葉山動物病院の評判・口コミ - 神奈川県横浜市磯子区 【Calooペット】

葉山動物病院
045-752-0088
はやまどうぶつびょういん

葉山動物病院

4.78
アクセス数: 6,210 [1ヶ月: 234 | 前期間: 262 ]
所在地 :
横浜市磯子区 岡村
診察動物:
イヌ ネコ
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
この動物病院の口コミを書く
できる限りストレスや痛みを軽減した「動物にとって安心できる病院」を目指しています!
動物たちと人間とのより良き関係づくりを通して地域社会に貢献したいという思いから、2006年2月に開院いたしました。

飼い主様と動物たちが元気に安心して暮らせるよう、常に最新の獣医学を学び続けると共に、ホスピタリティの向上に努めています。

しつけや予防、また介護やターミナルケアの問題など、動物たちとの生活で不安に思うことや困ったことがあれば、なんでもお気軽にご相談ください。
信頼の技術と、痛みやストレスをできる限り軽減した診療をご提供いたします。
ペット保険の体験談・口コミ

ドクターズインタビュー

葉山 俊 院長
頼れる獣医が教える治療法 vol.014

犬猫の口臭をクリーニングで改善

歯と口腔系疾患

丁寧な歯石除去で歯周病を予防。細菌検査でリスクを「見える化」

横浜市磯子区の葉山動物病院は、犬・猫の口臭の原因となる歯周病の治療に注力。歯石除去では麻酔をかけて一本ずつ磨き上げ、歯周ポケットも丁寧に清掃。細菌検査による歯周病リスクのチェックも。院長の葉山俊先生に歯周病の予防と治療について伺った。 もっと読む

口コミ

6件中 3件を表示(すべて見る

しろくま
さん
2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

とにかく何でも相談できる先生です! 飼い主の気持ちも考えて、治療やアドバイスをして下さる、気さくな先生です。 うちの愛犬は「先生の所に行くよ」と言うと、喜んで行くんです。 苦痛なくリラックスし... (続きを読む)

投稿時期: 2017年05月 | 来院時期: 2017年03月 
5.0
warm season
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

丁寧な診察と親身な対応で 非常に助かっています。 病気の今後の治療でもいくつかの選択肢を紙に手書きで 書いてくださり分かりやすく説明くださいました。 頼れるので安心感がありますし、飼い主さ... (続きを読む)

投稿時期: 2017年04月 | 来院時期: 2017年04月 
5.0
あおぞら
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

大切な愛犬なので、納得の行く病院に出会うまで、これまで何軒も動物病院を訪ねて来ました。 なので、安心して愛犬をお任せ出来る病院がご近所に出来たことは、本当にラッキーでした。 明るく清潔感があり... (続きを読む)

投稿時期: 2017年04月 | 来院時期: 2017年04月 
5.0

6件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

診療方針

常に最新の獣医学を学び続け、大切な家族の一員である動物たちが健康寿命を長くできるよう提案し続けます。

動物たちが怖い思いをしない、安心した病院を目指し、可能な限りストレスや痛みを軽減した診療をいたします。
無理に抑えつけストレスを感じさせるのではなく、ご褒美をあげながら無理なく診療していきます。
注射針も細いものを使用し、本数もできる限り減らします。
動物たちが、喜んで来院してくれるよう工夫していますので、安心してご来院ください。

また、わかりやすい丁寧な説明を心掛け、飼い主様の考え方や、その子の症状に合った治療方針をご提案してまいります。
同じ病気でも治療法は一つではありません。治療の効果やリスク・費用などしっかりと相談しながら、その子にとって最善の治療法を一緒に見つけましょう。

避妊・去勢手術

当院では、避妊・去勢手術をおこなっています。
避妊・去勢手術をおこなうことによって、性ホルモンによるストレスを無くし、室内飼育に適した体質となります。
また、ホルモン関連疾患のリスクを大幅に軽減することができます。

男の子・女の子共に、生後半年~1歳頃までが最適な時期となりますが、1歳を超えても問題なくできますので、お気軽にお問合せください。

去勢・避妊手術のメリット、デメリットを含め、手術を受けるかどうかは飼い主様の自由です。大切な家族の健康・寿命を左右する可能性があることですので、ご心配な点や疑問に思うことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ワンちゃん・ネコちゃんの不妊手術はすべて日帰りとなります。

パピーパーティ

パピーパーティとは、仔犬のうちに社会化を促進する場です。
同じくらいの月齢の仔犬たちが集まり、楽しく遊びながら社会性を身に付けます。

犬の社会化とは、犬も人間も含めた社会環境全体に適応することで、不必要な警戒心や無駄吠えをしない犬になるため必要です。
これができることで、愛犬との時間を穏やかなものにしてくれるはずです。

一般的に犬の社会化期は、生後1ヵ月から4ヵ月くらいといわれていますが、ワクチン接種などの面や家族の一員となってから多少慣れている必要もあり、生後2ヵ月から5ヵ月くらいがパピーパーティの時期の目安となります。

院長紹介

葉山 俊

メッセージ

【院長経歴】
横浜市港北区出身
1995年 麻布高等学校卒業
2001年 麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
2001年 横浜市内の動物病院 勤務
2004年 横浜夜間動物病院(現:DVMsどうぶつ医療センター横浜) 初代院長就任
2006年 葉山動物病院 開院
現在 DVMsどうぶつ医療センター横浜 取締役員
   公益社団法人横浜市獣医師会 学術委員
   麻布大学同窓会 広報委員
所属
公益社団法人 日本獣医師会
公益社団法人 横浜市獣医師会
一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会
日本小動物歯科研究会
Yokohama Animal Curing Network (YACN)

スタッフ紹介

葉山動物病院のスタッフです!

左から布施、八木下、葉山俊、涼子

トリミング

病院詳細

病院名
葉山動物病院
住所
〒235-0021 神奈川県横浜市磯子区岡村6丁目17-20 第二マルシンコーポ1F (地図)
電話
045-752-0088 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://hayama-ac.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒235-0021 神奈川県横浜市磯子区岡村6丁目17-20 第二マルシンコーポ1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 食の大切さを感じている飼い主様へ。犬猫にも伝統医学で治療を行う NEW

    札幌市中央区の表参道ペットクリニックは1993年の開院当初から伝統医学を取り入れた診療を行っている動物病院だ。特に、漢方や栄養学的療法に力を入れているという。島﨑博美院長に病院の特徴と伝統医学、食事指導について伺った。

    • 表参道ペットクリニック
    • 島﨑 博美院長
  • 口から始まる「病気の予防」 NEW

    名鉄線南安城駅から徒歩10分のパーク動物病院は、歯科治療に力を入れている。歯周病は全身の病気を発症するリスクも高めるという。「歯周病は体を守るために治療するべき病気」と話す奥村聡基先生に、治療の方針やホームケアについてお話を伺った。

    • パーク動物病院
    • 奥村 聡基先生
  • リラックスした雰囲気で。飼い主と三位一体で治療にあたる

    小山市西城南の『メルどうぶつ病院』の特長や國分広光院長の獣医師としてのこだわりをご紹介。犬猫以外にも、ウサギの治療を中心として注ぎ込む情熱などについてインタビュー。ペットの健康は獣医師と飼い主が三位一体となって取り戻すことの大切さを熱く語っている。

    • メルどうぶつ病院
    • 國分 広光院長
  • 犬猫の口臭をクリーニングで改善

    横浜市磯子区の葉山動物病院は、犬・猫の口臭の原因となる歯周病の治療に注力。歯石除去では麻酔をかけて一本ずつ磨き上げ、歯周ポケットも丁寧に清掃。細菌検査による歯周病リスクのチェックも。院長の葉山俊先生に歯周病の予防と治療について伺った。

    • 葉山動物病院
    • 葉山 俊院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
ページトップへ