相模原プリモ動物医療センター第2病院の評判・口コミ - 神奈川県相模原市中央区【カルーペット】

相模原プリモ動物医療センター第2病院
042-851-3761
さがみはらぷりもどうぶついりょうせんたーだい2びょういん

相模原プリモ動物医療センター第2病院

アクセス数: 2,349 [1ヶ月: 213 | 前期間: 231 ]
所在地
相模原市中央区 中央
診察動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
整形外科系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 けが・その他
相模原プリモ動物医療センター第2病院。整形外科に力を入れ診療を行っています。年中無休。毎日19時まで診療。無料駐車場20台完備。
一般診療、救急・急患、特殊外科をおこなうプリモ動物医療センターの第2病院が、2018年12月に開院いたしました。

年中無休で、休まず19時まで診療をおこなっておりますので、飼い主様のお仕事帰りやお休みの日などに通院いただけます。

1)診療科目
一般診療、内科、一般外科、整形外科、定期健康診断、予防サポートに対応します。

2)整形外科に特化
日本大学の研修医として整形外科に精通してきた今井院長を中心に、犬や猫の骨折・靭帯損傷・関節疾患など、特殊な技術と機材が必要となる治療についても、特に力を入れ診療を行っております。

3)椎間板ヘルニアの治療
椎間板ヘルニアは緊急疾患です!当院では、緊急と判断されれば、その日のうちに手術をすることも可能です。

無料駐車場を20台ご用意しておりますので、お車でお越しの際はご利用ください。
ペット保険の体験談・口コミ

ドクターズインタビュー

今井 巡 院長
頼れる獣医が教える治療法 vol.027

豊富な経験を活かして犬の膝関節脱臼を治療

整形外科系疾患

高度な外科手術に必要な設備を導入、麻酔科では痛みのコントールにも対応

相模原市中央区、市役所近くの「相模原プリモ動物医療センター第2病院」は、ハイレベルな設備を備えた手術室を持つ動物病院だ。豊富な整形外科手術の経験を持つ今井巡院長に、病院の特徴と犬の膝関節脱臼(パテラ)治療について伺った。 もっと読む

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

診療科目

・一般診療
・内科
・一般外科
・整形外科
・定期健康診断
・予防サポート

整形外科に特化

日本大学の研修医として整形外科に精通してきた今井院長を中心に、犬や猫の骨折・靭帯損傷・関節疾患など、特殊な技術と機材が必要となる治療についても、特に力を入れ診療を行っております。

◆主な症状と治療
・骨折
特殊な器具と精度の高いインプラント、熟練した手術チームが必要となります。
当院では、年齢や骨折部位、骨折の種類に応じ、最適な方法で治療を行います。

・膝蓋骨脱臼
その子の年齢や症状、脱臼の程度、飼い主様の意向により、内科療法または外科療法を選択します。
外科療法においては様々な手術手技から、より最適な手法で治療を行います。

・レッグぺルテス(大腿骨頭壊死症)
早期治療により壊死した骨頭を取り除けば、強い痛みはなくなり、日常生活には問題ない程度の歩行や運動、散歩ができるまでに回復させることができます。

・前十字靱帯断裂
Flo関節包外固定法、大型犬に対し脛骨高平部水平化骨切り術(TPLO)を行っており、非常に良好な結果をおさめています。

・会陰ヘルニア
再発の少ない術式として、人のヘルニア治療でも使用されているメッシュを活用した、整復方法を推奨しています。

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアは緊急疾患です!

動物の椎間板ヘルニアは「家庭内での交通事故」と呼ばれ、状態によっては緊急手術を要するものもあり、腰以外にも首などのヘルニアも急を要するものも多くあります。

当院では、緊急と判断されれば、その日のうちに手術をすることも可能です。

下記のような症状が認められたときは、なるべくお早めにご相談ください。
・突然触れられるのを嫌がる、痛がる
・階段やソファーなどの段差を嫌がる
・歩き方がおかしい、フラフラ歩く
・立ち上がることができなくなった
・排便、排尿の失禁

<治療法>
【重症度1~2】
痛みや麻痺症状はあるが歩行可能なタイプにおいては、再発性や進行性でない場合は「内科療法」でのアプローチを行います。

【重症度3】
後肢の歩行ができなくなった場合、「外科療法」を選択することが多くなります。飼い主様とご相談の上、治療方針を決定します。

【重症度4】
排尿機能が消失した症状においては、「外科療法」を選択します。

【重症度5】
深部痛覚を失った症状においては一刻も早く外科治療を行うことが重要となりますので、即時、緊急手術を行います。

院長紹介

今井 巡

メッセージ

ワンちゃんネコちゃんと飼い主様との絆。 その絆の深さと大切さを、診療している中で 日々実感しています。

『相模原を日本で一番ペットにやさしい街にしたい』 診療や手術だけではなく、予防医療や生活習慣。
私たちは飼い主様と一緒に考えていきます。

一人ひとりの飼い主様にとっての“優しい獣医さんでありたい”
そんなあたり前の動物病院を作っていきたいと思っています。

【学歴】
日本大学生物資源科学学部獣医学科卒業・日本大学動物病院整形外科専科研修医

【専門分野】
整形外科・一般外科

病院詳細

病院名
相模原プリモ動物医療センター第2病院
住所
〒252-0239 神奈川県相模原市中央区中央4-14-10 (地図)
電話
042-851-3761 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
得意な診察領域
整形外科系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://primo2.jprpet.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒252-0239 神奈川県相模原市中央区中央4-14-10

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬と猫のがん治療。標準治療と緩和的治療

    京都市北区の動物病院「かもがわ動物クリニック」では、がん治療に力を入れている。飼い主の話をしっかり聞き、話し合うことを重視して治療にあたる萩森健二院長に、犬猫のがんの治療方針、免疫療法・温熱療法など負担の少ないがん治療についてお話を伺った。

    • かもがわ動物クリニック
    • 萩森 健二院長
  • 飼い主さんとの対話を大切に、家族目線で医療を提供したい

    川崎市中原区の「めい動物病院」は、犬猫の一般診療を中心に循環器科や皮膚科、眼科の専門外来を受け入れている。「家族の一員だと思って、なんでも聞いてほしい」と話す竹内潤一郎先生に、専門である循環器診療や診察に対しての思いを伺った。

    • めい動物病院
    • 竹内 潤一郎院長
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • ペットの健康と幸せに寄り添った診療を、これまでも、これからも

    静岡県沼津市「宮田動物病院」の特徴と、親子で獣医師を務める宮田泰則先生、宮田翔平先生をご紹介します。翔平先生で3代目となる同病院。動物病院の方針と、これから力を入れていきたい診療について、お二人に話していただきました。

    • 宮田動物病院
    • 宮田 泰則獣医師
    • 宮田 翔平獣医師
  • 一般診療から専門診療まで。チーム医療で飼い主に安心を届けたい

    横浜市都筑区の横浜青葉どうぶつ病院は、整形外科・外科が専門の古田健介院長と、循環器・画像診断・小動物の診療など専門を持つ獣医師によるチーム医療が特徴だ。開業までの経緯や、飼い主様とのコミュニケーションについて古田院長に伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
ページトップへ