犬と猫の病院ぴーすの評判・口コミ - 東京都板橋区【カルーペット】

犬と猫の病院ぴーす
03-3955-8611
いぬとねこのびょういんぴーす

犬と猫の病院ぴーす

アクセス数: 1,251 [1ヶ月: 30 | 前期間: 26 ]
所在地 :
板橋区 大谷口北町
診察動物:
イヌ ネコ
決して妥協せず、ごまかさず、真摯に取り組みます。
ジグソーパズルはピースがひとつでも欠けると完成しません。
家族の一員であり幸せの一因でもある動物達はまさにピースだと思います。
そんなかけがえのない存在と一緒に過ごす時間や家族一人ひとりの笑顔を
守っていけるよう、動物病院の名前を"ぴーす"と名付けました。

どの動物病院へ通院するかを選択されることは勇気の要ることかもしれません。
獣医師の技術・知識はもちろんのこと、スタッフの対応、動物たちや飼い主さんとの相性など、いろいろな要因があるため“良い動物病院”は各ご家族によって違って当然だと思います。
たくさん悩んで、動物たちにとって一番の“かかりつけ病院”を選ばれてください。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

まだ口コミは書かれていません

院長紹介

工藤 直

メッセージ

当院は、動物たちの喜びや苦しみ・飼い主さんの思いや悩みを大切にしていきます。
決して妥協せず、ごまかさず、真摯に取り組むことを約束致します。

辛さ・苦しさ・悲しさは当院のスタッフも共に背負います。
楽しさ・嬉しさ・喜びは一緒に共有させてください。

◎動物たち・飼い主さんとの約束
・処置・検査・治療など何事に対しても誠意を持って取り組みます
・慢心せず、知識・技術の向上に努めます
・未来を見据え、生涯に寄り添う診療をします

◎飼い主さんへのお願い
・努力と無理
 努力をお願いすることはありますが、無理はなさらないでください。
・優しさと甘さ
 優しさはどれだけ大きくても構いません。
 甘さは適度にしてくださいね。
・信頼と依存
 僕たちと飼い主さんとの信頼関係はもちろん重要ですが、依存し過ぎずにご意見・ご希望はおっしゃってください。
 飼い主さんと動物たちの関係も、依存ではなく信頼です。

病院詳細

病院名
犬と猫の病院ぴーす
住所
〒173-0031 東京都板橋区大谷口北町75-6 1F (地図)
電話
03-3955-8611 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察時間
 
09:00-13:0009:00-13:00-09:00-13:0009:00-13:0009:00-13:00-09:00-13:00
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:00---

※水曜日は手術・検査日となります。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://piece-vet.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒173-0031 東京都板橋区大谷口北町75-6 1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
  • ペットの幸せと健康を見守り続ける八尾のホームドクター

    八尾市久宝寺口のダクタリ動物病院八尾の特徴や院長の獣医としてのこだわりをご紹介。ペットのからだと心の健康を考えた医療のあり方、ペットの予防医学の重要性などをインタビュー。ペットの幸せを第一に考えた三笠院長の熱い思いを綴る。

    • ダクタリ動物病院 八尾
    • 三笠 直也院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
ページトップへ