荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニックの評判・口コミ - 東京都杉並区【カルーペット】

荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック
おぎくぼももいどうぶつびょういん/すぎなみどうぶつじゅんかんきくりにっく

荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック

4.39
飼い主の声7件 (
アクセス数: 8,317 [1ヶ月: 462 | 前期間: 457 ]
所在地
杉並区 桃井
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
学位・認定・専門
獣医循環器認定医
得意な診察領域
循環器系疾患 呼吸器系疾患 腫瘍・がん
大切なお知らせ

【2022 春の健康診断 & 予防薬(フィラリア / ノミ / ダニ)まとめ買い最大15%offキャンペーン中】
【「OMAH ウェルネスクラブ」への加入でさらにお得!!】

杉並区桃井 荻窪郵便局そばの動物病院 平日・土曜19時まで、日祝も診療。WEB予約可。予防から外科手術まで幅広く対応。専門的な心臓病の診察。
『荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック』は、杉並区桃井の動物病院です。
青梅街道沿い、荻窪郵便局のそばにございます。

平日・土曜は19時まで、日祝も午前診療を行っております。

【荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニックのご案内】

■心臓病に特化した専門クリニック
「杉並動物循環器クリニック」というもうひとつの名前で、獣医循環器認定医である院長による、より専門的な心臓病の診察・検査・治療も提供いたします。
動脈管開存症(PDA)の手術など、他院では難しい心臓病の手術も実施しています。

■その他の診療について
予防医療から外科手術まで、多分野にわたって対応。
呼吸器科、消化器科、泌尿器科、皮膚科、腫瘍科、眼科など

■ご入院
酸素濃度、温度、湿度を管理できるICUを完備
大型犬も入院可能

■手術
痛みに配慮した手術、術後ケア

■健康診断
犬・猫を対象にした健康診断コースをご用意

■ペットホテル

■英語での診察

■WEB予約
待ち時間短縮のため時間帯予約制を導入しております。

当院は、病気の早期発見や健康管理をサポートする“生涯のかかりつけ医”をめざし、ご家族のお気持ちに寄り添った診療を行います。

「どうして具合が悪いのかしら? どこが痛いのかしら?」
そんな不安な気持ちの時は、『荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック』にどうぞご相談ください。

お知らせ

☆2022年春の健診・予防キャンペーン☆
3月から5月限定で、血液検査が通常時よりもお安く!
犬・猫の予防薬も1シーズン分まとめてご購入いただくと、通常時よりもお安くなります!
また、OMAHウェルネスクラブに加入いただければ、さらに割引させていただきます。
詳細はHPをご確認ください。

ネット予約

予約はこちら

ドクターズインタビュー

木﨑 皓太 院長
頼れる獣医が教える治療法 vol.057

犬の僧帽弁閉鎖不全症と猫の心筋症、心臓病の投薬治療について

循環器系疾患

心臓病は症状が現れる前に治療を開始。自宅での呼吸数の確認も重要です

荻窪駅から徒歩15分、杉並区桃井にある「荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック」では、心臓病の専門診療を行っている。犬で多い僧帽弁閉鎖不全症と猫で多い心筋症の治療について、獣医循環器認定医である木﨑皓太院長に伺った。 もっと読む

口コミ

4件中 3件を表示(すべて見る

KBN2411
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

多頭飼いオーナーです。 どの子も高齢になり、頻繁に病院のお世話になっています。 以前は近所の病院に長く通っていましたが、病状が悪化してきているのに 治療内容がずっと一緒で不安だったところ、休... (続きを読む)

投稿時期: 2021年06月 | 来院時期: 2021年06月 
4.5
木星161
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ワクチン接種のため予約して行ったのですが、待ち時間はなくとてもスムーズに診察へ。 初めて猫を飼うということもあり、沢山質問をしてしまったのですがワクチンの内容、病気について、歯磨き等一つ一つ丁寧に答... (続きを読む)

投稿時期: 2020年07月 | 来院時期: 2020年07月 
5.0
アメジスト245
さん
5人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

以前は他の病院に行っていましたが、遠い事もあり、新しくできて気になっていたので診察してもらいました。 循環器と書いてあったので、専門じゃないとダメなのかな?と思いましたが、そんな事もなく ワク... (続きを読む)

投稿時期: 2020年07月 | 来院時期: 2020年05月 
5.0

4件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

3件中 3件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2020年7月 | 動物の種類: ネコ | 病名・治療名: 腎臓病(16才?)

    4月30日、はじめて伺いました。フードも腎臓食になり、血液検査の結果、週1回の補液、サプリメントなどのアドバイスの結果、嘔吐や便秘(前の病院でこの事が治らなかった)がほとんど改善されてます。木﨑先生のご指導に感謝しています。

  • 5.0
    投稿時期: 2020年7月 | 動物の種類: イヌ

    とても親切でわかりやすい説明で安心しました。

  • 5.0
    投稿時期: 2020年7月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 関節の外れ、肛門しぼり、歯

    写真を見せていただきながら、症状を詳しく説明していただけたり、とても丁寧な診察でした。自宅での対策も教えていただけて、何か困ったことがあったら、とても頼りに出来る病院です。

3件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

杉並動物循環器クリニック(心臓病に特化した専門クリニック)

獣医循環器認定医である院長が、より専門的な心臓病の診察・検査・治療を行っています。

【愛犬・愛猫の心臓病でお悩みの方へ】
動物も獣医療の進歩により長寿になり、人と同様に腫瘍(がん)や腎臓病と共に心臓病 が増え、「三大死因」と呼ばれるようになりました。

「心臓病」と聞くとそれだけで大きな不安に駆られることと思いますが、わからないことを明確にして、病気と向き合っていければ不安を軽くする ことができます。

じっくりお話を伺い納得のいく検査内容で治療計画を立てるためにお時間をいただきます。
※HPにて院長の診察日をご確認の上ご予約下さい。


【内科治療から必要に応じた手術まで幅広く対応】
犬・猫の心臓病の治療は内科的治療(薬の内服)が一般的です。
しかし、中には外科的な治療が可能な心臓病もあります。

当院では、動脈管開存症(PDA)の手術など、他院では難しい心臓病の手術も実施しています。

また、適応と判断された場合、インターベンション治療、ペースメーカ植込み術、人工心肺装置を使った開心術を行なっている病院へのご紹介が可能です。

当院の診療動物・診療科目について

【診療科目】
多分野にわたって対応しています。
・総合診療科
・内科
・呼吸器科
・消化器科
・泌尿器科
・皮膚科
・腫瘍科
・眼科
・外科(軟部外科・整形外科)
・麻酔科
・画像診断科

【診療動物について】
当院の診療対象動物は、犬、猫、うさぎ、ハムスターです。

病気の早期発見や健康管理をサポートする“生涯のかかりつけ医”をめざして、ご家族のお気持ちに寄り添った診療を行います。

当院での手術について

【痛みに配慮した手術、術後ケアを行います。】
当院ではできるかぎり動物に負担をかけない最適な方法で手術を行います。
事前に十分、ご説明いたしますので、不明な点は何なりとお尋ねください。

外科手術に関しましては、当院の外科担当医と十分に協議を行った上で実施いたします。

また当院では麻酔にも力を入れており、マルチモーダルな鎮痛法による痛みの軽減と、それぞれの麻酔薬の副作用を軽減する麻酔法を用いて、安全な術中管理を徹底しております。

特に重要な循環と呼吸の管理は院長の専門分野となりますので、安心してお任せください。

術後の痛みについても十分なケアを行いますので、ご安心ください。

院長紹介

木﨑 皓太

メッセージ

荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニックは、病気の早期発見や健康管理をサポートする “生涯のかかりつけ医”をめざしています。

同時に、各診療科を越えた複雑な病態にも柔軟に対応いたします。

「どうして具合が悪いのかしら? どこが痛いのかしら?」 …そんな時、不安な気持ちをまず相談していただける存在でありたいと考えています。

動物とご家族の健康と幸せを第一に考え、インフォームド・コンセントを大切に。 根拠(エビデンス)に基づいた治療と、ご家族のご意向に配慮した <オーダーメイド治療>をご提供いたします。

また当院は「杉並動物循環器クリニック」というもうひとつの名前で、より専門的な心臓病の診察・検査・治療も提供いたします。
動物とご家族のお気持ちに寄り添った「それぞれのご家庭にとって最良の獣医療」を心がけてまいります。

スタッフ紹介

獣医師 山本 倫大

みなさまが笑顔で暮らしていけるお手伝いができたらと思います。
病気はもちろん予防や食事など些細なことでも構いません。
お気軽にご相談ください。

得意分野::腫瘍学(細胞診断学)、血液学、歯科

経歴
日本獣医生命科学大学卒業 (臨床病理学研究室所属)
2012年~   横浜市内の動物病院 勤務
2015年~   日本獣医生命科学大学医療センター 腫瘍内科研修生
2017年~   都内動物病院 勤務(副院長)

<所属>
日本獣医がん学会、日本獣医生命科学大学医療センター 腫瘍内科研修生

獣医師 木嶋 洋志

動物達とオーナー様に寄り添った獣医療を心がけています。
些細な事でも心配なことがございましたら、 気軽にご相談ください。

得意分野:皮膚科

経歴
2012年     麻布大学卒
2012~2015年  千葉県船橋市の動物病院 勤務
2015~2018年  東京都練馬区の動物病院 勤務
2015年~    東京農工大学 皮膚科2種研修医
2019年~    東京都世田谷区の動物病院 勤務

<所属>
獣医皮膚科学会、東京農工大学皮膚科2種研修医

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック
住所
〒167-0034 東京都杉並区桃井2-2-3 (地図)
電話
03-6454-7416 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
ネット予約
ネット予約
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
学位・認定・専門
獣医循環器認定医
得意な診察領域
循環器系疾患 呼吸器系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-13:0009:00-13:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※最終受付は診察終了時刻の15分前となります。また水曜日は臨時休診をいただく場合がございます。水曜日の診察についてはHPでご確認いただくかお問い合わせください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://omah.tokyo
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

【2022 春の健康診断 & 予防薬(フィラリア / ノミ / ダニ)まとめ買い最大15%offキャンペーン中】
【「OMAH ウェルネスクラブ」への加入でさらにお得!!】

ネット予約

地図

〒167-0034 東京都杉並区桃井2-2-3

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の僧帽弁閉鎖不全症と猫の心筋症、心臓病の投薬治療について NEW

    荻窪駅から徒歩15分、杉並区桃井にある「荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック」では、心臓病の専門診療を行っている。犬で多い僧帽弁閉鎖不全症と猫で多い心筋症の治療について、獣医循環器認定医である木﨑皓太院長に伺った。

    • 荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック
    • 木﨑 皓太院長
  • 犬と猫の角膜潰瘍、内科と手術による治療 NEW

    生駒駅から車で5分にある「Rootsどうぶつ病院」は眼科診療に力を入れている。角膜潰瘍は犬猫で多い眼科疾患のひとつであり、傷の状態を正しく診断し、適切に治療内容を決定することが重要だ。滝本功卓院長に角膜潰瘍や白内障、眼科手術について伺った。

    • Rootsどうぶつ病院
    • 滝本 功卓院長
  • 希少疾患にも対応できる、皮膚科と腫瘍科の専門診療

    大阪市天王寺区の「上本町どうぶつ病院」は、皮膚科と腫瘍科の専門診療を行っている。国内トップクラスの専門医を招致し、治療に悩む飼い主さんに寄り添う診療を提供する中西崇之院長へ、専門外来を開設した経緯や専門診療の特長について伺った。

    • 上本町どうぶつ病院
    • 中西 崇之院長
  • 犬や猫の腎臓がん・膀胱がん

    JR大高駅近くにある動物病院サンペットクリニックは、治療だけではなく日頃のケアも行うオールインワンの病院。院長の川崎栄也先生は腎臓がん・膀胱がんなど腫瘍外科を得意としており、丁寧な説明と治療が評判を呼んでいる。できるだけ痛みの少ない手術に尽力している。

    • 動物病院サンペットクリニック
    • 川崎 栄也院長
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼~変形性関節症を予防する治療~

    群馬県富岡市の「さいとう動物病院」は整形外科に力を入れている。犬の膝関節疾患、前十字靭帯断裂や膝蓋骨脱臼は放置しても治ることはなく、適切な時期に治療を開始することが重要だ。外科を担当する木村太一先生に、膝関節疾患の治療について伺った。

    • さいとう動物病院 富岡総合医療センター
    • 木村 太一先生