リッキー動物病院の評判・口コミ - 神奈川県逗子市【カルーペット】

リッキー動物病院
りっきーどうぶつびょういん

リッキー動物病院

3.70
アクセス数: 5,646 [1ヶ月: 343 | 前期間: 377 ]
所在地
逗子市 逗子
診察動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
循環器系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 内分泌代謝系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
お散歩のついでに立ち寄って頂けるような楽しい病院を目指しております!
逗子市の犬猫専門病院、「リッキー動物病院」です!
病院というと、人間ですら「痛い」「恐い」というイメージを抱くかと思います。
当院では、少しでも病院を好きになってもらえるよう頑張った子には褒めてご褒美をあげるなどして、笑顔で帰ってもらうよう心がけております。
もちろんペットは飼い主様の笑顔が大好きなので、飼い主様もニコニコになって頂けたらと思っております!
お散歩帰りなどに是非お立ち寄りください!
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

1件中 1件を表示(すべて見る

このは
さん
9人中 9人が、 この口コミが参考になったと投票しています

猫の具合が悪くなり、ふらふら歩くようになって、 ボケてしまったような感じになり、原因が分からなかったので、 別の動物病院をネットで探していて、 料金なども良心的で良さそうだったので行きました。 ... (続きを読む)

投稿時期: 2012年02月 | 来院時期: 2010年12月 
5.0

1件中 1件を表示(すべて見る

病院紹介

スムーズな診察のために

抱っこでのご来院ではなく、ワンちゃんの場合は、リードかキャリーケース、ネコちゃんの場合はキャリーエースかネットでのご来院をお薦めしております。
飼い主様の不安なご様子はペット達にも伝わります。是非、笑顔でご来院くださいね。

ワンちゃん用一年間のスケジュール

【春】
暖かくなり始めたら、ノミ・ダニ予防をお薦めいたします。首の後ろにスポットタイプの薬をたらすだけでとても簡単に予防できます。
また、フィラリア予防と国で接種を義務付けられている狂犬病の予防接種もこの時期に是非接種をお願い致します。

【夏】
ノミ・ダニ・フィラリア予防を引き続きお願い致します。
この時期は、特に熱中症・ヤケドに注意が必要です。ワンちゃんは、体温管理をする事が苦手です。高熱状態が続くと死に至る事もありますし、肉球にヤケドをする恐れもあります。お散歩は昼の暑い時間間は避けるようにしてあげてください。

【秋】
ノミ・ダニ・フィラリア予防を引き続きお願い致します。
この時期は、冬に向けて脂肪を蓄えやすくなりますので、体重管理に注意してあげてください。日ごろから体重を定期的に測定したり、食事の量を見直すのも良いでしょう。

【冬】
寒くなりますが12月までフィラリア予防をお願いします。
この時期はお水を飲む量が減ったりトイレを我慢する事で膀胱炎になりやすくなります。長時間寒い場所にいない事、飲み水を多く与える事などに気を付けるようお願い致します。

ネコちゃん用一年間のスケジュール

【春】
平均気温が13度以上になるとノミが活動を始めます。外に出ないから大丈夫と思っていても、ノミはネコからネコへ、ネコから人へ、人からネコへと移動し、飼い主様が外から持ち帰ってきてしまう事もあります。ダニも同様に予防してあげてください。
またこの時期は、繁殖期になりますので、ネコ同士のケンカが多くなる可能性があります。外に出すときは、縄張り争いに巻き込まれないように気を付けてあげてください。

【夏】
ノミ・ダニ・フィラリア予防を引き続きお願い致します。
暑い時期ですので、熱中症や皮膚病に注意してください。高温多湿の時期は細菌も増殖し小さな皮膚トラブルもひどくなる事もありますので、小さな皮膚炎でもすぐに治療にいらしてください。

【秋】
ノミ・ダニ・フィラリア予防を引き続きお願い致します。
この時期に夏毛から冬毛に入れ替わります。毛づくろいする度に夏毛を飲み込んでしまい便秘の原因にもなりかねますので、日々のブラッシングを丁寧にしてあげてください。

【冬】
昼と夜の温度差が身体の負担になり体調を崩したりしますので、温度管理に注意してあげてください。

院長紹介

石川 力也

メッセージ

ニックネーム : リッキー先生
得意分野 : 画像診断
趣味・特技 : テニス
平成4年 北海道 酪農学園大学卒業(小動物外科教室)
平成4~9年 東京都江東区 動物病院モルムにて勤務医
平成10年~ 神奈川県逗子市 リッキー動物病院を開業

ここまで無事にやってこれたのは、一人の努力ではありません。
スタッフがいたからだけでもありません。飼い主様やペットたちに恵まれている病院だな。と、つくづく思い感謝しております。
これから、皆様の信頼に応えるべく、当院もそろそろ次のステップに進む時期に来たのではないか。と考え始めております。
現在はスタッフ、機器とも充実し、より確実な診断・治療が出来るようになってきた。と自負しております。
また、「飼い主様とペットたちが楽しく過ごすためのサポート」を動物病院の意義と考え、コミニケーションやインフォームドコンセントをより丁寧に、飼い主様の立場に立った診療・治療を心掛けていきます。
 目標は「1次診療の究極」。
そして、開業時より変らないテーマ「いつも笑顔が絶えない病院」をこれからも目指したいと思います。

スタッフ紹介

石川 麻由子 (動物看護士)

水島 あかね (動物看護士) 

トリミング

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
リッキー動物病院
住所
〒249-0006 神奈川県逗子市逗子7-1-32 (地図)
電話
046-872-1522 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
循環器系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 内分泌代謝系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:00

※時間外は、湘南夜間救急動物病院(シーメック)と提携しています。

※湘南夜間救急動物病院(シーメックと提携)(PM9:00~AM6:00)0466-26-9912

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://ricky-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒249-0006 神奈川県逗子市逗子7-1-32

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
  • 犬と猫の包括的な歯科治療の実践

    JR岐阜駅から車で15分の日野どうぶつ病院は、歯科治療と整形外科治療に力を入れている。歯科治療は1本ずつ歯の状態を検査し治療を行うことが大切だという。包括的な歯科治療を実施している津田卓二院長に、歯科治療の流れや治療内容の決め方について伺った。

    • 日野どうぶつ病院
    • 津田卓二院長
  • 犬猫のアトピーを完治させる治療

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
ページトップへ