コザ動物病院の評判・口コミ - 沖縄県沖縄市【カルーペット】

コザ動物病院

3.32
アクセス数: 8,733 [1ヶ月: 53 | 前期間: 109 ]
所在地
沖縄市 胡屋
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 爬虫類

コザ動物病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

病院詳細

病院名
コザ動物病院
住所
〒904-0021 沖縄県沖縄市胡屋7-1-23 (Googleマップを見る)
電話
098-932-1238 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 爬虫類
診察時間
 
10:00-12:3010:00-12:3010:00-12:3010:00-12:3010:00-12:3010:00-12:30--
16:00-18:0016:00-18:0016:00-18:0016:00-18:0016:00-18:0015:00-16:30--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

コザ動物病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

口コミ

1件中 1件を表示(すべて見る

14人中 13人が、 この口コミが参考になったと投票しています
コザ動物病院への口コミ
投稿者: ポテト さん
4.0
来院時期: 2013年10月 投稿時期: 2014年04月
家で飼ってい柴犬なんですが、体の毛が抜けてしまって、病気なんじゃないかと思ってコザ動物病院でみてもらいました。どうやらアトピーになってしまったらしく毛が抜けてしまったらしです。
今まではこんな事なかったのでとても驚いてしまいました。
ですが病院の先生方から聞いた話によるとアトピーは柴犬には多いらしく色々な薬や薬用シャンプー等を処方してくれました。
あとはアレルギー反応の検査など。
詳しく丁寧に病気のことも教えてもらいとても助かりました。最初は皮膚が真っ赤になってとても痒そうにしていたんですが、徐々に真っ赤だった皮膚も落ち着いていき毛並みも良くなっていきました。これからも薬は処方しないといけないんですが、病院の先生方にはとてもお世話になりました。
動物の種類 イヌ《純血》 (柴犬) 来院目的 通院
予約の有無 あり 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 5分〜10分 診察時間 15分〜30分
診察領域 皮膚系疾患 症状 脱毛する
病名 アトピー性皮膚炎 ペット保険 アニコム
料金 30000円 来院理由 近所にあった
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ

1件中 1件を表示(すべて見る

近くの病院

ペットメディカルセンター・エイル

4.51点  【口コミ 16件】
沖縄県沖縄市比屋根2-2-1
イヌ ネコ

安里動物病院

3.93点  【口コミ 2件】
沖縄県中頭郡北中城村字島袋260-20-1F
イヌ ネコ

ライカムペットクリニック

点  【口コミ 0件】
沖縄県中頭郡北中城村 字ライカム1番地 イオンモール沖縄ライカム1Fペテモ内
イヌ ネコ

ドクターズインタビュー記事

  • 短頭種気道症候群の治療、外鼻孔狭窄と軟口蓋過長症の手術 NEW

    長岡京市にある「乙訓どうぶつ病院」は呼吸器疾患の治療に力を入れている。パグやフレンチブルドッグに好発する短頭種気道症候群は、年齢を重ねるごとに進行する病気である。中森正也院長に、短頭種気道症候群や外鼻孔狭窄、軟口蓋過長の手術について伺った。

    • 乙訓どうぶつ病院
    • 中森 正也院長
  • 犬と猫の包括的な歯科治療の実践

    JR岐阜駅から車で15分の日野どうぶつ病院は、歯科治療と整形外科治療に力を入れている。歯科治療は1本ずつ歯の状態を検査し治療を行うことが大切だという。包括的な歯科治療を実施している津田卓二院長に、歯科治療の流れや治療内容の決め方について伺った。

    • 日野どうぶつ病院
    • 津田卓二院長
  • 犬猫のアトピーを完治させる治療

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
アポクル予約ペット 動物病院予約システム