口コミ: 東京都の鳥の肝・胆・すい臓系疾患 2件【カルーペット】

口コミ検索: 東京都の鳥の肝・胆・すい臓系疾患 2件

東京都の鳥を診察する肝・胆・すい臓系疾患に関する動物病院口コミ 2件の一覧です。

[ 病院検索 (45件) | 口コミ検索 ]
8人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています
小鳥のセンター病院・池袋 (東京都豊島区)
投稿者: しの さん
5.0
来院時期: 2013年08月 投稿時期: 2016年06月
2013年夏、二羽飼ってるうちの一羽が換羽が上手く行かず、体調不良が目に見えて分かり、近くの鳥も診れるとうたう動物病院へ行ったのですが、ろくに検査もせず、大丈夫と言われ経過観察になり、やはりおかしいので、再度、行ったら、又、大丈夫と言われ、心配ならと小鳥のセンター病院を紹介された。全く鳴かなくなり、慌てて池袋院に駆け込みました。そこで大変な状況だと、詳細検査をする為には設備上、本院に行かなきゃならない事。ここでできる検査をし肝臓が悪い事、毎日来て注射をした方が良いこと、投薬治療、丁寧に説明を受けました。私は保険に加入してないので治療費の件、不明な点、質問しました。全て丁寧に答えて貰いました。私が上手く薬を飲ませられず、餌も食べない、弱って行くのを見てられず、本院への入院を希望しました。先生は入院も鳥にはストレスなので良く考えるよう諭されましたが、私は夏休みが終われば、一日中見てられず、心配なので、入院を決めました。そして、本院への入院、通院、一年ののち完治。今は元気です。もう一羽も体調不良になり本院へ通院してました。二羽とも、川口に行けない時は、池袋へ行き、川口と池袋はカルテがきちんと回ってるので便利です。鳥は早期発見が鍵で、保険に加入も大事。鳥の診れる動物病院へ行くより、小鳥専門へ行く事をすすめます。小鳥専門は少なく、小鳥を保険に加入してるのも少なく、小鳥の病状の進行は早く、高額な治療費、苦情を言われる方も居ますが、私は小鳥のセンター病院で救われました。鳥を助けられました。病状。治療法は丁寧に説明してくれますが、その他の不明点、治療費、完治するかしないか、延命は望まない、など私は自分から聞きました。きちんと答えてくれるので、聞くことが大事だと思います。大病をすると保険に加入出来なくなるので、鳥も保険に加入した方が良いと学びました。愛鳥を守るために飼い主もすべきことが有ると思います。それから、ここは年中無休なので自分の休みが土日祝日の為、通院に便利です。自宅からも通いやすく駅から近く助かりました。
動物の種類 来院目的 通院
予約の有無 なし 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 10分〜15分 診察時間 10分〜15分
診察領域 肝・胆・すい臓系疾患 症状 食欲がない
病名 肝臓肥大 ペット保険
料金 10100円 来院理由 他病院からの紹介
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ
25人中 22人が、 この口コミが参考になったと投票しています
多摩バードクリニック (東京都日野市)
投稿者: Rei さん
2.0
来院時期: 2018年12月 投稿時期: 2019年03月
手術などにならなければ、数少ない鳥専門病院として貴重な場所だと思います。
ただし、骨に異常をみたり、内臓疾患に対して積極的でなく、安静が第一としてもレントゲンや触診も 至っている病状を見ると消極的です。何もせず投薬また投薬。予防とする面で飼い始めた時の健康診断段階なら、非常に素晴らしいと言えるでしょう。
すでに肥満だったり、すでに内臓疾患あるという状態から出会うと濁し目で、自分の診察が原因で損傷 疾患を呼びそうな時、明らかにまず飼い主を責めて防御します。
そこだけはマイナス要因が大きいです。
また、自由診療には土曜日日曜日はオープン前から順番取りが半端なく、病院の表で待つのはざらです。
遠方から通う場合 必ず電話をすることが肝心です。
駐車場、待ち時間、連れて行くまでの運び方など。
クレジットカードは使えません。
野鳥(飼っては行けない鳥)は診ません。
どういう状態で飼育してるか、体重管理、起床 就寝とその状態、できれば初回は使っているケージをそのまま見せること。
そして肥満の場合 むやみな餌制限は骨粗鬆症や免疫力低下による病気の併発が心配です。
ダイエットを要求されたら、必ず その子に適していることなのか問いただしてください。
骨格や太っていてもベストな場合もまさかの有りが存在する子もいます。
万病の元はわかりますがレントゲンで現状の骨状態も診もしないで、言われたら気をつけてください。
なぜならそれで自身の小鳥は羽根を複雑骨折のように痛め腫瘍ができ大きな病気に発展したからです。
もちろん どう診療されようが飼い主の責任になります。
言われてもできないこと、小鳥の性格で無理な場合もあってそれも聞かず強引に体重を減らし続けた時飛べる喜びに、羽根を痛めました。(骨がもろくなってたんです。)
「管理できてない、放鳥するな、発情させるなといいましたよね?で返されます。」
運動不足に対する方法は言わず、
飼い主と愛情のスキンシップも全部 ダメ!だけでした。
なんのために生まれてるの? 痩せても不健康になるのが不安で相談しても、いい方法は言ってくれません。
せいぜいフォージングボール作って食べたいならそれつついて遊ぶでしょう?
「そういうのでいいんじゃないですか?」
...か?」って。
こうしてください。こうするといいですよでおわらせる自信はないから飼い主に「...じゃないですか?」っていう言い方するのです。
結果からすると予防とする診療が得意な場所であると思いました。
なので前に述べた飼い始めた時の健康診断と病気予防の飼い方を教わるのなら、おそらく、良い病院だと思います。



動物の種類 来院目的 通院
予約の有無 なし 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 1時間〜2時間 診察時間 15分〜30分
診察領域 肝・胆・すい臓系疾患 症状 腹部がふくれる
病名 肝臓疾患 ペット保険
料金 来院理由 Webで知った (当サイト以外)
  • タウリン
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ
ページトップへ