もも動物病院の評判・口コミ - 埼玉県さいたま市緑区【カルーペット】

もも動物病院
ももどうぶつびょういん

もも動物病院

4.59
飼い主の声18件 (
アクセス数: 39,945 [1ヶ月: 236 | 前期間: 300 ]
所在地
さいたま市緑区 美園
診察動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
浦和美園駅より徒歩3分の犬・猫専門病院。月・水・金は19時まで、土曜も18時まで診療。無料駐車場4台完備。
「もも動物病院」は、浦和美園駅より徒歩3分にある犬・猫専門病院です。

月・水・金は19時まで、土曜も18時まで診療をおこなっておりますので、平日お忙しい飼い主様もお休みの日などにお越し頂けます。

一般的な診療・予防医療はもちろんのこと、デイリーケア・食事・しつけ等生活の中でのお困り事にも対応しておりますので、お気軽にご質問ください。

1)腫瘍専門外来
腫瘍のどのステージであっても、ペットと飼い主様を第一に考え治療を進めて行くよう心がけております。

2)眼科診療
最近目が白い、目をしばしばさせる、眩しそうにする、物にぶつかる、目が大きくなってきた、等ご心配なことがございましたらご相談ください。

3)歯科治療
歯周病(歯肉炎・歯周炎)、乳歯遺残、口腔内腫瘍などの治療を行います。またスケーリング(全身麻酔下)も行っております。

無料駐車場を4台ご用意しておりますので、お車でお越しの際はご利用ください。

口コミ

16件中 3件を表示(すべて見る

らくだ370
さん
1人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

毎年のフィラリア予防でお世話になっています。 普段体調を崩したときに行くかかりつけの病院よりもかなり安く薬を購入することが出来ました。 いつも8ヶ月分まとめて購入していますが、まとめて買うと割引も... (続きを読む)

投稿時期: 2021年11月 | 来院時期: 2021年 
5.0
raipapa
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

 虹の川を渡ってしまったライちゃん。3歳でアジソン病を発症し、それから12歳まで加須市の病院で治療を継続してきましたが、口の中の腫瘍が黒色メラノーマであることが判明すると担当医が院長から経験の浅い若い... (続きを読む)

投稿時期: 2021年04月 | 来院時期: 2021年02月 
5.0
chi
さん
7人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

猫の様子がいつもと違い、異変に感じたため、急遽受診させていただきました。普段通っている動物病院がお休みだったため、こちらの病院にかかりましたが、親身に寄り添ってくれない上に、最後には責められた言い方を... (続きを読む)

投稿時期: 2021年01月 | 来院時期: 2020年 
1.0

16件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

2件中 2件を表示(すべて見る

  • 4.5
    投稿時期: 2018年1月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 気管虚脱

    以前通っていた病院でいただいていたステロイドを止め、ダイエットを指示され、ダイエットに成功し、病気が良くなっているようです。呼吸停止を20回以上繰り返していましたが、とても感謝しております。

  • 5.0
    投稿時期: 2017年11月 | 動物の種類: ネコ | 病名・治療名: 予防接種

    医師のていねいな説明に好感がもてた。また動物への愛情を感じました。引き続きお世話になりたいと思っています。

2件中 2件を表示(すべて見る

病院紹介

腫瘍専門外来

年々、ペットの寿命が伸び、それに伴い腫瘍を患うペットも増えて来ました。
腫瘍の症例によっては外見から判断することはとても難しいのですが、進行が早いため出来るだけ早い発見と治療が望まれます。

当院では、腫瘍のどのステージであっても、ペットと飼い主様を第一に考え治療を進めて行くよう心がけております。
必要な際には専門機関へのご紹介も行っておりますのでご安心ください。

眼科診療

人間と違って、わんちゃんねこちゃんは視力低下を判断する事が遅くなりがちです。
当然お話ができませんし、片方が見えなくても、もう片方の視力が残っていれば、普段の生活上変化が見られません。

ミニチュアダックスの進行性網膜萎縮、柴犬の緑内障、ケアンテリアやトイプードルの若齢性白内障などは比較的よく見られる病気です。
糖尿病から二次的に白内障を発症したり、血液中のコレステロールやカルシウムの影響で眼の表面が白くなる角膜クリスタル沈着症などもあります。
またリンパ腫などの腫瘍から眼内に炎症が及ぶこともあります。

最近目が白い、目をしばしばさせる、眩しそうにする、物にぶつかる、目が大きくなってきた、等ご心配なことがございましたらご相談ください。

当院での検査の結果、さらなる精密検査、治療、外科手術などが必要と考えられたときには、眼科専門病院をご紹介をさせていただいております。

歯科治療

歯周病(歯肉炎・歯周炎)、乳歯遺残、口腔内腫瘍などの治療を行います。

また小さい時からブラッシングの習慣付を行う事は非常に重要です。ブラッシングのやり方などお教えしますので、お気軽にご相談下さい。

またスケーリング(全身麻酔下)も行っております。

院長紹介

谷 祐子

メッセージ

皆様の大切な家族の一員であるわんちゃん・ねこちゃんは、悲しいことに私たちの数倍の速さで時間が流れ、天寿を迎えてしまいます。

時には体調を崩してしまったり、思わぬ事故にあったりします。

もの言わぬ彼らの声を聴き取り、飼い主様と動物に寄り添った医療を提供してまいります。

◆プロフィール
北里大学獣医学部卒業
麻布大学全科研修医2年間
千葉県・神奈川県・埼玉県・茨城県の動物病院に11年間勤務
腫瘍2種認定医

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
もも動物病院
住所
〒336-0967 埼玉県さいたま市緑区美園4丁目17-7 (地図)
電話
048-878-1211 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00--
15:00-18:0015:00-18:0015:00-18:00-15:00-18:0015:00-18:00--
18:00-19:00-18:00-19:00-18:00-19:00---

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.momo-hosp.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒336-0967 埼玉県さいたま市緑区美園4丁目17-7

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主様との会話を大切に、本当に必要な検査と治療を提案する NEW

    市川市の「あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital」は2021年11月に開院。猫専用の待合室があり、夜間救急診療にも対応。飼い主と一緒に治療を考える事を大切にしている。髙橋一馬院長、髙橋亜樹子副院長に同院の特徴を伺った。

    • あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital
    • 髙橋 一馬院長
    • 髙橋 亜樹子副院長
  • 西洋医学と東洋医学でアプローチ、病気にならない生活を目指して

    横浜市都筑区にある「横浜もみじ動物病院」は西洋医学と東洋医学を取り入れている病院だ。西洋医学に鍼灸、漢方を加えることで治療の幅が広がるという。「病気にならない飼い方を伝えたい」と話す中西啓介院長、中西由佳梨副院長にお話しを伺った。

    • 横浜もみじ動物病院
    • 中西 啓介院長
    • 中西 由佳梨副院長
  • 犬と猫の包括的な歯科治療の実践

    JR岐阜駅から車で15分の日野どうぶつ病院は、歯科治療と整形外科治療に力を入れている。歯科治療は1本ずつ歯の状態を検査し治療を行うことが大切だという。包括的な歯科治療を実施している津田卓二院長に、歯科治療の流れや治療内容の決め方について伺った。

    • 日野どうぶつ病院
    • 津田卓二院長
  • ペットの健康と幸せに寄り添った診療を、これまでも、これからも

    静岡県沼津市「宮田動物病院」の特徴と、親子で獣医師を務める宮田泰則先生、宮田翔平先生をご紹介します。翔平先生で3代目となる同病院。動物病院の方針と、これから力を入れていきたい診療について、お二人に話していただきました。

    • 宮田動物病院
    • 宮田 泰則獣医師
    • 宮田 翔平獣医師
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長