口コミ: 渋谷区のネコの腫瘍・がん 1件【カルーペット】

口コミ検索: 渋谷区のネコの腫瘍・がん 1件

東京都渋谷区のネコを診察する腫瘍・がんに関する動物病院口コミ 1件の一覧です。

[ 病院検索 (7件) | 口コミ検索 ]
9人中 8人が、 この口コミが参考になったと投票しています
日本動物医療センター (東京都渋谷区)
投稿者: Wan-Nyan-Advocator さん
3.0
来院時期: 2019年05月 投稿時期: 2015年07月
足に大きな腫瘍ができ、日に日に肥大していました。近所のかかりつけでは、医師ではない看護師長さんのような方から、「説明は一回限り、二回は言いません」、高圧的な態度で「やるかやらないか、それだけです!」と迫られる中、途方に暮れ保険会社の電話相談でこちらを紹介されました。

まずは電話だけでしたのに、獣医師さんからリスクとメリットについて充分過ぎるほどのご説明があり、二回目の説明を拒否した前院との違いを感じました。

結局、4回目の受診の後、自宅で安らかに亡くなりましたが、女の子でしたので耳に可愛い花飾りをつけて下さり、獣医師さんが車が見えなくなるまで見送って下さいました。
夜間料金は発生しますが、24時間高度な医療を受けられ、入院設備も整い、インフォームドコンセントもしっかりした稀有な病院ですので、下の子も緊急時にはお世話になるつもりです。


2018年3月追記:

下の子(8才)のおしっこが出なくなり、急きょ夜間にかけつけました。
上の子の時とは違う先生でしたが、猫にも私にも気さくに接して下さり、説明も前回同様に段階を踏んで丁寧でした。
検査の結果、尿路閉塞でなく膀胱炎だった事が判明しひと安心。

膀胱炎が原因で結晶が出たのか、結晶が原因で膀胱炎になったのかを見極めるため、一週間後にまた尿検査に来て下さいと終了。
もともと元気ではあったのですが、注射を打って頂いた後1時間位でさらに顔つきが良くなり、出された抗生剤・止血剤も3日間しっかり飲んでくれました。


1点残念だったのは受付の対応が以前のほうが良かった事です。


●電話で、猫のおしっこが出ない旨、診察券番号も含め当方の情報を的確にお伝えし、「9時前に来られますか?」と言われたため、その通りに急行。

ところが到着時、先ほどお電話した〇〇ですがと名乗ると、「猫ちゃんですか? ワンちゃんですか?」と、まったく知らない様子で尋ねられ絶句。
どの医院でも「先ほどのお電話の〇〇さんですね。症状は~でよろしいでしょうか?」と、すぐに伝わっているのに。
さっき入電時間、動物の種別、症状、名前など入力されなかったのですか? と聞きたいところでしたが、まずはグッと我慢し「先ほど申し上げましたが、猫です」と答える。

●番号つき診察券をお渡ししたのにゼロから受付票を書かされる
(番号で検索ヒットするはずですし、飼い主は心労でまいっている中、やる事は少ないほうがよいのですが)

●4年前とは待合室のレイアウトが変わっていたため、どこで待てばいいですかとお訊ねすると「どこでもいいです~」とぞんざいな返答。
が、犬猫で待合室が分かれていたのが後で判明。

●「のちほど症状をお伺いします」と仰ったままついにヒアリングはなく、診察まで一時間以上放置。
9時前に来いと言った以上、一度は猫の様子伺いや、見込み待ち時間を知らせに来て下さるべき。
動物の症状はあっという間に進みますから、聞き取りをして緊急性の有無を医師に取り次ぐのも受付の仕事では?
これがもっと重篤だったらどうなっていたかと思うと恐ろしい限り。

●一方で、後からいらした猫の患者さんは予診ルームで聞き取りの時間を貰っていて不公平感あり

●全体的には、馴染みらしき患者さんのところにはマメに案内に行ったり、雑談に応じたりしていたのに、当方だけが明らかに軽くあしらわれていた


これらの理由から星を1減らしました。
以前は、たとえもっと夜中でもこのようにダラーンとした応対ではありませんでした。

飼い主はペットの身代わりになっても良い位の気持ちで、動物を深く愛していますし、動物に向き合う姿勢は真剣そのものです。
だから近所でなくこのような病院に連れてくるわけです。

遊興施設ではないのですから、客室乗務員かのような派手なファッションにもノリの軽さと違和感をおぼえました。

夜間診療のありがたさと、医療の質は5ツ星のままです。
これからもお世話になりたいと思います。


2019年5月追記:

健康診断などの節目はこちらにお世話になり、普段は近所でという使い分けをさせて頂いております。

担当医師名の入力もれがあったりなど伝達ミスは相変わらずですが、受付の方の応対はグンと良くなりました。

院内の静かで清潔な環境、飼い主さん同士のマナーの良さなどもピカ一です。

しかし今回はもう少し飼い主からのヒントを重くキャッチ頂ければよかったと思う事がありましたので、星を減らさせて頂きました。

〇ここ一ヶ月私と一緒に急に寝なくなったので、どこか辛いのではないか。
これまでは暑くても常に一緒に寝ていたので何かが変。

〇3週間ほど前に沢山吐き近所を受診、数日柔らかい物を与えて今は様子見中。


これらをお伝えしたところ、「やはりブロードラインを中断していることで虫さんが活発になっているかも知れません。体への負担はないし、皆さんやっているので、塗りましょう!」と強く推奨されました。


結果、塗布から36時間後に突然嘔吐し始め、回数も12時間で6回と明らかに病的なレベル。
直前まで元気でよく食べていたのに、まるで毒にでも当たったような急変ぶりでした。

慌てて近所を受診したところ、胃炎を起こしており、あとは膵炎の可能性もゼロではないとの事。
10日間点滴通院し、ようやく食欲や元気も7割がた戻ってまいりました。

もちろんブロードラインが主犯とは言い切れませんし、良かれと思い塗って下さった事はわかります。
ただ、それが既往症悪化の引き金になる事は充分あり得るのではないでしょうか。

今回は冒頭の2点の異変をお伝えしているのですから、「それがもし虫さん原因でなかった場合には、塗布が却って胃炎なり何なりを悪化させてしまうかも知れません。どうしましょうか」といった第二の選択肢もご提示頂きたかったです。

絶対いいですよ!と言われれば素人は信用してしまいますから。

夜間緊急時の先生の判断の素早さ、手順のタイムリーさは本当に見事でしたが、即断、即決に比べ、慎重な判断、微調整などになると若干弱いのかなと感じた一件でした。

今回はこのまま事なきを得ると思いますが、もう少し飼い主が伝えた様子を一面的でなく多角的に、入念に考察頂ければ幸いです。






動物の種類 ネコ《雑種 (ミックス)》 来院目的
予約の有無 あり 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 30分〜1時間 診察時間 10分〜15分
診察領域 腫瘍・がん 症状 食欲がない
病名 腫瘍 ペット保険
料金 110000円 来院理由 他病院からの紹介
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ
ページトップへ