大通どうぶつ病院の評判・口コミ - 新潟県新潟市南区【カルーペット】

大通どうぶつ病院
おおどおりどうぶつびょういん

大通どうぶつ病院

3.72
アクセス数: 2,109 [1ヶ月: 400 | 前期間: 581 ]
所在地 :
新潟市南区 大通西
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
新潟市南区大通の国道8号沿い、土曜日も19時まで診療。駐車場完備(表に3台、裏に5台)。新潟市をはじめ、燕市からも患者様がご来院されております。五泉市、加茂市からもアクセス良好です。
新潟市南区大通の「大通どうぶつ病院」は、インフォームドコンセントをしっかりと行い、飼い主さんと動物たちの不安を取り除く治療を心がけ、2017年12月に開院しました。やっとホームドクターを見つけたと思って頂けるような病院でありたいと思っています。日々の小さな相談からセカンドオピニオンまで対応しています。じっくり相談しながら治療を進めていきます。

当院では予防関連(ワクチン・フィラリア・ノミダニなど)、内科疾患、外科疾患、往診およびホテルの対応をしています。

1.ワクチン接種
わんちゃん・ねこちゃんの健康を維持するため、定期的なワクチン接種や接種内容、接種後のアレルギーのことまで、気になることはどんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

2.当院について
内科全般や外科診療に対応しております。
日本獣医生命科学大学にて、心臓病・腎臓病について長年研究を行ってまいりました。

大通どうぶつ病院では、飼い主さんが普段、疑問に思っている予防や病気についてわかり易くお伝えしていこうという試みから「大通どうぶつ通信」をはじめました!診察前後に見て頂き、より理解を深めるきっかけになればと思います。
http://oodori-ah.com/tsushin.html

木のぬくもりの感じられる外観、明るい日差しが差し込む院内で、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

病気の早期発見につなげるため、DOGドック、CATドックの予約を随時受け付けております。
詳細については、当院のHPをご覧いただくか、お電話または来院時にご相談ください。
当院の患者様には、できる限り時間外の対応もさせて頂いています。
来院前にお電話いただき状況の説明をしてください。

ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

1件中 1件を表示(すべて見る

コイコイ39
さん
Pick Up!
7人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

家から近く車で通りかかった時から気になっていました。春のワクチン注射と健康管理の相談で初めて二匹のワンコ(トイプードルとゴールデンレトリバー)を連れて行きました。 院内は明るく清潔感があって、ス... (続きを読む)

投稿時期: 2018年05月 | 来院時期: 2018年 
5.0

1件中 1件を表示(すべて見る

病院紹介

診察室

当院では、大切なご家族であるわんちゃん・ねこちゃんの健康を維持するため、定期的なワクチン接種をオススメしております。

◆わんちゃん
【理想的な接種のタイミング】
・子いぬのワクチンは初年度に1ヵ月毎、3回接種
・1回目が8から9週齢(2ヶ月ごろ)
・2回目が11から12週齢(3ヶ月ごろ)
・3回目が14週から16週齢もしくはそれ以降(3ヵ月半ごろ~)

接種ワクチンの内容や接種後のアレルギーのことなど気になることはお気軽にご相談ください。

◆ねこちゃん
【理想的な接種のタイミング】
・子ねこのワクチンは初年度に1ヵ月毎、3回接種
・1回目が8から9週齢(2ヶ月ごろ)
・2回目が11から12週齢(3ヶ月ごろ)
・3回目が14週から16週齢もしくはそれ以降(3ヵ月半ごろ~)

ねこちゃんのワクチンは、わんちゃんに比べ安定した免疫持続や感染予防を得るのが困難なので、重篤な症状にならないようにプログラムに沿った接種が重要となります。

ねこちゃんの生活スタイルは各家庭で様々ですが、健康を維持するためには適切なワクチン接種は必要不可欠となります。

手術室

当院では様々な外科診療にも対応しております。
日本獣医生命科学大学にて心臓病・腎臓病について、研究・研鑽を積んでまいりました。
どうぞ安心しておまかせください。

入院室

犬と猫で入院室を分けており、
犬は最大8頭、猫は4頭入院できます。

院長紹介

住吉 義和

メッセージ

北里大学獣医学部卒業。
加藤どうぶつ病院(神奈川県)および山田動物病院(埼玉県)にて12年間、臨床獣医師として勤務。
日本獣医生命科学大学にて心臓病・腎臓病について研究。
また相川動物医療センター(東京)にて研修を行い、外科治療にも力をいれています。
お困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

<所属学会>
新潟県獣医師会/新潟市獣医師会/日本獣医麻酔外科学会/日本獣医循環器学会/新潟小動物臨床研究会

スタッフ紹介

副院長:住吉 彬子

北里大学獣医学部卒業。
日本動物医療センター(東京)にて7年間、臨床獣医師として勤務。
内科全般の診療を担当。

<所属学会>
日本獣医がん学会

ペットホテル

病院詳細

病院名
大通どうぶつ病院
住所
〒950-1204 新潟県新潟市南区大通西954-8 (地図)
電話
025-378-4822 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00--
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--
空いている混んでいる予約のみ

※12時から16時は手術、検査および往診の時間となります。水曜午後、日・祝休診です。

※当院の患者様には、できる限り夜間救急の対応もいたしております。
事前にお電話で状況の説明をしてください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://oodori-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

病気の早期発見につなげるため、DOGドック、CATドックの予約を随時受け付けております。
詳細については、当院のHPをご覧いただくか、お電話または来院時にご相談ください。
当院の患者様には、できる限り時間外の対応もさせて頂いています。
来院前にお電話いただき状況の説明をしてください。

地図

〒950-1204 新潟県新潟市南区大通西954-8

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 東洋医学と西洋医学のコラボ、夫婦で一緒にホームドクター

    古河市の『堀江動物病院』の特徴や、夫婦で獣医師を務める堀江崇文さんと有美さんをご紹介。ホームドクターとして広くペットの病気や不調と向き合う崇文さんと、東洋医学の手法でペットを楽にさせる有美さんの「二人三脚」に迫り、熱い思いを伝えます。

    • 堀江動物病院
    • 堀江 崇文 院長
    • 堀江 有美先生
  • 人間の病院では「当たり前」のサービスを動物病院でも提供したい

    栃木県下野市の「ちょう動物病院」では、「飼い主の話をしっかりと聞く」「分かりやすく説明し、飼い主に納得してもらう」ことを重視している。かかりつけ医としての一次診療に加え、循環器診療を専門とする長哲院長の「独自の取り組み」について取材した。

    • ちょう動物病院
    • 長 哲院長
  • 100匹以上の飼育経験をエキゾチックアニマルの診察に活かす

    千葉市若葉区『BEN犬猫エキゾの病院』は、犬猫に加えて診療の難しい動物も診察する。『うさぎやハムスター、爬虫類などの飼育に困っている方を助けたい』と話す石川雅章院長が飼ってきたペットは数知れず。そんな院長の診療への思いを伺った。

    • BEN犬猫エキゾの病院
    • 石川 雅章院長
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼

    平成20年、相鉄線かしわ台駅近くに「アニマルクリニック イスト」を開院された金子院長。地元密着型の”頼もしい獣医師さん”として、内科や整形外科疾患治療にあたってきた金子院長に、関節疾患「前十字靭帯断裂」「膝蓋骨脱臼」を中心にお話を伺った。

    • アニマルクリニック イスト
    • 金子 泰広院長
ページトップへ