北央どうぶつ病院の評判・口コミ - 北海道札幌市厚別区【カルーペット】

北央どうぶつ病院
011-893-1010
ほくおうどうぶつびょういん

北央どうぶつ病院

3.69
アクセス数: 7,389 [1ヶ月: 597 | 前期間: 674 ]
所在地
札幌市厚別区 大谷地西
診察動物
イヌ ネコ ウサギ フェレット
札幌市厚別区『北央どうぶつ病院』土日祝も診療。犬、猫、うさぎ、フェレットの診療。腫瘍・心臓病など循環器系の病気の治療
『北央どうぶつ病院』は、札幌市厚別区・清田区から通いやすい動物病院です。

月・火・金曜日は19時まで、土日祝も診療を行っております。

【北央どうぶつ病院のご案内】
大学病院で診察してきた福本院長が、臨床経験をもとに一部大学病院レベルの先端設備を整え、二次診療経験を活かした診療をご提供しております。

◆診療メニュー
内科、外科、腫瘍科、循環器科、皮膚・アレルギー科
眼科、食事療法科、整形外科、神経外科、歯科

◆腫瘍・循環器の診断、治療に注力
先端のエコー機器など高度な機器を導入し、必要な検査を行って、「早期発見・早期診断・早期治療」に努めています。

◆インフォームドコンセントの徹底
飼い主様にご納得いただける治療をご提供します。
わかりやすい言葉で丁寧にお伝えし、治療方針も飼い主様に十分ご理解いただけるようにご説明しています。

難治性の病気や他院で治療方法がないと断られたペットについてもご相談ください。

ドクターズインタビュー

福本 真也 院長
頼れる獣医が教える治療法 vol.035

犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療

腫瘍・がん

がん細胞の広がりと種類の診断が重要。リンパ腫には抗がん剤治療が有効

札幌市厚別区にある「北央どうぶつ病院」は、腫瘍の診療に力を入れている。リンパ腫の治療では、腫瘍の種類と広がりを理解し、それに合わせた抗がん剤治療が有効だという。福本真也院長に、リンパ腫の診断や副作用の少ない治療について伺った。 もっと読む

口コミ

2件中 2件を表示(すべて見る

ごんた
さん
2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

猫4匹がお世話になりました。 みんな心臓病や腫瘍を患っており、治療が難しい状況でした。 決して無理な治療を勧めることはせず、飼い主と猫たちのことを考えての治療をしてくれました。 病院が休みでも困... (続きを読む)

投稿時期: 2020年09月 | 来院時期: 2020年09月 
5.0
eikodomo
さん
10人中 7人が、 この口コミが参考になったと投票しています

うさぎも診れる病院が近くに見つからず、あちこち探しまくったところ、北央どうぶつ病院がヒット。 うさぎにも詳しい獣医師さんらしいことがわかり、ちょっと遠いけど、我が家のウサを連れて行った。 ... (続きを読む)

投稿時期: 2016年09月 | 来院時期: 不明 
4.0

2件中 2件を表示(すべて見る

病院紹介

腫瘍・循環器の診断、治療

【腫瘍科】
ペットの長寿化にともない、人間と同様に、がん(悪性腫瘍)にかかる動物が増えてきています。
がんは、ワンちゃんの死因の2分の1、ネコちゃんの死因の3分の1であるという報告も。
大切な家族の一員であるからこそ、病気の早期発見に努めましょう。

当院では、豊富な経験と専門的な知識を備えた獣医師が、高度な治療にも対応しています。
ご納得いただける治療をめざしておりますので、安心してご相談ください。

【循環器科】
初期の心臓病は症状が見られないことが多く、精密検査によってはじめて発見されることも。
定期検診によって、早期発見・早期治療に努めましょう。

当院は大学病院レベルの最新エコー機器も導入し、早期発見に役立てています。
大切なペットのことで気になることがありましたら、早めにご相談ください。

またセカンドオピニオンへの対応も可能です。
難治性の病気や他院で治療を断られた場合の加療も試みておりますので、まずはご相談ください。

皮膚・アレルギー科

ペットの病気には、内科や外科の疾病以外にもさまざまなものがあります。
中でも、アレルギー性皮膚炎やノミ・ダニ由来の感染症など皮膚の病気は、ワンちゃん、ネコちゃんがかかる病気としてよく知られています。

北央どうぶつ病院では、日常のスキンケアのアドバイスや食事指導も行っていますので、お気軽にご相談ください。

こんな症状はありませんか?
皮膚がかゆい、皮膚が赤い
発疹がある
耳が臭う、頭をふる
フケが多い
毛が抜ける

食事療法科

ワンちゃんやネコちゃんなどの動物にとって、病気を予防したり、治療したりするうえで、食事の管理はとても重要です。

動物は、健康維持に必要な栄養を毎日の食事から摂取しています。このため、食事の良し悪しによって、健康になったり、病気になったりもするのです。食事療法では栄養面の管理によって、ペットの病気を予防したり、お薬などによる治療をサポートしたりします。

食事療法に似た言葉として、「療法食」があります。これは、病気に対処するために、栄養分や比率を調整した食事のことです。食事療法において、適切な療法食を与えることによって、病気の緩和や治療を目指すことができます。

とはいえ、食事療法には正確な知識が必要です。誤った知識にもとづく食事療法では、病気が治らないばかりか、かえって状態を悪化させてしまうことも。食事についてよくわからない場合には、お気軽に当院の獣医師へご相談ください。

院長紹介

福本 真也

メッセージ

当院は、厚別区だけでなく、清田区などからも通っていただいている地域のホームドクターです。
高度な「二次診療」の経験もあるため、地域の中核動物病院としての役割も担っています。

一般内科や一般外科から腫瘍科、循環器科、皮膚・アレルギー科、眼科、食事療法科まで、豊富な診療メニューで治療にあたっています。
中でも、がんなどの腫瘍や、心臓病などの循環器系の病気の診断、治療に力を注いでいます。

ペットの「健康寿命」を大切に考え、健康的に楽しく過ごせるような日々を出来るだけ長くご提供できるようなお手伝いをしています。

当院ではペットが病気にかからないような予防も大切に考えています。
ワクチン接種から去勢・避妊手術、普段のケア、食事療法まで、飼い主様のお気持ちに寄り添った治療のご提供を行いますので、気になることはお気軽にご相談下さい。

【略歴】
2001年 希望学園北嶺高等学校卒業
2009年 酪農学園大学獣医学部卒業
2009年~2010年 江別市動物病院勤務
2014年 酪農学園大学大学院博士課程修了
2015年  酪農学園大学非常勤講師(臨床腫瘍学)
2016年~2019年 北里大学講師

スタッフ紹介

獣医:福本 真一郎

【略歴】
北海道大学獣医学部卒業
北海道庁エキノコックス症対策協議会副会長(2018年~)
酪農学園大学名誉教授(獣医寄生虫学)

【資格・所属】
獣医師免許
獣医学博士

獣医:福本 恵利子

【略歴】
北里大学獣医学部卒業

【資格・所属】
獣医師免許

受付スタッフ

河野 麻奈未
髙野 友李帆

求人

病院詳細

病院名
北央どうぶつ病院
住所
〒004-0042 北海道札幌市厚別区大谷地西4-1-20 (地図)
電話
011-893-1010 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ フェレット
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
15:30-19:0015:30-19:0015:30-19:00-15:30-19:0013:00-17:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://www.hokuou-animal.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒004-0042 北海道札幌市厚別区大谷地西4-1-20

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の心雑音~僧帽弁閉鎖不全症と超音波検査~ NEW

    茅ヶ崎市の亀山動物病院は心臓病の検査を積極的に行っている。亀山康彦院長は心臓の超音波検査に精通し、重症化する前に病気を早期発見し、進行させない治療を実践する。亀山先生に心臓病の検査や治療方針について伺った。

    • 亀山動物病院
    • 亀山 康彦院長
  • 犬の特発性てんかん~国際基準に準拠した診断と治療~ NEW

    高田馬場駅から徒歩6分の「小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター」は神経系疾患の治療に強みを持つ病院だ。発作を起こす病気は特発性てんかんや脳腫瘍など複数あり正しい診断が重要である。大竹大賀先生に、てんかんの診断や治療について伺った。

    • 小滝橋動物病院 新目白通り 第2高度医療センター
    • 大竹 大賀先生
  • 犬の肝臓病と肝臓がんの外科手術

    御堂筋線北花田駅から徒歩15分の「えびす動物クリニック」は、肝臓病の治療に力を入れている。肝臓病の治療において手術は敬遠されがちだが、原発性の肝臓がんでは手術により完治が見込めるという。戎修平院長に肝臓病と肝臓がんの手術について伺った。

    • えびす動物クリニック
    • 戎 修平院長
  • 人間の病院では「当たり前」のサービスを動物病院でも提供したい

    栃木県下野市の「ちょう動物病院」では、「飼い主の話をしっかりと聞く」「分かりやすく説明し、飼い主に納得してもらう」ことを重視している。かかりつけ医としての一次診療に加え、循環器診療を専門とする長哲院長の「独自の取り組み」について取材した。

    • ちょう動物病院
    • 長 哲院長
  • 犬の顔面神経麻痺の治療~鍼灸治療による麻痺の改善~

    長野県軽井沢駅から車で20分の「西軽井沢どんぐり動物病院」は鍼灸治療を取り入れている病院だ。犬の顔面神経麻痺は投薬による治療法がない病気だが、鍼灸治療により改善が見込めるという。岩切久弥院長に、顔面神経麻痺やヘルニアの治療について伺った。

    • 西軽井沢どんぐり動物病院
    • 岩切 久弥院長
ページトップへ