クオーレ動物病院の評判・口コミ - 大阪府大阪市大正区【カルーペット】

クオーレ動物病院
くおーれどうぶつびょういん

クオーレ動物病院

アクセス数: 7,554 [1ヶ月: 319 | 前期間: 323 ]
所在地
大阪市大正区 小林東
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
大正区のIKEAの近く。犬、猫、うさぎ、フェレット、ハムスター、小鳥に対応。平日・土曜19時まで、日祝も13時まで診療。無料駐車場2台完備。
「クオーレ動物病院」は、大正区のIKEAの近くにございます動物病院です。

犬、猫、うさぎ、フェレット、ハムスター、小鳥に対応しており、誰でも何でも気軽に相談できる、地域の「かかりつけ医」として動物たちの健康を守ります。

院長はこれまでに、一般的な診療からCTを駆使した高度医療まで幅広く経験しています。安心・安全に麻酔を行うために、小児科でも採用されている最新の麻酔器を導入していますので安心しておまかせください。

平日・土曜19時まで、日祝も13時まで診療をおこなっておりますので、飼い主様のお仕事帰りやお休みの日などにお越し頂けます。

1)ペットドック(健康診断)
「簡単コース」「標準コース」「フルコース」の3つのコースをご用意しています。年齢などに応じて、最適なコースをおすすめさせていただきます。

2)歯の治療
歯の治療を通じて動物の健康を守ります!歯をきちんとケアすることは、QOLだけでなく、全身の健康を守ることにも繋がります。

3)うさぎの治療
うさぎは具合が悪くなっても症状を隠そうとします。食欲低下などの場合、重篤な症状が起こっている可能性がありますので、すぐにご相談ください。

無料駐車場2台ご用意しておりますので、お車でお越しの際はご利用ください。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

ペットドック(健康診断)

大切なご家族であるワンちゃん・ネコちゃんの健康寿命を伸ばし、飼い主様といつまでも充実したペットライフを送ってもらうために、「ペットドック(健康診断)」を行っています。

ワンちゃん・ネコちゃんは7歳以降からシニア期に入りますが、それまでは年に1回の受診、それ以降は半年に1回の受診をおすすめします。

人間よりも5~6倍程度の速さで年齢をとるため、たった1年でもお体の状態が変化することがあります。
その変化を見逃さないためには、定期的に健康診断を受けることが大事です。

定期的に健康診断を受けることで、早期に病気が発見でき、負担の少ない治療で改善することが可能となります。

「簡単コース」「標準コース」「フルコース」の3つのコースをご用意しています。

ワンちゃん・ネコちゃんの年齢などに応じて、最適なコースをおすすめさせていただきます。

歯の治療

・お口が臭う
・以前とごはんの食べ方が変わった
・食欲が低下した
・歯茎が腫れている
・顔が腫れている
・よくくしゃみをする
など

ワンちゃん・ネコちゃんでこのような症状が見られる時には、お口の中で歯周病などの病気が起こっているかもしれません。

◆治療法
歯周病の主な原因は歯垢や歯石などの汚れですので、これらを取り除かないと根本的な改善は望めません。

当院では、「スケーラー」と呼ばれる器具を使って、スケーリング(歯石除去)を行います。

歯を360度、きれいに磨き、目に見えない歯と歯の間の歯石も除去します。
全身麻酔をかけて安全に行うため、3歳以上の子は、まず血液検査で健康チェックをさせていただきます。

できる限り歯の温存をはかりますが、歯が症状の原因となっていたり、まわりの歯の悪影響をおよぼしていたりする場合には、抜歯を検討します。

当院は抜歯経験が豊富ですので、安心してお任せください。

うさぎの治療

うさぎは自然界では被捕食者にあたりますので、通常、具合が悪くなっても症状を隠そうとします。

なので、食欲低下などの症状をみせるということは、重篤な症状が起こっているサインの可能性がありますので、「そのうち食べるようになるだろう」と放っておかずに、すぐにご連絡ください。

<よくある病気>
◆うっ滞
食欲不振、歯ぎしりをする、下痢、便が小さい・形がいびつ、便が少ない・ない  など

◆不正咬合
うさぎの歯は一生伸び続けるのですが、噛み合わせが悪くなったり、歯が異常な方向に伸びたりすることで、口の中を傷つけてしまう場合があります。

そのほか、ごはんが食べにくくなって、生活の質に影響することもあります。
うさぎの性格や症状に応じて、麻酔の実施を判断して、歯科処置で改善をはかります。

◆スナッフル
病気が進行すると肺炎を引き起こしたり、胸に膿が溜まって呼吸困難になったりする場合がありますので、注意が必要です。

◆毛球症
飲み込んだものを吐き出すことができず、さらに胃から十二指腸への出口が小さいため、毛球症になりやすいとされています。

院長紹介

金谷 剛志

メッセージ

2017年1月より「しんき動物病院」を引き継ぎ、誰でも何でも気軽に相談できる地域の「かかりつけ医」として、動物たちの健康を守り続けてきました。

今後も、地域の皆様から愛されるアットホームな動物病院であり続けたいと思います。

当院の名称である「クオーレ」には、2つの“想い”が込められています。

1つは、「Quality Of Life」の略である「QOL」をカタカナ読みすることで、動物たちの生活の質の維持・向上に貢献したいという想い。

もう1つは、「クオーレ」はイタリア語で「心」という意味なので、心のこもった動物医療を提供したいという想い。

この「クオーレ」には、こうした自分自身の獣医師としてのポリシーや、スタンスが込められています。

この名称の通り、心のこもった動物医療をご提供して、大切なご家族であり、子供である動物たちの「Quality Of Life(生活の質)」の向上を目指します。

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
クオーレ動物病院
住所
〒551-0011 大阪府大阪市大正区小林東3丁目15-13 ドエル大正1F (地図)
電話
06-6556-5191 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
10:00-13:00-10:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:00
16:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※休診日:火曜日・日祝午後 ※救急・夜間については、できる限り対応いしますのでまずはお電話でお問い合わせください。繋がらないときは、大阪どうぶつ夜間急病センター(06-4259-1212)へご連絡ください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://shinki-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒551-0011 大阪府大阪市大正区小林東3丁目15-13 ドエル大正1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 椎間板ヘルニアの診断から治療・リハビリまで NEW

    杉並区上高井戸にある「エルムス動物医療センター八幡山院」はCT・MRIを備え、高度な整形外科治療を行っている。特に椎間板ヘルニアの治療に強みを持つという。センター長である高瀬雅行先生に、椎間板ヘルニアの診断・治療・リハビリについて伺った。

    • エルムス動物医療センター八幡山院
    • 高瀬雅行センター長
  • 仙台のホームドクター、女性獣医師だからできる親しみやすい診察

    仙台市泉区の「にきどうぶつ病院」は、腫瘍科や皮膚科に力を入れている病院だ。女性獣医師の院長が診察中には雑談も交えながら、飼い主が話しやすい雰囲気を作ることを心がけている。仁木礼子院長に開院に至るまでの思いや、日常の診療についてお話を伺った。

    • にきどうぶつ病院
    • 仁木 礼子院長
  • 3院の連携で一次診療から高度医療まで地域の動物医療に広く貢献

    豊田市の『ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター』は専門的な医療設備を備え、地域の基幹病院として幅広い症例に対して高度な医療を提供している。院長の青島大吾先生に、分院も含めた3院の特徴と腫瘍治療への取り組みについて伺った。

    • ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター
    • 青島 大吾院長
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
  • 画像診断を活用して正確な診断を行うことで最適な治療法を提案

    日吉駅の『カトウ獣医科クリニック』。獣医師の加藤直之院長は画像診断を活用することで、動物たちの不調に関する原因を根本から探り、適切な治療を提案しています。勘や経験だけに頼らず、しっかりとした画像診断にこだわるクリニックの特徴や加藤院長の想いを伺いました。

    • カトウ獣医科クリニック
    • 加藤 直之院長
ページトップへ