南町にい動物病院の評判・口コミ - 福岡県久留米市【カルーペット】

南町にい動物病院
みなみまちにいどうぶつびょういん

南町にい動物病院

アクセス数: 1,560 [1ヶ月: 177 | 前期間: 168 ]
所在地
久留米市 南
診察動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
皮膚系疾患 内分泌代謝系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 けが・その他
久留米市『南町にい動物病院』土曜19時まで、日祝日も午前診療。専用駐車場あり。犬猫別々の待合・診察室で安心。ペットホテル。
『南町にい動物病院』久留米市の動物病院です。

県道758号線沿い、上津バイパス「本山」交差点近くにあり、土曜は19時まで、日祝日も午前診療を行っております。

専用駐車場9台完備しております。

【南町にい動物病院のご案内】

■様々な診療科に対応
皮膚科、呼吸器科、歯科、整形外科など様々な診療科目に対応
特に、腫瘍科では適切な腫瘍診療のもとに手術、抗がん剤、緩和治療を行います。
(仁位院長は、獣医腫瘍科認定医です。)
皮膚病のわんちゃんのためのシャンプー療法

■犬猫別々の待合・診察室・入院室
緊張しやすいねこちゃんもリラックスできます。
体の大きなわんちゃん用の入院用個室あり

■ペットホテル

南町にい動物病院では、病気について、治療の選択肢・麻酔リスク・予想される治療費などをお伝えし、ご理解頂いた上で治療や手術に望みます。

ご家族、スタッフが一丸となって動物を救うためにも、ご不明点はどんなことでもお尋ね下さい。

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

様々な診療科に対応

【腫瘍科(獣医腫瘍科認定医II種取得)】
リンパ腫、乳腺腫瘍、白血病、悪性黒色腫など

【皮膚科】
アトピー性皮膚炎、食物アレルギー性皮膚炎、ニキビダニ症など

【循環器科】
心筋症、先天性心奇形など

【呼吸器科】
肺炎、猫喘息、肺水腫など

【泌尿・生殖器科】
慢性腎不全、膀胱炎、尿路閉塞、子宮蓄膿症など

【消化器科】
誤飲誤食、異物閉塞、食道拡張など

【歯科】
歯周病、外歯瘻、乳歯遺残など

【血液・免疫科】
免疫介在性溶血性貧血、多発性関節炎、リウマチなど

【内分泌科】
副腎疾患、甲状腺疾患など

【神経科】
特発性てんかん、椎間板ヘルニア、脳炎など

【眼科】
白内障、緑内障、角膜損傷など

【整形外科】
骨折、膝蓋骨脱臼、股関節脱臼、変形性骨関節症など

【感染症】
フィラリア症、ヘモプラズマ症、猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIP)など

【中毒】
タマネギ、ユリ科植物、チョコレート、キシリトールなど

当院での診断、治療が難しい場合は各科の専門病院との紹介や連携を積極的に行います。
また、他院へのセカンドオピニオンをご希望の場合もご遠慮なくお申し付け下さい。

犬猫別々の待合室・診察室・入院室で安心

【犬・猫で分かれているから安心】
受付に向かって一番左がわんちゃん専用、一番右がねこちゃん専用の診察室です。
他の動物の存在をできるだけ気にせずに診察が進められるように離れています。

入院室も犬と猫で別々のお部屋にケージを設置しており、緊張しやすいねこちゃんができるだけ穏やかに入院できるように音や匂いに配慮しています。

体の大きなわんちゃん用の個室もあり、ご希望があれば緊張しやすい小さなわんちゃんもご利用頂けます。
わんちゃんお預かり時にはドックランでの時間を作るなどのストレスを減らす工夫をしております。

【ねこちゃんがリラックスできる空間作り】
受付に向かって右側に、緊張しやすいねこちゃん専用の待合室がございます。
目隠し用の布をご用意していますのでご自由にお使い下さい。

※国際基準のキャットフレンドリークリニックの取得を目指しております。

※現在のところわんちゃんに対する認証制度はありません。
当院では外待合の設置、保定や採血などの処置時にストレスを減らす工夫、預かり時にドッグランでの時間を作るなど、ドッグフレンドリーな動物病院となるよう心がけています。

シャンプー療法

【専用のお部屋でリラックス】
ドッグバスを設置したシャンプー専用のお部屋で行います。
主に皮膚病のわんちゃんのためにシャンプー療法、薬浴を含むスキンケアを行います。

診察の際に獣医師との相談のもと計画を立て、適宜反応を確認しながら実施します。
必要に応じて飼い主様立ち会いのもとシャンプーを行い、洗い方をお伝えいたします。

●トリミングやねこちゃんのシャンプーは行っておりません。

●お預かりが必要となるため、上記ペットホテルのご案内と同様の予防をお願いいたします。

●料金は犬種、治療プラン、使用薬剤により異なります。
診察時にご相談いたします。

院長紹介

仁位 紀生(にい のりたか)

メッセージ

南町にい動物病院の院長、仁位紀生です。

幼少期から多くの生き物と接して過ごして来ました。
動物と過ごす時間はもちろん、動物がいる事で繋がる多くの人との時間がとても好きでした。

残念ながら動物の言葉は分かりません。
しかし、彼らの痛みや苦しみに寄り添って理解し、ご家族との穏やかな時間のために最善を尽くせる獣医師でいたいと思います。

[略歴]
平成15年
佐賀西高等学校 卒業
広島大学理学部生物科学科 入学

平成18年
広島大学理学部生物科学科 中退
鹿児島大学農学部獣医学科 入学

平成24年
鹿児島大学農学部獣医学科 卒業
獣医師免許 取得

平成24-29年
つくば市の動物病院 勤務 2次診療施設 研修

平成26年
日本獣医がん学会 獣医腫瘍科認定医II種 取得

平成29-31年
一宮市の動物病院及び岐阜市の夜間救急動物病院 勤務
岐阜大学腫瘍科研修獣医師

平成31-令和2年
鹿児島市の動物病院 勤務
鹿児島大学獣医療研修生

令和2年
南町にい動物病院 開院

[所属学会]日本獣医がん学会
[資  格]獣医腫瘍科認定医II種

スタッフ紹介

動物看護士 成冨 茜(なるとみ あかね)

飼い主さまが気軽に相談しやすく、安心して動物を預けることができる環境を作っていきたいです。
身近な存在として気兼ねなく話していただける看護師を目指しています。

実家では、柴犬のマロを飼っています。
お散歩が大好きな男の子です。

動物看護士 宮地 彩華(みやち あやか)

幸せな暮らしのお役に立てるよう努めてまいります。
いろんなお話をするのも好きなので気軽にお声掛けください。

家ではミニチュアダックスフンドのラズちゃんとベリーちゃんと一緒に暮らしています。
2頭ともお散歩大好きなので、いいお散歩スポットがあれば是非教えてください!

動物看護士 藤吉 歩実(ふじよし あゆみ)

動物たちが飼い主様と健康で幸せに暮らせるよう、お手伝いが出来ればと思っております。

家ではコーギーのチップと一緒に暮らしています。
人とお散歩が大好きなので、遊べる施設などがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします!

ペットホテル

病院詳細

病院名
南町にい動物病院
住所
〒830-0051 福岡県久留米市南1丁目24番-10号 (地図)
電話
0942-46-2100 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
皮膚系疾患 内分泌代謝系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:30-09:00-12:3009:00-12:3009:00-13:3009:00-12:3009:00-13:3009:00-13:30
15:30-19:00-15:30-19:0015:30-19:00-15:30-19:00--

※休診日:火曜日、 金曜・日曜・祝日の午後

※わんちゃん、ねこちゃんが診療時間外に体調を崩してしまう場合があります。
可能な限り当院で対応しますが、しばしばお受けできないこともございます。ご理解くださいますようお願い申し上げます。

●救急診療をご希望の場合は、留守番電話に【お名前、診察券番号、動物の状態、ご連絡先】をお入れ下さい。
診察可能な場合は10分以内に折り返しいたします。

●折り返しのがない場合は、福岡夜間救急病院(21時〜翌朝5時 092-504-8999)にお問い合わせ下さい。

●時間外診察料が診察料に追加でかかります。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://nii-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒830-0051 福岡県久留米市南1丁目24番-10号

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の顔面神経麻痺の治療~鍼灸治療による麻痺の改善~ NEW

    長野県軽井沢駅から車で20分の「西軽井沢どんぐり動物病院」は鍼灸治療を取り入れている病院だ。犬の顔面神経麻痺は投薬による治療法がない病気だが、鍼灸治療により改善が見込めるという。岩切久弥院長に、顔面神経麻痺やヘルニアの治療について伺った。

    • 西軽井沢どんぐり動物病院
    • 岩切 久弥院長
  • 犬アトピー性皮膚炎の診断と減感作療法 NEW

    横浜市中区の「横浜山手犬猫医療センター」は、総合診療医がそれぞれの専門分野の認定医資格を持って診療を行っている。犬アトピー性皮膚炎の治療には減感作療法が有効であるという。上田一徳院長に、犬アトピー性皮膚炎の診断や減感作療法について伺った。

    • 横浜山手犬猫医療センター
    • 上田 一徳院長
  • 猫に優しい動物病院です。本院との連携で夜間救急も対応

    JR荻窪駅から徒歩7分の「グラース猫の病院」は、キャットフレンドリークリニックのゴールド認定を取得している、猫専門の動物病院だ。副院長の福田あゆみ先生に、病院の特徴や、本院である「グラース動物病院」との連携、猫の病気について伺った。

    • グラース猫の病院
    • 福田 あゆみ副院長
  • 「てんかん」MRI検査と最新のアプローチ

    浜松市東区「かば動物クリニック」はMRIとCTを完備し、てんかんや椎間板ヘルニアなど脳・神経系疾患の診療を得意としている。犬猫でのてんかんの発症率は人と比較して高頻度で、身近な病気であるという。國谷貴司先生にてんかんの診療について伺った。

    • かば動物クリニック
    • 國谷貴司院長
  • 話を聞くことからはじまる診察、心に寄り添う動物病院を目指して

    相模原市中央区の「かやま動物病院」は、2017年に開院した一次診療の動物病院だ。「飼い主に説明をして理解をしてもらうことが獣医の仕事」と話す鹿山航院長、鹿山真里先生に、診療に対しての思いや今後の展望についてお話を伺った。

    • かやま動物病院
    • 鹿山 航院長
    • 鹿山 真里獣医師
ページトップへ