どうぶつ耳科専門クリニック「主の枝」の評判・口コミ - 兵庫県洲本市【カルーペット】

どうぶつ耳科専門クリニック「主の枝」
0799-22-2770
どうぶつじかせんもんくりにっく「しゅのえだ」

どうぶつ耳科専門クリニック「主の枝」

アクセス数: 1,919 [1ヶ月: 59 | 前期間: 48 ]
所在地 :
洲本市 宇原
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
診察領域:
耳系疾患
国内で唯一の耳専門の動物クリニックです。
当院は国内で初めて、かつ唯一の耳科専門の動物クリニックです。
犬や猫の中耳炎治療で外科手術以外の方法で治療を成功したという報告は1992年まで日本国内にありませんでした。
その治療法(鼓膜切開と鼓室胞洗浄)が国内で、もっと広まって欲しいと考え、アメリカの文献やその後の国際セミナーで修得致しました。
以来、たくさんの中耳炎や治りにくい外耳炎の動物たちを完治・回復まで導くことができるようになりました。
おかげさまでそのうわさは淡路島の外まで広がり、わざわざ橋を渡って遠方から来院して下さる方までいらっしゃいます。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

どうぶつ耳科専門クリニック「主の枝」の特長

私自身が学術会議で講演させていただくこともありますが、医科大学の先生方・一流の耳鼻科専門医の先生方の耳鼻科講義の聴講や学会に積極的に参加して、充実した学びの場を得ることもしています。
こういうことを通じて、日常の耳科治療のレベルアップに繋がるよう努めております。

どうぶつ耳科専門クリニック「主の枝」の診療方針

耳を患っているだけで、実はかゆみや頭痛の原因、憂鬱感など他のことで悩まされている動物たちは多くいます。
完治してくると、動物たちの表情が明るくなり、日常の動きまで快調になっていきます。
聴力が回復すると、飼い主様とのコミュニケーションがとりやすくなることにもつながります。そうした動物たちの様子を見ていると、さらに耳科を専門的にしていきたいと願うようになりました。

編集部の感想

淡路島の洲本市にある落ち着いた佇まいが印象的な、国内唯一である耳科専門の動物病院様です。
耳の病気で悩まれている島外に住む、飼い主様が先生の診療を求めて訪れています。
獣医の世界のみでなく人の世界の技術をしっかりと学び、困難な治療が少しでも多く完治・回復まで導いていきます。

院長紹介

杉村 肇

メッセージ

◇誕生日 1958年11月
◇出身大学 酪農学園大学獣医学部(1981年 卒業)
◇趣味 登山
◇日本耳科学会、日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会、獣医麻酔外科学会、日本獣医皮膚科学会、動物臨床医学会、エキゾチックペット研究会、日本動物病院協会(JAHA)、兵庫県動物愛護推進員

病院詳細

病院名
どうぶつ耳科専門クリニック「主の枝」
住所
〒656-0054 兵庫県洲本市宇原2279-2 (地図)
電話
0799-22-2770 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
診察領域
耳系疾患
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00--
14:30-18:0014:30-18:0014:30-18:00-14:30-18:00---

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.sugimura-animal-clinic.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒656-0054 兵庫県洲本市宇原2279-2

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 3院の連携で一次診療から高度医療まで地域の動物医療に広く貢献 NEW

    豊田市の『ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター』は専門的な医療設備を備え、地域の基幹病院として幅広い症例に対して高度な医療を提供している。院長の青島大吾先生に、分院も含めた3院の特徴と腫瘍治療への取り組みについて伺った。

    • ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター
    • 青島 大吾院長
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼

    平成20年、相鉄線かしわ台駅近くに「アニマルクリニック イスト」を開院された金子院長。地元密着型の”頼もしい獣医師さん”として、内科や整形外科疾患治療にあたってきた金子院長に、関節疾患「前十字靭帯断裂」「膝蓋骨脱臼」を中心にお話を伺った。

    • アニマルクリニック イスト
    • 金子 泰広院長
  • 仙台のホームドクター、女性獣医師だからできる親しみやすい診察

    仙台市泉区の「にきどうぶつ病院」は、腫瘍科や皮膚科に力を入れている病院だ。女性獣医師の院長が診察中には雑談も交えながら、飼い主が話しやすい雰囲気を作ることを心がけている。仁木礼子院長に開院に至るまでの思いや、日常の診療についてお話を伺った。

    • にきどうぶつ病院
    • 仁木 礼子院長
  • 話を聞くことからはじまる診察、心に寄り添う動物病院を目指して

    相模原市中央区の「かやま動物病院」は、2017年に開院した一次診療の動物病院だ。「飼い主に説明をして理解をしてもらうことが獣医の仕事」と話す鹿山航院長、鹿山真里先生に、診療に対しての思いや今後の展望についてお話を伺った。

    • かやま動物病院
    • 鹿山 航院長
    • 鹿山 真里獣医師
ページトップへ