大通どうぶつ病院の評判・口コミ - 新潟県新潟市南区【カルーペット】

大通どうぶつ病院
おおどおりどうぶつびょういん

大通どうぶつ病院

4.26
アクセス数: 14,630 [1ヶ月: 495 | 前期間: 597 ]
所在地
新潟市南区 大通西
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
得意な診察領域
循環器系疾患 消化器系疾患 腎・泌尿器系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
新潟市南区大通の国道8号沿い、土曜日も19時まで診療。駐車場8台分完備(表に3台、裏に5台)。市外、県外からも患者様がご来院されております。
当院はインフォームドコンセントを大事に、飼い主さんと動物たちの不安を取り除く治療を心がけています。またホームドクターとして些細なことでも相談しやすい病院を目指しています。また各種疾患のセカンドオピニオンにも対応しています。治療については、その子にあった最善の方法を相談しながら決めていきます。

予防関連(ワクチン・フィラリア・ノミダニなど)、内科・外科疾患、往診およびホテルの対応をしています。

1.ワクチン接種
わんちゃん・ねこちゃんの健康を維持するため、定期的なワクチン接種や接種内容、接種後のアレルギーのことまで、気になることはどんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

2.当院について
内科・外科診療すべてに対応しております。日々の小さな疑問からセカンドオピニオンまで対応しております。普段から病気にならないための準備はとても重要です。しかし、病気は突然訪れます。病気には一時的な症状のものから、付き合っていかなければならない慢性疾患の場合があります。治療法をいくつかご提案し、相談しながら最善の方法をご提供します。
多忙な勤務医時代に培った経験と、大学病院にて専門的に心臓病・腎臓病を研究してきた技術を提供いたします。

3. 心臓病・腎臓病
心臓病および腎臓病でお困りのわんちゃん・ねこちゃんについて、セカンドオピニオンの対応をしています。病気でお薬を飲んでいるけれどこれでいいのか。また気になる症状があるけれど、病院でその症状を出さずうまく伝えられない。動物たちは基本、症状を隠します。難しいかもしれませんが動画を撮影してきて頂けると診察に役立つことがあります。

4. 大通どうぶつ通信
飼い主さんが普段、疑問に思っている予防や病気についてわかり易くお伝えしていこうという試みから「大通どうぶつ通信」を定期的に更新しています。診察前後に見て頂き、より理解を深めるきっかけになればと思います。
http://oodori-ah.com/tsushin.html

木のぬくもりの感じられる外観、明るい日差しが差し込む院内で、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

口コミ

3件中 3件を表示(すべて見る

タキさん
さん
Pick Up!
23人中 23人が、 この口コミが参考になったと投票しています

他院で腎臓病と言われて、フードだけ処方され、それだけ食べてれば良いと言われました。しかし、この病院に電話して今の食事内容を細かく聞かれ、1週間食事を見直し(特にササミを辞める)、当日朝ごはんを食べずに... (続きを読む)

投稿時期: 2018年07月 | 来院時期: 2018年06月 
5.0
ままちゃん
さん
9人中 9人が、 この口コミが参考になったと投票しています

特に悪いとこないですよとは、言われていたものの、何となく調子悪そう..元気ないなぁとずっと気になっていた我が家のワンコ。 思い切って、違う病院で診てみてもらおうかな?と一大決心して受診に。何と、検査... (続きを読む)

投稿時期: 2019年06月 | 来院時期: 2019年06月 
5.0
コイコイ39
さん
23人中 21人が、 この口コミが参考になったと投票しています

家から近く車で通りかかった時から気になっていました。春のワクチン注射と健康管理の相談で初めて二匹のワンコ(トイプードルとゴールデンレトリバー)を連れて行きました。 院内は明るく清潔感があって、ス... (続きを読む)

投稿時期: 2018年05月 | 来院時期: 2018年 
5.0

3件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

診察室

当院では、大切なご家族であるわんちゃん・ねこちゃんの健康を維持するため、定期的なワクチン接種と健康診断を推奨しています。

◆わんちゃん
【理想的な接種のタイミング】
・子いぬのワクチンは初年度に1ヵ月毎、3回接種
・1回目が8から9週齢(2ヶ月ごろ)
・2回目が11から12週齢(3ヶ月ごろ)
・3回目が14週から16週齢もしくはそれ以降(3ヵ月半ごろ~)

接種ワクチンの内容や接種後のアレルギーのことなど気になることはお気軽にご相談ください。

◆ねこちゃん
【理想的な接種のタイミング】
・子ねこのワクチンは初年度に1ヵ月毎、3回接種
・1回目が8から9週齢(2ヶ月ごろ)
・2回目が11から12週齢(3ヶ月ごろ)
・3回目が14週から16週齢もしくはそれ以降(3ヵ月半ごろ~)

ねこちゃんのワクチンは、わんちゃんに比べ安定した免疫持続や感染予防を得るのが困難なので、重篤な症状にならないようにプログラムに沿った接種が重要となります。

ねこちゃんの生活スタイルは各家庭で様々ですが、健康を維持するためには適切なワクチン接種は必要不可欠となります。

手術室

当院では様々な外科診療にも対応しております。予防の手術である去勢・避妊は、抜糸が必要ない縫合法を実施しています。これにより術後のご自宅での管理と動物のストレスの軽減につながります。
その他、気になることがあれば何でもご相談ください。

入院室

犬と猫で入院室を分けています。
犬は8頭、猫は4頭入院できます。
術後や呼吸状態の悪い子はICUで管理します。

院長紹介

住吉 義和

メッセージ

北里大学獣医学部卒業
加藤どうぶつ病院(神奈川県)および山田動物病院(埼玉県)にて12年間、臨床獣医師として勤務のち開業
日本獣医生命科学大学にて心臓病・腎臓病について研究
相川動物医療センター(東京)にて研修を行い、外科治療にも力をいれています
お困りのことがありましたらお気軽にご相談ください

<所属学会>
新潟県獣医師会/新潟市獣医師会/新潟小動物臨床研究会/日本獣医麻酔外科学会/日本獣医循環器学会/動物循環器病学会/日本獣医内分泌学会/日本獣医腎泌尿器学会

スタッフ紹介

副院長:住吉 彬子

北里大学獣医学部卒業
日本動物医療センター(東京)にて、臨床獣医師として勤務。
内科全般の診療を担当

<所属学会>
日本獣医がん学会

ペットホテル

病院詳細

病院名
大通どうぶつ病院
住所
〒950-1204 新潟県新潟市南区大通西954-8 (地図)
電話
025-378-4822 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
得意な診察領域
循環器系疾患 消化器系疾患 腎・泌尿器系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00--
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--
空いている混んでいる予約のみ

※12時から16時は手術、検査および往診の時間となります。休診日は水曜午後、日曜・祝日です。

※当院の患者様には、できる限り夜間救急の対応もいたしております。
事前にお電話で状況の説明をしてください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://oodori-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒950-1204 新潟県新潟市南区大通西954-8

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • よく診る病気やケガにこそ、質の高い診療を。 NEW

    滋賀県近江八幡市の森動物病院は、75年以上の歴史をもつ。ワクチンやフィラリア、去勢・避妊手術などの予防医療から、CT検査や高難度の外科手術にまで対応できる総合医療を提供。3代目の森健志先生と篠田仁美先生へ、同院の強みや特徴について伺った。

    • 近江八幡動物医療センター 森動物病院
    • 森 健志先生
    • 篠田 仁美先生
  • 犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療 NEW

    札幌市厚別区にある「北央どうぶつ病院」は、腫瘍の診療に力を入れている。リンパ腫の治療では、腫瘍の種類と広がりを理解し、それに合わせた抗がん剤治療が有効だという。福本真也院長に、リンパ腫の診断や副作用の少ない治療について伺った。

    • 北央どうぶつ病院
    • 福本 真也院長
  • 人間の病院では「当たり前」のサービスを動物病院でも提供したい

    栃木県下野市の「ちょう動物病院」では、「飼い主の話をしっかりと聞く」「分かりやすく説明し、飼い主に納得してもらう」ことを重視している。かかりつけ医としての一次診療に加え、循環器診療を専門とする長哲院長の「独自の取り組み」について取材した。

    • ちょう動物病院
    • 長 哲院長
  • 新しい形の病院。リラックスできる院内で高度な専門診療を提供

    福岡市中央区、西鉄平尾駅5分の「リライフアニマルクリニック」は、福岡では珍しい、専門外来を開設する病院だ。一般外来に加えて歯科・循環器・皮膚科・老犬ケアなど充実した専門診療を提供する。歯科を専門とする徳永秀院長に、病院の特徴について伺った。

    • リライフアニマルクリニック
    • 徳永 秀院長
  • 豊富な経験を活かして犬の膝関節脱臼を治療

    相模原市中央区、市役所近くの「相模原プリモ動物医療センター第2病院」は、ハイレベルな設備を備えた手術室を持つ動物病院だ。豊富な整形外科手術の経験を持つ今井巡院長に、病院の特徴と犬の膝関節脱臼(パテラ)治療について伺った。

    • 相模原プリモ動物医療センター第2病院
    • 今井 巡院長
ページトップへ