杉谷獣医科病院の評判・口コミ - 長崎県佐世保市【カルーペット】

杉谷獣医科病院

2.51
アクセス数: 3,043 [1ヶ月: 69 | 前期間: 49 ]
所在地
佐世保市 若葉町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥

杉谷獣医科病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

病院詳細

病院名
杉谷獣医科病院
住所
〒857-0833 長崎県佐世保市若葉町1-11 (Googleマップを見る)
電話
0956-33-2880 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
診察時間
 
09:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:00--
13:00-18:0013:00-18:0013:00-18:0013:00-18:0013:00-18:0013:00-18:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

杉谷獣医科病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

口コミ

1件中 1件を表示(すべて見る

2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています
杉谷獣医科病院への口コミ
投稿者: JCLファミリー さん
1.0
来院時期: 2021年04月 投稿時期: 2021年08月
高齢の院長先生御夫妻があけていらっしゃる病院です。診療時間が他の病院と異なりたまたま空いていたのでお伺いしました。電話での対応の時点でちょっと大丈夫かな…と感じましたが、空いている病院がなく行きました。着いてびっくりの悪臭。駆け込んでもまだ院長先生は入り口でパソコンでテレビをみられていました。奥様がバタバタと診察台へ用意して下さいましたが先生は動かず。もうダメばいとかちょっと無理かなとかそんな感じでなかなか処置の判断もできず、せめて安定薬安楽薬痛み止めの催促を何度も何度もして、やっと処置に入られましたがこれがまたスローモーションで進まずおくさんが出してきた注射器は巨大なガラス製。
明らかに大きすぎる注射針 血管を探せずバリカンで刈り始めたもののあまりの古さに毛が切れない。 奥様がもっと右もっと右と横で声をかけて 3度の刺し直し。
苦しみでのたうちまわる子をみんなで押さえつけ、注射針がさせるまでに30分以上かかりました。
血栓性静脈炎で苦しみ 処置も遅く、薬も道具も乏しく 亡くなりました。 
優しい御夫妻ではありますが、もうあれではいけないなとかんじました。

動物の種類 イヌ《純血》 (チワワ) 来院目的 通院
予約の有無 なし 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 5分〜10分 診察時間 30分〜1時間
診察領域 循環器系疾患 症状 頭を振る
病名 血栓 ペット保険
料金 29800円 来院理由 Webで知った (当サイト以外)
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ

1件中 1件を表示(すべて見る

近くの病院

やまもと犬猫病院

4.26点  【口コミ 4件】
長崎県佐世保市稲荷町165-28
イヌ ネコ

ひなた動物病院

3.86点  【口コミ 7件】
長崎県佐世保市大和町386-1
イヌ ネコ

まつお動物病院

2.89点  【口コミ 1件】
長崎県佐世保市勝富町11-8
イヌ ネコ ウサギ 鳥

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主様との会話を大切に、本当に必要な検査と治療を提案する NEW

    市川市の「あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital」は2021年11月に開院。猫専用の待合室があり、夜間救急診療にも対応。飼い主と一緒に治療を考える事を大切にしている。髙橋一馬院長、髙橋亜樹子副院長に同院の特徴を伺った。

    • あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital
    • 髙橋 一馬院長
    • 髙橋 亜樹子副院長
  • 椎間板ヘルニアの診断から治療・リハビリまで

    杉並区上高井戸にある「エルムス動物医療センター八幡山院」はCT・MRIを備え、高度な整形外科治療を行っている。特に椎間板ヘルニアの治療に強みを持つという。センター長である高瀬雅行先生に、椎間板ヘルニアの診断・治療・リハビリについて伺った。

    • エルムス動物医療センター八幡山院
    • 高瀬雅行センター長
  • 短頭種気道症候群の治療、外鼻孔狭窄と軟口蓋過長症の手術

    長岡京市にある「乙訓どうぶつ病院」は呼吸器疾患の治療に力を入れている。パグやフレンチブルドッグに好発する短頭種気道症候群は、年齢を重ねるごとに進行する病気である。中森正也院長に、短頭種気道症候群や外鼻孔狭窄、軟口蓋過長の手術について伺った。

    • 乙訓どうぶつ病院
    • 中森 正也院長
  • 飼い主さんとの対話を大切に、家族目線で医療を提供したい

    川崎市中原区の「めい動物病院」は、犬猫の一般診療を中心に循環器科や皮膚科、眼科の専門外来を受け入れている。「家族の一員だと思って、なんでも聞いてほしい」と話す竹内潤一郎先生に、専門である循環器診療や診察に対しての思いを伺った。

    • めい動物病院
    • 竹内 潤一郎院長
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
アポクル予約ペット 動物病院予約システム