あかね動物病院の評判・口コミ - 新潟県新潟市江南区【カルーペット】

あかね動物病院

3.34
アクセス数: 3,560 [1ヶ月: 42 | 前期間: 56 ]
所在地
新潟市江南区 茜ケ丘
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター

あかね動物病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

病院詳細

病院名
あかね動物病院
住所
〒950-0212 新潟県新潟市江南区茜ヶ丘13-17 (Googleマップを見る)
電話
025-385-5155 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
診察時間
 
-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.mvol.jp/akane/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

あかね動物病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

1件中 1件を表示(すべて見る

8人中 7人が、 この口コミが参考になったと投票しています
への口コミ
投稿者: るる さん
4.5
来院時期: 2017年05月 投稿時期: 2017年06月
フィラリア予防薬を処方してもらうために来院。今までのかかりつけ医ではなく、知り合いから良いと聞いて来院しました。
フィラリアの予防薬は色んな種類があり、今までは毎月与えるお菓子タイプのを与えていましたが、説明を受けて、
一回で済む、注射の予防接種にしました。副作用は殆どないが、もし何かあったら診療時間外でも連絡して下さいと、
院長の携帯電話番号も教えてくれるので、安心感がありました。
うちの子は副作用はありませんでした。
診察の最初に、犬の性格なども聞き取りしてくれて、個性に合わせて対応を心掛けてくれます。
ノミダニ予防も一緒にしました。
こちらも色んな種類があります。
毎月来院で一回500円のタイプにしました。
殆ど病気はしませんが、小型犬で気が小さいから、お腹を壊したりもあるので、
夏場の健康診断も兼ねて、毎月行ける方が良いと思いました。
今までの病院は、かなり混んでいて待ち時間が長く大変でしたが、
こちらは奥まった立地のせいか、割と空いていて、診察も丁寧だし、
かかりつけ医を変えようかなと思いました。
フィラリア、ノミダニ、血液検査など、
色々したのでお金はそれなりにかかりましたが、血液検査は予防薬と合わせると予防薬が安くなったりするし、
今までした事ない血液検査での健康診断も出来るから、良かったと思います。
先生は説明が丁寧で、分かりやすくて
色々聞きやすく、良いと思います。
動物の種類 イヌ《純血》 (トイプードル) 来院目的 予防接種
予約の有無 なし 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 5分〜10分 診察時間 15分〜30分
診察領域 症状
病名 ペット保険
料金 10,000円 来院理由 知人・親族からの口コミ
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ

1件中 1件を表示(すべて見る

近くの病院

川島動物病院

4.09点  【口コミ 4件】
新潟県新潟市江南区所島2-3-13
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 爬虫類

くまちゃん動物病院

3.70点  【口コミ 13件】
新潟県新潟市江南区亀田四ツ興野4-5-5
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥

かとう動物病院

点  【口コミ 0件】
新潟県新潟市江南区うぐいす1-8-17
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥

ドクターズインタビュー記事

  • 家族の不安を解消する総合診療。大学病院の経験で地域に貢献 NEW

    呉市広駅から車で10分にある「ひろ中央動物病院」は、2019年2月に開院した新しい病院だ。玉原智史院長は東京大学で教員として診察、研究に関わってきた内科のスペシャリスト。玉原院長に診療に対しての思いや総合診療科としての治療について伺った。

    • ひろ中央動物病院
    • 玉原 智史院長
  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼)

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長
  • 仙台のホームドクター、女性獣医師だからできる親しみやすい診察

    仙台市泉区の「にきどうぶつ病院」は、腫瘍科や皮膚科に力を入れている病院だ。女性獣医師の院長が診察中には雑談も交えながら、飼い主が話しやすい雰囲気を作ることを心がけている。仁木礼子院長に開院に至るまでの思いや、日常の診療についてお話を伺った。

    • にきどうぶつ病院
    • 仁木 礼子院長
  • ペットの健康と幸せに寄り添った診療を、これまでも、これからも

    静岡県沼津市「宮田動物病院」の特徴と、親子で獣医師を務める宮田泰則先生、宮田翔平先生をご紹介します。翔平先生で3代目となる同病院。動物病院の方針と、これから力を入れていきたい診療について、お二人に話していただきました。

    • 宮田動物病院
    • 宮田 泰則獣医師
    • 宮田 翔平獣医師
ページトップへ