日光どうぶつ病院の評判・口コミ - 栃木県日光市【Calooペット】

にっこうどうぶつびょういん

日光どうぶつ病院

3.44
アクセス数: 16,527 [5月: 152 | 4月: 89 ]
所在地
日光市 今市
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター

日光どうぶつ病院の運営者様は、病院情報を編集することができます。 詳しくはこちら

病院詳細

病院名
日光どうぶつ病院
住所
〒321-1261 栃木県日光市今市80-6 (Googleマップを見る)
電話
0288-22-0015 ※お問い合わせの際は、「Calooペット(カルーペット)を見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
診察時間
 
08:30-11:3008:30-11:3008:30-11:30-08:30-11:3008:30-11:30--
15:00-17:0015:00-17:00--15:00-17:00---

※休診:木曜・日曜

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

日光どうぶつ病院の運営者様は、病院情報を編集することができます。 詳しくはこちら

この動物病院の口コミ(1件)

22人中 19人が、 この口コミが参考になったと投票しています
日光どうぶつ病院への口コミ
大変親切に対応してもらいました。 イヌ 投稿者: なつきママ さん
5.0
来院時期: 2014年01月 投稿時期: 2014年03月
7歳になるフレンチブル(メス)が大量に水を飲み、急激に痩せた為来院しました。
当日に電話を入れ、詳しい病状を説明すると準備しておきますのですぐに来てくださいと言って頂けました。
到着後、待ち時間も無くすぐに診察室へ通され、詳しく検査した結果子宮蓄膿症の可能性が高いと診断されました。
すぐに手術...
続きを読む
動物の種類 イヌ《純血》 (フレンチ・ブルドッグ) 来院目的 入院
予約の有無 なし 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 3分〜5分 診察時間
診察領域 生殖器系疾患 症状 水を大量に飲む
病名 子宮蓄膿症 ペット保険
料金 75000円 来院理由 元々通っていた
口コミを投稿する

口コミを書いて3,000pt(300円相当)をゲットしよう!

口コミ投稿について詳しくはこちら

近くの病院

ひなた動物病院

3.59  【口コミ 2件】
栃木県日光市土沢1441-6
イヌ ネコ ウサギ

とちの木どうぶつ病院

 【口コミ 0件】
栃木県日光市荊沢字上原597-102
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット

ドクターズインタビュー記事

  • 犬と猫のデンタルケア、歯周病の治療と自宅でのケア

    港南台駅10分の「おかの動物病院」は、歯科口腔外科に力を入れている。歯科治療では抜歯だけではなく、歯の温存やクリーニングも実施。横浜市内でただ一人の「ヨーロッパ小動物歯科認定医」である岡野公禎院長に歯周病治療やデンタルケアについて伺った。

    • おかの動物病院 横浜どうぶつ歯科
    • 岡野 公禎院長
  • 家族の不安を解消する総合診療。大学病院の経験で地域に貢献

    呉市広駅から車で10分にある「ひろ中央動物病院」は、2019年2月に開院した新しい病院だ。玉原智史院長は東京大学で教員として診察、研究に関わってきた内科のスペシャリスト。玉原院長に診療に対しての思いや総合診療科としての治療について伺った。

    • ひろ中央動物病院
    • 玉原 智史院長
  • 予防医療から専門診療まで、家族と動物をつなぐホームドクター

    大和市の中央林間にある「アイビーペットクリニック」は、一般診療と専門診療に対応する病院だ。宮澤裕院長が腫瘍科、宮澤京子副院長が皮膚科を担当。「気兼ねなく話せる関係を大切にしている」と話す宮澤先生夫婦に、病院移転や診療への思いについて伺った。

    • アイビーペットクリニック
    • 宮澤 裕院長
    • 宮澤 京子副院長
  • 「栃木に高度医療を提供する」70年の歴史を継ぐ3代目の決意

    益子町の伏見動物病院は、北関東では数少ない前十字靭帯断裂の最新治療(TPLO、TTA、CBLO)を行う病院。整形外科と眼科では専門診療を実施、総合病院の役割も果たす。整形外科が専門の伏見寿彦先生に病院の特徴や痛みの少ない治療について伺った。

    • 伏見動物病院
    • 伏見 寿彦先生
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療方法を広め、多くの猫を救いたい

    千葉県佐倉市の「ユーミーどうぶつ病院」は、これまで不治の病とされてきた「猫伝染性腹膜炎(FIP)」の治療に注力している。院長の佐瀬興洋先生に、FIPの特徴や検査・診断方法、受診のタイミング、治療法等についてお話を伺った。

    • ユーミーどうぶつ病院
    • 佐瀬 興洋院長
アポクル予約ペット 動物病院予約システム