願いいたします。

営業時間は、20時~朝9時まで。
三鷹獣医科グループの一般診療時間外の時間です。

※<ご注意ください>
平成30年5月1日付けで電話番号が変わりました。
新しい電話番号は080-5487-6682。

番号をお間違えのないように、落ち着いておかけください!

①お名前
②御住所
③電話番号
④症状
をお知らせください。

小動物高濃度酸素集中治療室(ICU)酸素濃度、温度(保温)、湿度(保湿、除湿)等が管理できる小動物専用の救命装置を導入。
疼痛管理(痛み止め)された後に、24時間の酸素吸入、状態によ剤や食品など)って24時間の心電図モニターにて監視され、 24時間の点滴療法が行われます。

特に救急疾患、呼吸困難、短頭種の呼吸速拍、高齢動物の術前の検査、麻酔前の時にはインキュベーター(酸素室)が使用されます。
必要な監視の元に、必要な検査等を行うことにより迅速な診断が可能となります。

CTセンター・レーザー治療センター

【武蔵野動物・CTセンター】
三鷹獣医科グループに併設されている、高度な動物の画像診断を提供する施設です。

マルチスライス16列CTスキャンを導入し、これにより高画質、低被爆の条件を満たす院内での CT検査が可能となりました。

CT装置によるCT検査は、動物の高度医療を提供する当院の最先端医療に応用、X線検査、超音波検査、内視鏡検査と共に、画像診断に役立てられます。

【武蔵野動物・レーザー治療センター】
当院では、低出力レーザー治療のパルスレーザー、半導体レーザー、近赤外線レーザーの3つのレーザー治療器を、各々の症例において、単独又は組み合わせて使用しています。

◆各種レーザー治療の適応症
・慢性の疾患にて主に疼痛を伴う疾患
・慢性の疾患にて体力の消耗性の疾患
・変性性の関節疾患
・慢性の炎症性疾患
・骨、関節炎等の慢性の疾患
・疼痛の管理
・創傷の治癒の促進
・血行の促進
・急性及び慢性の外耳炎
・口内炎、歯肉炎、関節炎
・舐性肉芽腫
・椎間板ヘルニア
・神経障害及び筋障害(ミオパシー)
・損傷、骨折、脱臼後、火傷後、打撲
・アトピー性皮膚炎
・手術後の疼痛緩和

院長紹介

小宮山 典寛

メッセージ

言葉を話すことができず体動のみであらゆる事柄を表現しなければならない動物の医療は、飼い主様の助けなしには成立しません。三鷹獣医科グループでは飼い主様の意見を尊重し、できるだけ希望にそった獣医療を心掛けています。 医療ではお互いのコミュニケーション(意志の疎通)が最も重要であると確信しています。どうか遠慮をなさらずに御希望をお聞かせください。私達の役割はコンパニオンアニマル(伴侶動物)の健康を守ることです。このことは飼い主であるあなたの健康を守ることにも通じます。

武蔵野動物・救急救命センターは、24時間体制で集中的に治療・看護・管理を行い回復をはかる、いわば“院内救急”的な 役割を担っています。
そのため、私たちに求められるのは、より確実で安全、安心していただける医療と看護です。

安静が求められるICUの患者さまは、ストレスによ り病状が急変することもあります。
そういったことがないよう、できるかぎり患者さまとの意志の疎通をはかり、いかなる場合にも対処できるようICU専従医 と主治医グループ、看護師らが一丸となって24時間集中管理をしております。

ペットホテル

病院詳細

病院名
三鷹獣医科グループ
住所
〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-6-4 (地図)
電話
0422-54-5181 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類
学位・認定・専門
JAHA内科認定医 ・ JAHA認定総合臨床医
得意な診察領域
循環器系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
診察時間
 
10:00-13:00-10:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:00
15:00-20:00-15:00-20:0015:00-20:0015:00-20:0015:00-20:0015:00-20:0015:00-20:00

※20時~翌9時の夜間は、当院併設の武蔵野動物・救急救命センターへご連絡ください。TEL:080-5487-6682

※当院は24時間緊急診療の体制 (365日間年中無休)で診療を行っている日本で最初の動物病院でもあります。特に重症動物には治療や看護が昼間、夜間を問わず24時間絶え間なく続けられる体制の動物病院です。

一般診療時間外(20:00~翌9:00)に救急医療をお望みの方は、「武蔵野動物・救急救命センター」をご利用ください。
完全予約診療制です。先ずはお電話にてご予約をお願いします。

予約センターの電話番号
-080-5487-6682-

また、揃えられるものをご持参ください。
過去の検査のデータ/現在の飲んでいる薬剤の名前と容量/誤飲・誤嚥の場合は「誤飲・誤嚥」したもの(薬剤や食品など)

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.pet-hospital.org/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-6-4

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主さんと向き合い、一緒に歩みながら治療をする動物病院

    川崎市幸区「さいわい動物病院」は、商店街の中にある街の動物病院。院長の杉山博輝先生は、飼い主さんに優しく接することを大切にしながら、幅広い分野の治療に全力で取り組んでいる。杉山先生に、病院の特徴や診療の際に心がけていることを伺った。

    • さいわい動物病院
    • 杉山 博輝院長
  • 犬猫のアトピーを完治させる治療

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長
  • 犬猫の眼科診療。失明から回復させる最新手術

    仙台市太白区のエビス動物病院では眼科の専門診療を行い、全国で5院しか実施していない硝子体手術を取り入れている。この手術では網膜剥離による失明から視力を取り戻すことができるという。山下洋平院長に、眼科診療や硝子体手術についてお話を伺った。

    • エビス動物病院
    • 山下 洋平院長
  • 犬の会陰ヘルニア。症状と治療方法

    松戸市にある「さだひろ動物病院」では、外科、腫瘍科、循環器に力を入れている。未去勢の犬で多くみられる会陰ヘルニアはただの便秘と間違えられやすいが、自然治癒はせず進行していく病気だという。貞廣優子院長に会陰ヘルニアの症状や手術について伺った。

    • さだひろ動物病院
    • 貞廣 優子院長