志津 しらい動物病院の評判・口コミ - 千葉県佐倉市【カルーペット】

志津 しらい動物病院

4.36
アクセス数: 23,449 [1ヶ月: 296 | 前期間: 293 ]
所在地
佐倉市 中志津
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類
診察領域
皮膚系疾患 循環器系疾患 消化器系疾患
負担の少ない検査を積極的に取り入れているJAHA認定病院です
診療・治療を受けるペットに対して、負担の少ない手段を積極的に採用しています。また、ホームドクターとして診断を行い、専門医による診断・治療が必要と判断される場合には大学病院や各専門科病院への紹介も行っています。健康時の予防から病気の時まで、幅広くペットとの健康ライフをサポートします。

口コミ

15件中 3件を表示(すべて見る

yoppy
さん
4人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

院長先生と副院長先生が曜日によって交代で担当しています。どちらの先生も、些細なことでもわかりやすく丁寧に説明してくれます。にこにこしていて何でも質問しやすい雰囲気です。 スタッフの皆さんも優しくてア... (続きを読む)

投稿時期: 2017年12月 | 来院時期: 2017年06月 
4.5
まめ
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

実家では犬をかってたのですが、自分達で実際飼うのは初めてでなにもわからない状態でした。 一番最初に予防接種の事を聞きたくて電話したのですが、受付の方が丁寧に教えてくださったので、とても分かりやす... (続きを読む)

投稿時期: 2017年05月 | 来院時期: 2016年05月 
3.5
サンストーン034
さん
3人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

犬を飼いはじめた頃からお世話になってます。 先生はいつもニコニコで、でもしっかりとみてくれます。 あしを脱臼し手術を迷っていた時、手術するのかしないのか、いろんな角度からお話をしていただきました。... (続きを読む)

投稿時期: 2017年05月 | 来院時期: 2017年 
4.5

15件中 3件を表示(すべて見る

院長紹介

白井 義昭

メッセージ

時代と共に飼育動物からペット・家族となった動物たちへ求められる治療、行う事ができる治療も、変化してきています。獣医師として、最新医療知見、そして長年培ってきた診療経験と診療理念を持ってこれからも皆様の願いに応えられるように医院を進化させていくことをお約束いたします。

病院詳細

病院名
志津 しらい動物病院
住所
〒285-0843 千葉県佐倉市中志津2-36-6 (地図)
電話
043-462-1122 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類
診察領域
皮膚系疾患 循環器系疾患 消化器系疾患
診察時間
 
09:00-11:30-09:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:30
--15:00-18:3015:00-18:3015:00-18:3015:00-18:30--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://shirai-animal-hospitale.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒285-0843 千葉県佐倉市中志津2-36-6

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • よく診る病気やケガにこそ、質の高い診療を。 NEW

    滋賀県近江八幡市の森動物病院は、75年以上の歴史をもつ。ワクチンやフィラリア、去勢・避妊手術などの予防医療から、CT検査や高難度の外科手術にまで対応できる総合医療を提供。3代目の森健志先生と篠田仁美先生へ、同院の強みや特徴について伺った。

    • 近江八幡動物医療センター 森動物病院
    • 森 健志先生
    • 篠田 仁美先生
  • 犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療 NEW

    札幌市厚別区にある「北央どうぶつ病院」は、腫瘍の診療に力を入れている。リンパ腫の治療では、腫瘍の種類と広がりを理解し、それに合わせた抗がん剤治療が有効だという。福本真也院長に、リンパ腫の診断や副作用の少ない治療について伺った。

    • 北央どうぶつ病院
    • 福本 真也院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗名誉院長
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長
  • 人間の病院では「当たり前」のサービスを動物病院でも提供したい

    栃木県下野市の「ちょう動物病院」では、「飼い主の話をしっかりと聞く」「分かりやすく説明し、飼い主に納得してもらう」ことを重視している。かかりつけ医としての一次診療に加え、循環器診療を専門とする長哲院長の「独自の取り組み」について取材した。

    • ちょう動物病院
    • 長 哲院長
ページトップへ