グラース猫の病院の評判・口コミ - 東京都杉並区【カルーペット】

グラース猫の病院
ぐらーすねこのびょういん

グラース猫の病院

アクセス数: 819 [1ヶ月: 35 | 前期間: 46 ]
所在地
杉並区 荻窪
診察動物
ネコ
荻窪駅徒歩7分の猫専門分院『グラース動物病院』、往診対応可能、駐車場完備、予約優先制・猫専用ホテルあり。
猫ちゃんは、普段と違う場所・音・臭いに敏感で、通院がストレスになってしまうことがあります。特に犬の鳴き声・臭いによって大きなストレスを感じてしまいます。
グラース猫の病院は、猫ちゃんが少しでもストレスなく通院できるように1棟全体猫ちゃん専用になっています。

「キャット・フレンドリー・クリニック」のゴールドレベル認定病院です。猫ちゃんを熟知した猫専任従事者「CATvocate」も在籍しており、猫ちゃんに優しい、質の高い猫医療を提供いたします。

広く快適な猫ちゃん専用のホテルもありますので、お出かけの際は安心してご利用ください。
グラース動物病院の隣にあり、診察時間外・夜間は365日24時間グラース動物病院で対応いたします。

少しでも待ち時間のストレスを減らすため、予約優先制を導入しています。電話予約、オンライン予約が可能です。

ネット予約

予約はこちら

ドクターズインタビュー

福田 あゆみ 副院長
街の頼れる獣医たち vol.045

猫に優しい動物病院です。本院との連携で夜間救急も対応

猫のスペシャリストが提供する医療。隣接する本院とも連携

JR荻窪駅から徒歩7分の「グラース猫の病院」は、キャットフレンドリークリニックのゴールド認定を取得している、猫専門の動物病院だ。副院長の福田あゆみ先生に、病院の特徴や、本院である「グラース動物病院」との連携、猫の病気について伺った。 もっと読む

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

キャットフレンドリー・クリニック

当院は「キャット・フレンドリー・クリニック(CFC)」とは、猫にやさしい動物病院として国際猫医学会isfmによって確立された世界的に普及している国際基準に認定されている病院です。

猫にやさしい医療を提供するための「CFC基準ガイドライン」をみたした動物病院に認定が授与されます。CFCには、ゴールド・シルバー・ブロンズの3つのレベルがありますが、当院は最高位ゴールドレベルに認定されています。

猫専用ホテル

グラース猫の病院には、猫ちゃん専用ホテルがあります。
一般的な猫ケージより広く、2段になっているため縦の運動をすることができます。

病院全体が猫ちゃん専用なので、ワンちゃんの気配をまったく感じずに過ごせます。
診察室や検査室とは別のフロアに位置しておりとても静かですので、怖がりな猫ちゃんも落ち着いてお泊りできます。もちろん病気の猫ちゃんの投薬も可能です。

飼主様がお留守にする際は、是非安心してご利用ください。

様々な治療・検査機器の導入

従来の血液検査・レントゲン検査・超音波検査・内視鏡検査などに加えて、腹腔鏡・レントゲン透視装置(Cアーム)・サンダービート・ソニックビートなどを使用してより確実な診断・治療を提供いたします。

凍結療法・レーザーによる腫瘤切除や温熱療法なども行っています。一般的な外科手術はもちろん、様々な神経疾患・整形疾患への対応が可能です。

院長紹介

田中 那津美

メッセージ

2019年4月から、グラース動物病院の院長に就任した田中那津美です。

当院は、向上心と情熱に満ち溢れた多くのスタッフに支えられ、それぞれの知識・技術・経験を合わせたチーム獣医療を実践しています。
私たちは、対応可能な領域を少しずつでも拡げることが大切だと思っています。手術室・手術器具の拡充、犬猫それぞれ独立した入院室のほかに集中治療室の設置、「猫の病院」の開設など、より良い獣医療を提供すべく努力を続けています。

私たちが心がけているのは、飼い主様の不安としっかりと向き合い、その不安が取り除けるようにすることです。そのために、「なぜその症状が出たのか」という原因を追究し、「どうすればいいのか」という出口を提供するようにしています。治療完了までのステップを示し、最後まで寄り添います。

不安でいっぱいの飼い主様が、当院に来て少しでも安心して帰って頂けるよう、私たちはこれからも努力を続けていきます。

■出身大学:日本大学
■資格:獣医師免許
■専門・関心分野:外科、神経科
■所属団体・研究会:獣医麻酔外科学会、獣医神経病学会

スタッフ紹介

副院長 福田 あゆみ

■出身大学:鹿児島大学
■資格:獣医師免許、獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
■専門・関心分野:一般診療、猫医学

グラース猫の病院の責任者をしています。猫ちゃんは、ワンちゃんとは性格も体の仕組みも違います。猫ちゃんの扱い方から特有の病気まで幅広く勉強しながら、猫ちゃんにより優しい診療を提供できるように努めています。

院内にも猫ちゃんに優しい工夫をしています。猫ちゃん、飼主さまの不安な気持ちに寄り添い、それぞれに合ったよりよい治療を提供できるよう、飼主さまご意向・猫ちゃんの性格なども考えた丁寧な診療を心がけています。また、病気以外の日々のケアなどもサポートし、通院しやすい病院を目指します。

副院長 芹澤 佑一郎

■出身大学:日本大学
■資格:獣医師免許
■専門・関心分野:外科全般、神経内科、救急医療

大学附属病院での研修を経て、2014年の4月より当院にて診療を行っており、夜間救急も担当しております。飼い主様のご希望やご不安に対して粘り強く向き合い、必要かつ正確な診断や治療を実施出来るように日々精進しています。大事なご家族であるワンちゃんや猫ちゃんと少しでも長く安心して

ペットホテル

病院詳細

病院名
グラース猫の病院
住所
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-4-1 (地図)
電話
03-5335-7552 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
ネット予約
ネット予約
診療動物
ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
10:00-13:00-10:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:00
15:00-18:00-15:00-18:0015:00-18:0015:00-18:0015:00-18:0015:00-18:0015:00-18:00

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://grace-ah.com/cat/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-4-1

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 専門診療から夜間救急まで、安心を届ける群馬に根ざした動物病院

    群馬県富岡市の「さいとう動物病院」は専門診療に力をいれている病院だ。国内外の専門医や認定医と連携し、高レベルの医療を提供する。2020年からは夜間救急診療も開始した。齊藤高行先生に、さいとう動物病院の特徴や専門診療について話を伺った。

    • さいとう動物病院
    • 齊藤 高行院長
  • 家族の不安を解消する総合診療。大学病院の経験で地域に貢献

    呉市広駅から車で10分にある「ひろ中央動物病院」は、2019年2月に開院した新しい病院だ。玉原智史院長は東京大学で教員として診察、研究に関わってきた内科のスペシャリスト。玉原院長に診療に対しての思いや総合診療科としての治療について伺った。

    • ひろ中央動物病院
    • 玉原 智史院長
  • リラックスした雰囲気で。飼い主と三位一体で治療にあたる

    小山市西城南の『メルどうぶつ病院』の特長や國分広光院長の獣医師としてのこだわりをご紹介。犬猫以外にも、ウサギの治療を中心として注ぎ込む情熱などについてインタビュー。ペットの健康は獣医師と飼い主が三位一体となって取り戻すことの大切さを熱く語っている。

    • メルどうぶつ病院
    • 國分 広光院長
  • 高齢犬の止まらない咳~慢性気管支炎の治療~

    東急目黒線奥沢駅から徒歩2分にある「奥沢すばる動物病院」は、呼吸器系科、腫瘍科、救急科に力を入れている。咳が止まらない症例では、心臓病や慢性気管支炎、肺水腫などさまざまなケースが考えられる。宮直人院長に咳が出る病気やその治療について伺った。

    • 奥沢すばる動物病院
    • 宮 直人院長
ページトップへ