飛田給動物病院の評判・口コミ - 東京都調布市【カルーペット】

飛田給動物病院
とびたきゅうどうぶつびょういん

飛田給動物病院

3.26
アクセス数: 791 [9月: 123 | 8月: 164 ]
所在地
調布市 飛田給
診察動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
皮膚系疾患 耳系疾患 腫瘍・がん
調布市『飛田給動物病院』土曜も19時まで、日祝も17時30分まで診療。飛田給駅8分、駐車場あり。犬猫の外科、内科、予防、健診など幅広く対応。高水準の検査器、レントゲン導入。ペットホテル。
調布市の『飛田給動物病院』は、京王線 飛田給駅より徒歩8分の動物病院です。

味の素スタジアムや公園が目の前で交差点に面しており、わかりやすい場所にあります。
駐車場のご用意もございます。
土曜も19時まで、日祝も17時30分まで診療を行っておりますので、飼い主さまのご都合にあわせて予防接種や健康診断などにもお気軽にお越しください。

◆腫瘍科・皮膚科をはじめ、外科・歯科などさまざまな診療科に対応
腫瘍科:院長は獣医腫瘍科認定医を取得しており、ご要望に合った治療プランをご提案いたします。
皮膚科:かゆがる、フケや赤みが見られるなど、皮膚のトラブル全般を扱います。
外科、内科、歯科など

◆インフォームドコンセントを 大切にしています。
治療方針や検査について、飼い主さまのご希望を最大限に尊重し、最適と思われる方法をご提案いたします。

◆各種予防
フィラリア予防
ノミ・ダニ駆除
避妊・去勢手術

◆健康管理・栄養指導

◆高水準な機器による 検査を行います。
動物たちへの負担をできるだけ軽減できるよう、高水準の超音波検査機、レントゲンを導入。
視診や触診ではわからない部分までとらえ、原因をしっかりと把握し、的確な治療計画を立てます。

◆ペットホテル
ご入用の際はお気軽にご相談ください。

この動物病院の口コミ(0件)

まだ口コミは書かれていません

口コミを投稿する

口コミを書いて3,000pt(300円相当)をゲットしよう!

口コミ投稿について詳しくはこちら

この動物病院のアンケート(9件)

  • 5.0
    ネコ
    投稿時期: 2022年9月 | 病名・治療名: FIP、血液検査、等々

    先生の説明が丁寧で分かりやすいです。動物(猫)が好きなのが伝わってきます。これからも通院し続けたいです。

  • 5.0
    ネコ
    投稿時期: 2022年8月 | 病名・治療名: 脚の怪我でお世話になりました。

    なかなか他では見ない症例でしたが、色々手を尽くして調べて治療をして下さり完治まで導いて下さり、先生には心から感謝しております。ありがとうございました。

  • 5.0
    イヌ
    投稿時期: 2022年8月 | 病名・治療名: アレルギー

    アレルギー検査をしてもらい色々と気が付いてなかったことが分かり、その後の治療についてもとても詳しく説明してもらい症状も改善されて本当に助かりました。

病院紹介

腫瘍科・皮膚科をはじめ、外科・歯科などさまざまな診療に対応。

当院では、得意分野である皮膚科、獣医腫瘍科認定医を取得している腫瘍科をはじめ、さまざまな診療に対応しております。
あらゆる状況に対応できる設備も整えています。
当院での治療・検査が難しい場合には、高次医療機関との連携やご紹介なども行っております。

◆腫瘍科(体にできものがある、がんの治療)
当院の院長は獣医腫瘍科認定医を取得し、各種検査機器を充実させるとともに、抗がん剤による治療にも取り組んでおります。
ほかにも、外科手術により根治をめざす、放射線治療のできる大学病院を紹介する、緩和ケアをするなど、飼い主さまのご要望に合った治療プランをご提案いたします。
シニア世代のワンちゃん・ネコちゃんも快適な毎日を過ごせるよう、ご一緒に治療に取り組んでいきましょう。

◆皮膚科(体をかゆがる、異常に毛が抜ける)
かゆがる、フケや赤みが見られる、肌がべたつくなど、皮膚のトラブル全般を扱います。
免疫性疾患や腫瘍などの病気が隠れていることもあります。
当院の院長は、大学病院での研修経験がありますので、気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

インフォームドコンセントを 大切にしています!

飛田給動物病院は、地域に根差した「ホームドクター」として、飼い主さまにいつでも気軽に相談してもらえる医院をめざしています。
動物たちの状態や今後どのような治療が必要なのかをしっかりと説明する「インフォームドコンセント」を徹底し、ご納得いただいてから治療に入ります。
また治療方針や検査については、飼い主さまのご希望を最大限に尊重し、最適と思われる方法をご提案いたします。
不安なことなどがあれば、お気軽にお尋ねください。

健康管理・栄養指導

◆健康管理
・健康に暮らすためのコツを知りたい
・その子に合った飼い方を知りたい
・その子のストレスを抑えたい

動物たちの健康診断では、視診・聴診・触診はもちろんのこと、尿検査や糞便検査、血液検査、レントゲン検査などを行います。どの検査を受けるべきかは、動物たちの年齢や生活環境、既往症に応じて選べます。
予防接種と組み合わせて、半年〜1年に1回程度の定期的な健康診断を受けることで、大切な動物たちの健康管理に役立てましょう。

◆栄養指導
・食事で健康づくりをしたい
・食物アレルギーがある
・体重管理を見直したい

人間と同じように、ワンちゃん・ネコちゃんも食事による栄養管理が重要です。
健康なうちから、フードなどによって健康維持につとめましょう。
療養食は病気や症状に合わせて成分が調整されたものです。
自己判断で違う食べ物を与えたり、フードを変えたりすることは病状を悪化させることがあり、大変危険です。
獣医師のアドバイスに従って与えるようにしてください。

院長紹介

田端 伴行 (たばた ともゆき))

メッセージ

小さい頃から動物が大好きで、中学生の時に読んだ漫画が獣医をめざすきっかけでした。
獣医師になってからは、診察した動物たちが元気になり、飼い主さまに喜んでいただけるのが何よりの励みです。

大切な動物が病気になった時、頼りになるはずの獣医師が病気の説明をしてくれない、質問に答えてくれない、では飼い主さまの心配は大きくなるだけです。
当院では、飼い主さまとのコミュニケーションを大切にし、ご納得いただいた治療を行うことを大切にしております。

「地域のホームドクター」として、常に動物たちと飼い主さまの気持ちに寄り添い、安心して治療を受けていただけるよう努めてまいります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

スタッフ紹介

動物看護師 岸田舞

こんにちは。2022年4月からこちらでお世話になっている動物看護師の岸田と申します。
家では猫を1匹飼っています。保護猫ちゃんで7/7に保護されたので天の川にちなんで天(てん)ちゃんと名付けました。とってもお利口さんで可愛くて毎日癒されています。
幼いころから動物が好きで高校大学と動物関係の学校に通っていました。いまでは夢だった動物看護師として毎日働くことができて幸せです。
まだまだ未熟者で勉強することもたくさんありますが、飼い主様もわんちゃんねこちゃんも笑顔で溢れる生活を過ごせるようお手伝いしたいです。よろしくお願いします。

ペットホテル

病院詳細

病院名
飛田給動物病院
住所
〒182-0036 東京都調布市飛田給1丁目1-7 クリサンテーモ1F (地図)
電話
042-426-8802 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
皮膚系疾患 耳系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 けが・その他
診察時間
 
-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
-15:30-19:0015:30-19:0015:30-19:0015:30-19:0015:30-19:0015:30-17:3015:30-17:30

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://www.tobitakyu-ac.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒182-0036 東京都調布市飛田給1丁目1-7 クリサンテーモ1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の蛋白漏出性腸症の治療、低蛋白血症の原因を探る NEW

    藤沢駅から車で10分の「藤沢はたま犬猫病院」では、蛋白漏出性腸症の治療を行っている。下痢や腹水が生じて気がつくことが多いが、健康診断で発見されやすい病気でもある。畑間僚院長に、蛋白漏出性腸症の治療と、日ごろの健康診断の大切さについて伺った。

    • 藤沢はたま犬猫病院
    • 畑間 僚院長
  • 膝の関節疾患(膝蓋骨脱臼・前十字靭帯断裂)

    横浜市中区にある「横浜山手犬猫医療センター」では、整形外科診療にも力を入れている。小型犬の半数以上は膝関節がゆるく、痛みや跛行などの症状が出る可能性があるという。川合智行先生に、代表的な膝の病気である膝蓋骨脱臼と十字靭帯断裂について伺った。

    • 横浜山手犬猫医療センター
    • 川合 智行先生
  • ペットの健康と幸せに寄り添った診療を、これまでも、これからも

    静岡県沼津市「宮田動物病院」の特徴と、親子で獣医師を務める宮田泰則先生、宮田翔平先生をご紹介します。翔平先生で3代目となる同病院。動物病院の方針と、これから力を入れていきたい診療について、お二人に話していただきました。

    • 宮田動物病院
    • 宮田 泰則獣医師
    • 宮田 翔平獣医師
  • 犬・猫の腎臓病。間違えやすい病気、症状と治療法

    世田谷区新代田駅から徒歩10分にある羽根木動物病院は腎臓病の治療に力を入れている病院だ。腎臓病は誤診されるケースもあり、1つの検査項目で診断しないことが重要だ。その子に合わせた食事療法や点滴治療を行う有井良貴院長に犬猫の腎臓病について伺った。

    • 羽根木動物病院 本院
    • 有井 良貴院長
  • 犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療

    札幌市厚別区にある「北央どうぶつ病院」は、腫瘍の診療に力を入れている。リンパ腫の治療では、腫瘍の種類と広がりを理解し、それに合わせた抗がん剤治療が有効だという。福本真也院長に、リンパ腫の診断や副作用の少ない治療について伺った。

    • 北央どうぶつ病院
    • 福本 真也院長