小野寺動物病院の評判・口コミ - 東京都中央区【カルーペット】

小野寺動物病院
03-5144-5050
おのでらどうぶつびょういん

小野寺動物病院

3.17
アクセス数: 6,038 [1ヶ月: 73 | 前期間: 68 ]
所在地
中央区 佃
診察動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
皮膚系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
飼い主さんと動物に「ちょうどいい」獣医療を目指しています
当院は、動物の負担的に、最も無理なく治療できることが大切だと考えています。
色々な選択肢や高度医療のある現在、飼い主さんとよく相談をして治療方針を決めていきたいと考えています。そのため半予約制にすることで、極力十分な時間を確保しようと努めています。

当院の特徴としては
・成犬成猫の場合、基本的に混合ワクチンは3年に1回の接種をお勧めしています。
・ドライフードや缶詰のみの給餌ではなく、人用のお肉との併用をお勧めしています。
・フィラリアやノミ・ダニ予防薬の使用を、生活環境に合った間隔にすることをお勧めしています。

当院の考え方にご興味をもっていただけたら、お気軽にご連絡ください。
電話・メールでのご相談も受け付けております。

お知らせ

土曜日は全日診療、日曜祝日は午前診療ですが、予約枠がかなり早く埋まる傾向にあります。
早めのご予約をお願いいたします。予約枠が埋まっていても診察が不可能というわけではありませんので
比較空いている時間帯をお伝えし、お待ちいただく形態をとっております。
ご理解の程よろしくお願いいたします。
(ご連絡なく直接ご来院された場合、緊急疾患を除いて診察順位が下の方になってしまいます。ご了承ください。)
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

1件中 1件を表示(すべて見る

0310
さん
Pick Up!
9人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

病院自体は住宅街の路地にあり、駅からだとなかなか分かりにくいかもしれません。 受付のスタッフは少人数のようで、伺った際に受付にはおらず、診察室での補佐をしているようなことが何度もありました。 先生... (続きを読む)

投稿時期: 2016年03月 | 来院時期: 2013年05月 
3.5

1件中 1件を表示(すべて見る

病院紹介

食事は人用の食材「自然食」を基本にしましょう

当院では、人用に流通している食材が最も安全かつ高品質であると考えます。
栄養のバランス上、フードを利用することを否定しているわけではありません。
それでも動物用「総合栄養食」のみが、犬・猫に最適であるとは考えていません。
食事や環境への飼い主様の方の選択が、動物の生活、ひいては寿命に影響する可能性があることを考えてみて欲しいと思っています。
犬にはドッグフード、猫にはキャットフードと最初から決めつけるのではなく、一度別の角度から考えていただければと思います。
これも当然ですが、僕は動物栄養学を全て知っているわけではありません。
あくまで僕の考えの範疇ですがフードのみではない食事についてお勧めしています。

自然食に少しでもご興味がある方、フードに少しでも違和感を覚えたことのある方は、ぜひ一度当院にご相談いただければと思います。

人用食肉主体の食餌に移行する期間や食餌の分量について、また注意が必要な食材や調理法なども丁寧にご説明させていただきます。

ワクチンの接種回数や予防薬の投与について考えましょう

動物用ワクチンの製薬会社からの推奨使用期間は1年間です。
もちろんワクチンは疾病予防に間違いなく有用であり、未接種の場合は接種すべきです。
しかしその接種期間は今少しずつ考えられてきています。
当院では、動物へのワクチン接種は極力少なくしたいと考えています。
成犬成猫の場合、当院では基本的に3年に1回のワクチン接種をお薦めしています。
ワクチン接種が必要かどうか判断する方法として、血中抗体価検査という方法もございますので、ご興味のある方はお尋ねください。

フィラリアやノミ・ダニの薬については、投薬による動物の体への負担を減らすため、当院独自の間隔で予防薬の使用をお願いしています。
頻繁に草むらや大きな公園に行くことが多い子や、外にあまり出ない子など、動物の行動範囲によっても、投薬の回数を考える必要があると考えています。ご相談の上、「うちの子」に適した薬や回数の変更ををご提案いたします。

歯を大切にしましょう!

動物の口の中は人と違ってアルカリ性です。このため虫歯は出来にくく、歯石が沈着しやすい事が特徴です。
歯石は歯茎と歯の境目に沈着した場合、すぐに歯肉炎を起こし歯茎を後退させてしまいます。そして歯石はブラシでこすったくらいでは容易には剥がれてくれません。
このため動物の予防歯科においては「いかに歯石になる前の歯垢の段階で除去するか」「いかに歯石になった時に早く除去するか」が最重要だと考えます。
歯垢の除去は、当院ではデンタルグローブによる就寝前のブラッシングをお願いしております。必要であればオーラルスプレーや歯磨き粉もご提案いたします。
歯石の除去は、おとなしい子の場合は無麻酔で除去を試みます。動物が抵抗してしまう場合は鎮静、もしくは全身麻酔下での除去をご提案する場合もございます。歯石沈着の程度の確認は無料ですのでご相談いただければと思います。

院長紹介

小野寺 史也

メッセージ

佃生まれの佃育ちなので、地元で診察治療をしています。
「ちょうど良い獣医療」の提供を目差しています。
ちょうど良い獣医療とは「動物の健康と長寿命化」を念頭に日々診察にあたっております。僕の考える「動物の幸せ」とは、美味しいものを食べて、安心して眠れて、楽しく遊べること。クウネルアソブですね。
動物の寿命を延長すると思われる生活の仕方が「人用食肉を利用した高タンパク食」「混合ワクチンの3年間隔化」「不要な予防薬の不使用」です。
ちょっとしたことでも構わないので、メールや当院ホームページの問い合わせフォームからお問い合わせください。極力迅速に私見も含めてお返事させて頂きます。
麻酔をかけない歯石除去も可能です。(怒る子には無鎮静は危険ですが)
歯石の除去だけであれば「意識を奪わない鎮静処置」での歯石除去が可能です。
抜かなければいけない歯がある場合には全身麻酔を提案します。
よろしければご相談下さい。

小野寺動物病院 小野寺史也

病院詳細

病院名
小野寺動物病院
住所
〒104-0051 東京都中央区佃3-3-6 (地図)
電話
03-5144-5050 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
皮膚系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:30-12:0009:30-12:0009:30-12:00-09:30-12:0009:30-12:0009:30-12:0009:30-12:00
15:30-19:0015:30-19:0015:30-19:00-15:30-19:0015:30-19:00--

※木曜日が休診です。診療は基本的に電話予約となります。各種ワクチン接種は午前中にご来院ください。ペットホテルは健康上の理由で他施設に断られた場合のみ可能です。

※ひがし東京夜間救急動物医療センターと提携しています。
夜間診察の情報は即日当院に送られますのでお電話の上ご来院ください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://onodera-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

土曜日は全日診療、日曜祝日は午前診療ですが、予約枠がかなり早く埋まる傾向にあります。
早めのご予約をお願いいたします。予約枠が埋まっていても診察が不可能というわけではありませんので
比較空いている時間帯をお伝えし、お待ちいただく形態をとっております。
ご理解の程よろしくお願いいたします。
(ご連絡なく直接ご来院された場合、緊急疾患を除いて診察順位が下の方になってしまいます。ご了承ください。)

地図

〒104-0051 東京都中央区佃3-3-6

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の心臓病「僧帽弁閉鎖不全症」検査と治療 NEW

    茅ヶ崎市の亀山動物病院は心臓病の検査を積極的に行っている。亀山康彦院長は心臓のエコー検査に精通し
    、重症化する前に病気を早期発見し、進行させない治療を実践する。亀山先生に心臓病の検査や治療方針に
    ついて伺った。

    • 亀山動物病院
    • 亀山 康彦院長
  • 犬や猫の腎臓がん・膀胱がん

    JR大高駅近くにある動物病院サンペットクリニックは、治療だけではなく日頃のケアも行うオールインワンの病院。院長の川崎栄也先生は腎臓がん・膀胱がんなど腫瘍外科を得意としており、丁寧な説明と治療が評判を呼んでいる。できるだけ痛みの少ない手術に尽力している。

    • 動物病院サンペットクリニック
    • 川崎 栄也院長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 口から始まる「病気の予防」

    名鉄線南安城駅から徒歩10分のパーク動物病院は、歯科治療に力を入れている。歯周病は全身の病気を発症するリスクも高めるという。「歯周病は体を守るために治療するべき病気」と話す奥村聡基先生に、治療の方針やホームケアについてお話を伺った。

    • パーク動物病院
    • 奥村 聡基先生
  • 腹腔鏡手術での犬猫の避妊手術

    JR京浜東北線王子駅から徒歩10分にある王子ペットクリニックは、腹腔鏡を使用した犬・猫の負担の少ない手術や検査、処置を行う新世代の技術を積極的に導入している動物病院である。腹腔鏡手術に長けている重本仁先生に手術の特徴について伺った。

    • 王子ペットクリニック
    • 重本 仁院長
ページトップへ