宮川動物病院の評判・口コミ - 新潟県新潟市中央区【カルーペット】

宮川動物病院

3.30
アクセス数: 4,354 [1ヶ月: 43 | 前期間: 34 ]
所在地
新潟市中央区 紫竹山
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット 鳥

宮川動物病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

病院詳細

病院名
宮川動物病院
住所
〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山1丁目1 - 58 (Googleマップを見る)
電話
025-245-3411 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット 鳥
診察領域
筋肉系疾患 整形外科系疾患
診察時間
 
09:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:30--
16:00-18:3016:00-18:3016:00-18:3016:00-18:3016:00-18:30---

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.miyagawa-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

宮川動物病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

口コミ

1件中 1件を表示(すべて見る

2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています
宮川動物病院への口コミ
投稿者: 鯨376 さん
4.5
来院時期: 2014年01月 投稿時期: 2016年10月

(一緒にくらすワンコとも仲良し♪)

2年前後ろ足を引きずるように歩くようになった我が家の猫。最初は原因が解らず宮川動物病院に連れて行ったところ糖尿病だという事がわかりました。ネットで糖尿病にかかると一年はもたないと知り、それでも少しの可能性を信じて毎月2回病院に通いました。それから2年たった現在、食欲旺盛、高いところにも飛び乗れ元気に走り回る姿があります!
院長先生をはじめ、病院の方々が糖尿病治療の注射の仕方、日々の健康指導をしてくださったお陰だと家族皆感謝しています!
動物の種類 ネコ《雑種 (ミックス)》 来院目的 通院
予約の有無 なし 来院時間帯 日中 (9-18時)
待ち時間 5分〜10分 診察時間 10分〜15分
診察領域 内分泌代謝系疾患 症状 歩き方がおかしい
病名 糖尿病 ペット保険 ペット&ファミリー
料金 10000円 (備考: 毎月2~3回の通院) 来院理由 元々通っていた
  • 注射
この口コミは参考になりましたか? (ログイン不要) は い いいえ

1件中 1件を表示(すべて見る

近くの病院

PR

大通どうぶつ病院

4.45点  【口コミ 4
新潟県新潟市南区大通西954-8
025-378-4822
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
循環器系疾患 消化器系疾患 腎・泌尿器系疾患
新潟市南区大通の国道8号沿い、土曜日も19時まで診療。駐車場8台分完備(表に3台、裏に5台)。県外からも多くの患者様がご来院されております。インフォームドコンセントを大切にした診療を心がけています。

とやの動物病院

3.84点  【口コミ 6件】
新潟県新潟市中央区堀之内55-14
イヌ ネコ ウサギ フェレット
皮膚科・耳科(Vet Derm Tokyo)

江南動物病院

3.30点  【口コミ 1件】
新潟県新潟市東区東明2-4-15
イヌ ネコ ウサギ ハムスター 鳥

佐野動物病院

3.27点  【口コミ 1件】
新潟県新潟市中央区沼垂東1-8-3
イヌ ネコ ウサギ 鳥 魚

動物夜間急患センター新潟

3.24点  【口コミ 1件】
新潟県新潟市中央区笹口2-13-4 国際ペットワールド専門学校 1F
イヌ ネコ

宮川動物病院

点  【口コミ 0件】
新潟県新潟市中央区紫竹山1丁目1-58
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット 鳥

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼~変形性関節症を予防する治療~ NEW

    群馬県富岡市の「さいとう動物病院」は整形外科に力を入れている。犬の膝関節疾患、前十字靭帯断裂や膝蓋骨脱臼は放置しても治ることはなく、適切な時期に治療を開始することが重要だ。外科を担当する木村太一先生に、膝関節疾患の治療について伺った。

    • さいとう動物病院
    • 木村 太一先生
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長
  • 治療から移動動物園まで。人と動物が幸せに暮らす環境を作りたい

    川越市「アリス動物病院」は地域とともに発展してきた病院だ。犬猫、ウサギなどの一般診療と予防医療に注力、外科や腫瘍科では遠方からの来院も多い。2020年にはドッグランをオープンし、動物イベントも開催。竹島昌俊院長に病院の特徴や今後の展望を伺った。

    • アリス動物病院
    • 竹島 昌俊院長
  • 話を聞くことからはじまる診察、心に寄り添う動物病院を目指して

    相模原市中央区の「かやま動物病院」は、2017年に開院した一次診療の動物病院だ。「飼い主に説明をして理解をしてもらうことが獣医の仕事」と話す鹿山航院長、鹿山真里先生に、診療に対しての思いや今後の展望についてお話を伺った。

    • かやま動物病院
    • 鹿山 航院長
    • 鹿山 真里獣医師
  • 3院の連携で一次診療から高度医療まで地域の動物医療に広く貢献

    豊田市の『ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター』は専門的な医療設備を備え、地域の基幹病院として幅広い症例に対して高度な医療を提供している。院長の青島大吾先生に、分院も含めた3院の特徴と腫瘍治療への取り組みについて伺った。

    • ダイゴペットクリニック 豊田中央(本院)
    • 青島 大吾院長
アポクル予約ペット 動物病院予約システム
ページトップへ