牛若通りどうぶつ病院の評判・口コミ - 京都府京都市北区【カルーペット】

牛若通りどうぶつ病院
うしわかどおりどうぶつびょういん

牛若通りどうぶつ病院

3.88
アクセス数: 2,052 [1ヶ月: 110 | 前期間: 71 ]
所在地
京都市北区 大宮南林町
診察動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
皮膚系疾患 循環器系疾患 内分泌代謝系疾患
京都市北区『牛若通りどうぶつ病院』土日祝も19時30分まで診療。駐車場あり。痛みを緩和、ストレスをかけないやさしい診療。各種予防。犬猫別々の待合室・診察室ご用意。ペットホテル。
『牛若通りどうぶつ病院』は、京都市北区の動物病院です。
土日祝も19時30分まで診療を行っております。

【牛若通りどうぶつ病院のご案内】
牛若通りどうぶつ病院は、飼い主さまと動物たちの笑顔あふれる病院を目指し、大切な動物たちが幸せな一生を過ごせるようにお手伝いします。
当院は、2名の獣医師が在籍し、学会やセミナーにも積極的に参加し、新しい知見を取り入れています。
獣医師同士がコミュニケーションをとりその子にとっての最良な治療方針を話し合い、質の高い獣医療の提供をモットーとしています。

◆対応可能な診療科
・一般外科(避妊、去勢手術、腫瘍切徐、結石摘出、骨折など)
・獣医予防科(狂犬病ワクチン、混合ワクチン、フィラリア、ノミ・ダニなど)
・内分泌科(甲状腺ホルモン、クッシング症候群、糖尿病など)
・皮膚科(食物アレルギー、アトピーなど)
・泌尿器科(腎臓病、膀胱炎、尿路結石など)
・歯科(歯石除去、抜歯など)
・眼科(緑内障、白内障、角膜疾患など)
・腫瘍科(抗がん剤など)
・循環器科(心臓病など)
・神経科(椎間板ヘルニア、てんかんなど)
・消化器科(炎症性腸疾患、リンパ管拡張症、膵外分泌不全など)
・行動学科(問題行動、しつけ)

◆駐車場
当院東側に1台と西側牛若通りを南へ下がった所に2台ご用意がございます。

◆わかりやすく丁寧なインフォームドを提供
◆動物と飼い主さまにとって納得できる治療
◆地域密着・アットホーム

◆ワンちゃん・ネコちゃん別々のお部屋をご用意
他の動物が苦手な子でも安心して過ごせます。

◆予防治療
皆様の大切なパートナーがいつまでも健康で過ごせるように、予防治療に力を入れています。

◆ペットホテル
獣医師が健康状態を管理し、ストレスのないお世話を心がけています。

なんでも気軽にご相談して頂きたいと思っております。
散歩の途中にでもお気軽にお立ち寄り下さい。

口コミ

2件中 2件を表示(すべて見る

マリモ
さん
2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

何度もトイレに行くので膀胱炎かと思い診察を受けました。すぐにエコー検査と尿検査をしていただいて、尿にできる石が原因であることがわかりました。膀胱炎の治療と合わせて尿石ができないためのフードに、切りかえ... (続きを読む)

投稿時期: 2021年03月 | 来院時期: 2021年03月 
5.0
かえで
さん
3人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

初診でしたがとても親切にしていただきありがとうございました。 土日祝日も診てくれますのでサラリーマン家庭にとっては非常にありがたいです。 先生には私が心配に思っていることをゆっくりと聞いていた... (続きを読む)

投稿時期: 2020年06月 | 来院時期: 2020年05月 
4.5

2件中 2件を表示(すべて見る

病院紹介

動物たちにやさしい診療

牛若通りどうぶつ病院は、飼い主さまと動物たちの笑顔あふれる病院を目指し、大切な動物たちが幸せな一生を過ごせるようにお手伝いします。

◆わかりやすく丁寧なインフォームドを提供
飼い主さまがワンちゃん・ネコちゃんの日頃の様子を観察し、その代弁者となって、些細なことでもお気軽にご相談ください。
私たちは飼い主さまのお話に真摯に耳を傾け、症状や治療について飼い主さまにきちんとご理解いただけるように、わかりやすく丁寧にご説明します。

◆動物と飼い主さまにとって納得できる治療
診療の対象はワンちゃん・ネコちゃんですが、私たちはパートナーとしての飼い主さまのケアも大切に考えています。
動物にとって最善の治療だとしても、飼い主さまにとって納得できないものであれば最良の治療とは言えません。
動物と飼い主さまが、お互いに最良だと考えていただける治療を心がけています。

◆地域密着・アットホーム
快適な待ち合い室で飼い主さま同士で交流していただいたり、お散歩の途中で気軽に立ち寄っていただけるような、地域密着のアットホームな動物病院を目指しています。
当院が地域の皆さまの交流の場となることを願っています。

予防治療

皆様の大切なパートナーがいつまでも健康で過ごせるように、予防治療に力を入れています。

◆ワンちゃん混合ワクチン
6種混合
8種混合

◆ネコちゃん混合ワクチン
3種混合
5種混合

◆狂犬病ワクチン
狂犬病ワクチンは狂犬病予防法という法律で犬の飼い主様に義務付けられている予防注射です。
成犬になってからは1年に一回ワクチン投与をする必要があります。

◆ノミ・ダニ予防
ノミ・マダニは犬や猫の皮膚や被毛に寄生し、痒みや皮膚病の原因となります。
人にも病気を感染させる恐れもあります。月1回の予防をしましょう。
月に1回投薬することで体の中で約1ヶ月間駆除効果が持続します。地域によっては通年予防をお勧めします。

・スポットオンタイプ
・飲み薬タイプ

◆フィラリア予防
フィラリア症は予防薬を毎年定期的に投薬していれば予防できる病気です。
大切なワンちゃんネコちゃんを守るためフィラリア症の知識を身につけてください。
最近は猫にもフィラリアが原因で死亡するケースがわかってきました。ネコちゃんにもフィラリア予防をおすすめします。

ワンちゃんとネコちゃん別々のお部屋をご用意

動物どうしが怖がらないように、ワンちゃんとネコちゃんの待合室、診察室、入院室、ホテルを分けております。
他の動物が苦手な子でも安心して過ごせます。

施設を新しくして居心地のいい空間にリノベーションしました。

お散歩の途中で気軽に立ち寄りたくなるような、アットホームな病院を目指しています。

院長紹介

岩﨑 透

メッセージ

私達「牛若通りどうぶつ病院」は、なんでも気軽に相談できる、信頼の置ける、親しみのある病院づくりを目指しています。

動物医療は飼い主様と動物たちとのコミュニケーションがとても重要で、ご家族の助けなしでは成り立ちません。
治療の際は常に飼い主の皆さまと話し合い「大切な家族」のためのより良い治療を行ってまいります。
病気と向き合うことはもちろんですが、それ以外にもお力になれることはたくさんあると思います。
散歩の途中にでもお気軽にお立ち寄り下さい。

◆経歴
2009年3月 日本獣医生命科学大学 獣医学部卒業
その後、東京、京都の動物病院勤務を経て、
2020年3月 牛若通りどうぶつ病院開業

スタッフ紹介

獣医師 : 岩﨑 雅子

この度、もともと祖父がやっていた動物病院を改装し、新たに夫婦で開業いたしました。

祖父の頃のように“地域に根ざした親切、丁寧な診療を”の理念を引き継ぎつつ、動物の高齢化に伴って増加してきている病気の予防、治療にも力を入れていきたいと考えています。

まずは長いおつきあいになる動物たちが、喜んで通ってくれるような病院を作ることから始めていきます。

◆経歴
2009年3月 日本獣医生命科学大学 獣医学部卒業
その後、東京、京都の動物病院勤務を経て、
2020年3月 牛若通りどうぶつ病院開業

ペットホテル

病院詳細

病院名
牛若通りどうぶつ病院
住所
〒603-8403 京都府京都市北区大宮南林町2 (地図)
電話
075-491-4747 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
皮膚系疾患 循環器系疾患 内分泌代謝系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:30-16:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:30

※休診日/火曜日

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://www.ushiwaka-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒603-8403 京都府京都市北区大宮南林町2

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主様との会話を大切に、本当に必要な検査と治療を提案する NEW

    市川市の「あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital」は2021年11月に開院。猫専用の待合室があり、夜間救急診療にも対応。飼い主と一緒に治療を考える事を大切にしている。髙橋一馬院長、髙橋亜樹子副院長に同院の特徴を伺った。

    • あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital
    • 髙橋 一馬院長
    • 髙橋 亜樹子副院長
  • 短頭種気道症候群の治療、外鼻孔狭窄と軟口蓋過長症の手術 NEW

    長岡京市にある「乙訓どうぶつ病院」は呼吸器疾患の治療に力を入れている。パグやフレンチブルドッグに好発する短頭種気道症候群は、年齢を重ねるごとに進行する病気である。中森正也院長に、短頭種気道症候群や外鼻孔狭窄、軟口蓋過長の手術について伺った。

    • 乙訓どうぶつ病院
    • 中森 正也院長
  • 「栃木に高度医療を提供する」70年の歴史を継ぐ3代目の決意

    益子町の伏見動物病院は、北関東では数少ない前十字靭帯断裂の最新治療(TPLO、TTA、CBLO)を行う病院。整形外科と眼科では専門診療を実施、総合病院の役割も果たす。整形外科が専門の伏見寿彦先生に病院の特徴や痛みの少ない治療について伺った。

    • 伏見動物病院
    • 伏見 寿彦先生
  • 犬猫のアトピーを完治させる治療

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
  • 「てんかん」MRI検査と最新のアプローチ

    浜松市東区「かば動物クリニック」はMRIとCTを完備し、てんかんや椎間板ヘルニアなど脳・神経系疾患の診療を得意としている。犬猫でのてんかんの発症率は人と比較して高頻度で、身近な病気であるという。國谷貴司先生にてんかんの診療について伺った。

    • かば動物クリニック
    • 國谷貴司院長