奈良崎動物医療センターの評判・口コミ - 熊本県天草市【カルーペット】

奈良崎動物医療センター
0969-22-2254
ならさきどうぶついりょうせんたー

奈良崎動物医療センター

アクセス数: 3,287 [1ヶ月: 98 | 前期間: 71 ]
所在地
天草市 本渡町広瀬
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
天草市にある『奈良崎動物医療センター』、避妊去勢手術・各種予防、ペットホテル・トリミング完備、土曜も診療
天草市にある『奈良崎動物医療センター』は、避妊去勢手術・各種予防を行っております。

電話での予約は、8:30からになり、平日の診療時間は18時までで土曜日の診療時間は13時半までです。

手術中の場合もある為、電話予約されてからのご来院をお勧めしています。

1.避妊・去勢手術
6ヶ月齢前後での避妊・去勢手術をお勧めしています。
術前から2種類の鎮痛剤を使い、麻酔の覚醒後もなるべく痛みが出ないようにしています。また、縫合糸反応性肉芽腫を予防する為、ソノサージ(超音波メス)を使用しています。

2.超音波手術システムSonoSurg(超音波メス)
避妊手術などでは吸収糸を使っていましたが、2010年からソノサージを用いて血管をシーリングする事で、腹腔内に縫合糸を使わない手術方法に変更しました。

お困りのことがありましたら、いつでもご相談ください。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

避妊・去勢手術

6ヶ月齢前後での避妊・去勢手術をお勧めしています。

術前から2種類の鎮痛剤を使い、麻酔の覚醒後もなるべく痛みが出ないようにしています。また、縫合糸反応性肉芽腫を予防する為、ソノサージ(超音波メス)を使用しています。

早期に手術をするメリットとしては、乳腺腫瘍の予防や性ホルモンに起因する問題行動(放浪、マーキング、攻撃行動など)の減少などがあります。

デメリットは、太りやすくなるなどがあります。手術そのものが動物を太らせるのではありませんが、性的なストレスから解放されるため発情行動やそれに伴う縄張りの巡回・興奮が減少するなどの結果、消費カロリーが15〜25%減少すると言われています。

超音波手術システムSonoSurg(超音波メス)

手術時に使用する縫合糸が原因で起こる『縫合糸反応性肉芽腫』が、学会などで度々報告されるようになってきました。

そのため以前は、避妊手術などでは吸収糸を使っていましたが、2010年からソノサージを用いて血管をシーリングする事で、腹腔内に縫合糸を使わない手術方法に変更しました。

院長紹介

奈良﨑 和孝

メッセージ

当院ではHuman Animal Bondを柱に、人とコンパニオンアニマルである動物たちが、同じように健康で幸せに生活出来るように心がけ、診療を行っています。また、そのためのしつけや食事・予防などについてもアドバイスしています。

院長経歴
日本大学 農獣医学部 獣医学科 卒業
福岡動物医療センター 勤務
奈良﨑獣医科病院 勤務
所属
日本動物病院協会
動物臨床医学会
獣医麻酔外科学会
熊本県獣医師会
鹿児島小動物臨床フォーラム

トリミング

病院詳細

病院名
奈良崎動物医療センター
住所
〒863-0001 熊本県天草市本渡町広瀬133-5 (地図)
電話
0969-22-2254 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-13:30--
14:00-18:0014:00-18:0014:00-18:0014:00-18:0014:00-18:00---

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://narasaki-animal.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒863-0001 熊本県天草市本渡町広瀬133-5

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 根拠のある診断と負担の少ない手術で、飼い主様に納得と安心を NEW

    大阪市天王寺区の「上本町どうぶつ病院」は、負担の少ない手術や糸を使わない手術など、早期回復を実現する手術を多数手がける動物病院。徹底した検査によって根拠に基づいた医療を実践する中西崇之院長に、診療への想いや手術の工夫について伺った。

    • 上本町どうぶつ病院
    • 中西 崇之院長
  • 病気の予防を重視する0.5次診療と、皮膚の健康を保つトリミング NEW

    札幌市白石区「アイリス犬猫病院」は、予防医学に注力、トリミングサロンも併設している。院長の中村匡佑先生に、病気を予防するための「0.5次診療」と、医学的見地に基づいた「メディカルトリミング」への取り組みについて伺った。

    • アイリス犬猫病院
    • 中村 匡佑院長
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
  • 犬にも猫にも快適な空間を実現、うさぎの診療や腫瘍科に注力

    八千代市と船橋市の境にある「はる動物病院」は、猫と大型犬にも優しい待合室が特徴のクリニックで、うさぎの診療や手術が得意なことでも知られている。腫瘍科認定医を取得している瀧口晴嵩院長に、同院の方針や診療の際の心がけについて伺った。

    • はる動物病院
    • 瀧口 晴嵩院長
ページトップへ