愛知動物外科病院の評判・口コミ - 愛知県岡崎市【カルーペット】

愛知動物外科病院
0564-20-8748
新規開院!2021年9月5日開院
あいちどうぶつげかびょういん

愛知動物外科病院

アクセス数: 452 [1ヶ月: 108 | 前期間: 185 ]
所在地
岡崎市 上地
診察動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
脳・神経系疾患 整形外科系疾患 腫瘍・がん
岡崎市にCTを完備した外科専門病院です。犬・猫を対象に整形外科、脊椎・脊髄外科、腫瘍科、軟部外科を診察します。夜間診療(要電話)23時まで。土日祝日も診療、駐車場5台完備
岡崎市の『愛知動物外科病院』は、犬・猫を対象に一般的な動物病院と異なり、骨折やヘルニアなどをはじめとした手術を中心とした治療を専門的に行っていく病院となります。
CT検査装置を完備し、高度獣医療、ゴールドスタンダードな獣医療の提供を行ってまいります。

完全予約制のため、まずはお電話にてご予約下さい。(急患の場合はその限りではございませんので、お電話にてお問合せ下さい)

当院ではワクチン、フィラリア、ノミ・ダニの駆虫といった予防関係や、予防のための避妊・去勢手術、健康診断は行っておりません。


1.整形外科、脊椎・脊髄外科
原理原則に従いロッキング・プレートなどの固定法を導入して、良好な骨癒合を目指します。
椎間板ヘルニアにおいては緊急疾患となりますので、必要な場合は早急にCT検査を実施し、手術に対応いたします。手術後もリハビリ専門のアドバイザーと相談し、適切なリハビリを指導いたします。

2.腫瘍科
手術だけでなく、抗がん剤、放射線療法(他施設)、分子標的薬療法を用い、その子その子にとって最良と考えられる治療は何なのか、飼い主様とともに考え、実施していきます。

3.軟部外科
会陰ヘルニア、尿管結石を始めとした結石症、異物、外傷、門脈シャントなど、様々なケースに対応いたします。

椎間板ヘルニア手術後をはじめ、リハビリが必要な動物に対して、効率的なリハビリを指導いたします。
リハビリ専門のアドバイザーと相談し指導することもできますので、お気軽にご相談下さい。

当院は二次病院としての役割も担っていきます。紹介いただいた場合は、かかりつけ医様と連携を取り、飼い主様、かかりつけ医様、当院の三者で大切な家族の治療にあたっていきたいと考えております。

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

整形外科・脊椎・脊髄外科

◆骨折
骨折の治療目的は、適切な整復固定により骨折の治癒促進がなされること、周囲の軟部組織や骨自体の治癒により疼痛が消失すること、見た目の改善となります。そのためには骨癒合までの間、動きに耐えて初期固定を維持できる安定した固定法が求められます。原理原則に従いロッキング・プレートなどの固定法を導入して、良好な骨癒合を目指します。

◆椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアとは、椎体と椎体の間にあるクッションである椎間板が、破裂し中身の椎間板物質の逸脱や、椎間板の突出により脊柱管内の脊髄が圧迫され神経傷害を起こす緊急性のある疾患です。歩けなくなり、さらに深部の痛覚を失ってしまうと回復率が下がります。早期の治療が大切になります。

◆前十字靭帯断裂
膝関節内の前十字靭帯が、外傷または変性により損傷してしまう病態を示します。脛骨の前方変位や内旋の制御ができなくなり疼痛を示します。現在は小型犬から大型犬までTPLO(Tibial Plateau Leveling Osteotomy)という前方への変位を制御することで疼痛を抑えることができ、術後合併症も少ない安定性が高い術式を採用しております。

腫瘍科

◆腫瘍
動物の寿命が伸びていることで、死因として増加しているのは腫瘍疾患です。腫瘍と一言で示していますが種類によって良性もあれば悪性もありますし、その中でも多様な挙動をとります。手術だけでなく、抗がん剤、放射線療法(他施設)、分子標的薬療法を用い、その子その子にとって最良と考えられる治療は何なのか、飼い主様とともに考え、実施していきます。

軟部外科

◆異物・誤食
食道内は内視鏡によって摘出を試みますが、穿孔がある場合などは早急な外科的処置が必要です。また食道内にあっても胃に押し込んで胃切開を必要とする場合もあります。胃内異物は胃炎や幽門の通過障害などを引き起こし、胃を越えて小腸で閉塞を起こすこともあります。紐状の異物の場合は、腸管が広範囲に損傷してしまう場合もあります。いずれにしても犬や猫で生じ、早急な対応が必要となります。

◆尿管結石
治療が遅れてしまえば死に至る病気です。腎臓は2つあり一方だけの障害の場合は、軽微な症状で気づけないことがあります。もう1方の腎臓も機能障害を生じてしまう場合は重篤な状態となります。早期に状態を安定化させ閉塞を解除する外科的処置が必要となります。

◆会陰ヘルニア
排便障害が生じ、慢性化すると、外科的整復後、直腸脱を起こすこともあります。会陰ヘルニアの原因には性ホルモンの関与が主に考えられており、未去勢のオスで発生が多い疾患です。人工材料に頼らない術式で実施します。

院長紹介

丹羽 昭博

メッセージ

こんにちは。生まれ育った三河の地で「愛知動物外科病院」を開業させていただきました。

当院は、動物外科病院と馴染みの薄い名前を標榜しています。一般的な動物病院と異なり、骨折やヘルニアなどをはじめとした手術を中心とした治療を専門的に行っていく病院となります。

私は大学時代に外科医になることを志しました。学生時代から外科だけでなく各分野との関連を理解する必要性を感じ、獣医学部卒業後、まずジェネラルな病院、そして大学病院内科で研修を受け基礎を構築しました。その後、母校の大学病院で腫瘍・軟部外科の研修医、助手を経て、整形神経専門病院で勤務医として外科の研修を受け、日本獣医麻酔外科学会の小動物外科専門レジデント課程を修了しました。

現代では、言葉を話せない動物はペットではなく、家族の一員、もしくはそれ以上の存在として迎え入れられております。そんな存在の動物たちを病気や怪我の苦痛から開放させてあげることを我々の任務と考え、診察を行っていきます。何がその子達にとって一番いい選択になるのか、飼い主様には分かりやすい説明を大切にし、共に考え、納得していただいた上で治療を行っていきたいと思います。

病院詳細

病院名
愛知動物外科病院
住所
〒444-0823 愛知県岡崎市上地2丁目17-1 (地図)
電話
0564-20-8748 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
脳・神経系疾患 整形外科系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:30-12:3009:30-12:3009:30-12:3009:30-12:30-09:30-12:3009:30-12:3009:30-12:30
21:00-23:00-21:00-23:0021:00-23:00-21:00-23:0021:00-23:0021:00-23:00

※緊急の場合は21:00〜23:30まで夜間診療として診察致します。必要な場合は必ず電話連絡をお願いします。 ※火曜日、金曜日は夜間診療致しませんのでご承知下さい。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://animal-surgery.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒444-0823 愛知県岡崎市上地2丁目17-1

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主様との会話を大切に、本当に必要な検査と治療を提案する NEW

    市川市の「あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital」は2021年11月に開院。猫専用の待合室があり、夜間救急診療にも対応。飼い主と一緒に治療を考える事を大切にしている。髙橋一馬院長、髙橋亜樹子副院長に同院の特徴を伺った。

    • あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital
    • 髙橋 一馬院長
    • 髙橋 亜樹子副院長
  • 通常の診療から高度医療まで。かかりつけ医が24時間365日対応

    足立区、環状七号線沿いの「東京サンライズアニマルケアセンター」は、24時間年中無休で診療を行っている。「いつでも行けて気軽に頼れる。そんなかかりつけの動物病院を目指す」と語る原田宗範院長と妻の友美先生に話を伺った。

    • 東京サンライズアニマルケアセンター
    • 原田 宗範院長
    • 原田 友美先生
  • 家族の声を聞く、地域に根差した生涯のかかりつけ医でありたい

    杉並区桃井「荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック」は2020年に開院。一般診療に加え、院長の循環器診療をはじめ、さまざまな専門診療を行っている。家庭ごとの最善の医療の提供を心がける木﨑皓太院長に診療への思いと心臓病について伺った。

    • 荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック
    • 木﨑 皓太院長
  • 「てんかん」MRI検査と最新のアプローチ

    浜松市東区「かば動物クリニック」はMRIとCTを完備し、てんかんや椎間板ヘルニアなど脳・神経系疾患の診療を得意としている。犬猫でのてんかんの発症率は人と比較して高頻度で、身近な病気であるという。國谷貴司先生にてんかんの診療について伺った。

    • かば動物クリニック
    • 國谷貴司院長
  • 犬猫の折れた歯を保存する、破折の治療について

    安城市にある「パーク動物病院」は歯科治療に力を入れている病院だ。犬は硬い物を噛んで、猫は着地の失敗が原因で歯を折ってしまうことが多いという。安易な抜歯をせずに歯を残す治療に取り組む、副院長の奥村聡基先生に、歯の保存について伺った。

    • パーク動物病院
    • 奥村 聡基先生