ばんどうアニマルクリニックの評判・口コミ - 茨城県坂東市【カルーペット】

ばんどうアニマルクリニック
0297-36-3001
ばんどうあにまるくりにっく

ばんどうアニマルクリニック

アクセス数: 5,124 [1ヶ月: 83 | 前期間: 69 ]
所在地
坂東市 長谷
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん けが・その他
当院は眼科を得意としております!ペットと飼い主様の明るい未来のためにお手伝いいたします!
2016年12月に「ペットクリニックアニマーレ岩井病院」から「ばんどうアニマルクリニック」へと、事業承継に伴い名称を変更いたしました。

当院では、ペットと飼い主様にとって最善の治療と予防を提案いたします。
また、地域に根ざしたホームドクターとして頼って頂けるよう頑張ってまいりますので、しつけ等の日常的な疑問など、気になることは何でもお気軽にご相談ください。

当院は、特に眼科診療に力を入れており、眼でお困りのペットたちの手助けができればと考えております。
より高度な検査・治療が必要な場合は、責任をもって二次診療施設へご紹介いたしますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

眼科検診について

当院は眼科に力を入れております。必要な場合は二次診療施設へのご紹介も行っていますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

・涙膜の病気
ドライアイなどが代表的です。
治りにくい、繰り返し充血や目やにが見られることが特徴です。

・角膜の病気
目の病気の中で最も多く見られる病気です。
散歩やシャンプー後の目のしょぼつきは角膜に傷を負っている可能性もあり、早急な治療が必要となります。
治りにくい場合は手術が必要となることもあります。

・白内障
水晶体が白くなり、進行すると失明してしまう怖い病気です。
白内障になると、眼の中の炎症や緑内障につながる恐れもあります。

・緑内障
人と同じく強い痛みを伴い、失明に繋がる怖い病気です。
ボストンテリアや柴犬、シーズーは緑内障が多い犬種で、早期発見が重要な病気ですので、定期検診を受けると良いでしょう。

・ぶどう膜炎
目の中で炎症が起こる病気です。
診断には専門の機器が必要です。
この病気は白内障や緑内障に繋がる怖い病気のため、迅速な治療が必要です。

・網膜の病気
網膜の病気は失明の原因となることもあり、遺伝する可能性もあります。

仔犬・仔猫を迎えたら

<仔犬>
■動物病院に来る際は首輪(連絡先が書かれていると良い)とリードを付けてくると良いでしょう。
初めての場合は嫌がることもあるので、お家の中で慣れさせておくと良いです。

■病院では、身体検査、便検査(当日に便が取れたら持ってきてください)、聴診、触診などを行います。また、しつけや予防など心配なことがあればお気軽にご相談ください。

■予防について
・狂犬病ワクチン(法律で義務付けられています。登録も兼ねています。)
・混合ワクチン(ウイルスなどによる伝染病を予防します。)
・ノミ、ダニ予防
・フィラリア予防

<仔猫>
■動物病院に来る際は、首輪(連絡先が書かれていると良い)と移動用ケージがあると良いでしょう。
早めに準備して、慣れさせておくと良いでしょう。洗濯ネットでも代用できます。

■病院では身体検査、便検査(当日に便が取れたら持ってきてください)、聴診、触診などを行います。また、しつけや予防など心配なことがあればお気軽にご相談ください。

避妊・去勢手術

病気の予防や発情時のストレス減少などの効果が期待できます。
<雌犬>
6~7カ月齢での避妊手術をおすすめしております。
・発情に伴うストレスからの解放や、出血がなくなる
・偽妊娠などの行動がなくなる
・卵巣、子宮疾患の予防
・乳腺腫瘍の発生の減少

<雄犬>
6~7カ月齢での避妊手術をおすすめしております。
・肛門周囲腺腫や前立腺疾患、精巣腫瘍、会陰ヘルニアなどの予防
・発情に伴うストレスがなくなる
・攻撃性の低下
・マーキング、マウンティングの減少

<雌猫>
・発情時の鳴き声がなくなる
・望まない妊娠を防ぐことができる
・卵巣、子宮疾患の予防
・乳腺腫瘍の減少(猫では90%以上が乳腺ガン)

<雄猫>
・発情に伴うストレスがなくなる
・望まれない繁殖を防ぐ
・攻撃性の低下
・マーキングの減少

院長紹介

佐々木 悠

メッセージ

この度、ペットクリニックアニマーレ岩井病院を承継させていただくことになりました、佐々木悠と申します。
丁寧な診察と分かりやすい説明を心掛け、地域に根ざしたホームドクターとして皆様に頼っていただけるよう努めてまいります。

私は、北海道にある酪農学園大学の獣医学科を卒業し、長野県、神奈川県の動物病院に勤務してきました。
特に長野県小諸市のさくら動物病院では、長野どうぶつ眼科センターが併設されており、眼科における専門的な知識、技術を多く学ぶことができました。

健康、しつけ等に関する日常的な疑問はもちろんのこと、動物の眼についてもなんでも気軽にご相談ください。
飼い主様とかわいい動物達の明るい未来のために、お手伝いできればと思います。

なお、事業承継に伴い名称を「ペットクリニックアニマーレ岩井病院」から「ばんどうアニマルクリニック」へと変更いたしますので、よろしくお願いします。

病院詳細

病院名
ばんどうアニマルクリニック
住所
〒306-0642 茨城県坂東市長谷510-24 (地図)
電話
0297-36-3001 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00-

※休診日:木曜、祝日

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://bando-ac.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒306-0642 茨城県坂東市長谷510-24

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • すべての猫の幸せのために、京都ではじめての猫専門病院 NEW

    京都ではじめての猫専門病院「動物病院京都ねこの病院」が2016年に開院した。「猫好きの方はもちろん、猫をよく知らない方も、この病院をきっかけに猫を好きになってもらいたい」と話す園田祐三院長に、病院の特徴や猫の病気についてお話を伺った。

    • 動物病院 京都 ねこの病院
    • 園田 祐三院長
  • 最新の機器と先進的な技術で骨折や脱臼などの整形外科疾患を治療 NEW

    京都市の「メイプル動物病院」では、整形外科疾患の治療を得意としている。海外から最新の治療方法を積極的に取り入れ、セカンドオピニオンも行っている森勇雄院長。家族と同じ気持ちで動物と接する森院長へ、整形外科治療への想いを伺った。

    • メイプル動物病院
    • 森 勇雄院長
  • 循環器認定医が教える犬と猫の心臓病

    東京メトロ根津駅から徒歩5分にある上野の森どうぶつ病院は、心臓病の専門診療を行っている。心臓病は状態を正しく把握し治療を行うことで、寿命を全うすることもできる。循環器認定医の諌山紀子先生に、心臓病の治療や家庭での注意点についてお話を伺った。

    • 上野の森どうぶつ病院
    • 諌山 紀子先生
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • 画像診断を活用して正確な診断を行うことで最適な治療法を提案

    日吉駅の『カトウ獣医科クリニック』。獣医師の加藤直之院長は画像診断を活用することで、動物たちの不調に関する原因を根本から探り、適切な治療を提案しています。勘や経験だけに頼らず、しっかりとした画像診断にこだわるクリニックの特徴や加藤院長の想いを伺いました。

    • カトウ獣医科クリニック
    • 加藤 直之院長
ページトップへ