くら動物病院つつじヶ丘の評判・口コミ - 東京都調布市【カルーペット】

くら動物病院つつじヶ丘
くらどうぶつびょういんつつじがおか

くら動物病院つつじヶ丘

アクセス数: 233 [1ヶ月: 98 | 前期間: 36 ]
所在地
調布市 西つつじケ丘
診察動物
イヌ ネコ ウサギ
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 循環器系疾患 内分泌代謝系疾患
調布市西つつじヶ丘の動物病院。平日・土曜は19時まで、日祝は午前診療。予防接種・健康診断・どうぶつ達の健康な毎日をサポート。トリミング・ペットホテルも行っています。
調布市西つつじヶ丘の『くら動物病院つつじヶ丘』は、つつじヶ丘駅北口より徒歩3分の動物病院です。

平日・土曜は19時まで診察。日祝も午前診療をおこなっております。

◆提携駐車場あり
サービスコインをお渡しいたします。

◆診療内容
犬・猫・(うさぎ)の内科全般・一般外科全般

◆予防接種

◆健康診断

◆病院にくることに慣れてもらうための「おやつ外来」

◆トリミング
高齢や持病のあるわんちゃんでも対応可能

◆ペットホテル
急な体調の変化にもすぐに対応可能
衛生・温度管理の行き届いた環境で安心

どうぶつ達の健康な毎日をサポートするかかりつけ医として、どうぶつ達に優しい診療・治療を提供できるようにスタッフ一同努力してまいります。

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

おやつ外来

どうぶつ達にとって、病院にくるということは非日常であり、心身にストレスを感じてしまうことがあります。

くら動物病院つつじヶ丘では「おやつ外来」として、下記を無料で行うことで病院にくることに慣れてもらう機会を増やすことができればと考えております。

1. 散歩などのついでに病院に来る

2. スタッフにあいさつをする(最初は触れずにニオイをかいでもらうだけであったり、頭をなでるだけであったり)

3. 診察室に入る、診察台にのる(最初のうちはこの過程は省くことも)

4. ごほうびとしてスタッフからおやつをもらう

その子その子によっては、おやつが身体に合わないこともあるので持病がある場合やお腹の調子を壊しやすい子はスタッフにお伝えください。
飼い主様がおやつをご持参いただいて、スタッフから与えることも可能です。

予防接種

どうぶつ達も人間と同じように予防接種を行うことで病気に対する免疫が身体の中で作られます。
病気の予防のためにもワクチン接種をおすすめします。

◆犬のワクチン
・狂犬病ワクチン
・混合ワクチン

ワクチンを注射した後、まれですがアレルギー反応を起こすことがあります。
多いものとしては眼、口、鼻の周りが腫れる顔面腫脹です。また注射部位が腫れたり、痛みがでたりすることもあります。

この症状はすぐ出ることもあれば、半日以上たってから出ることもありますので、可能な限りワクチンの注射は午前中に行うことをおすすめしています。

◆猫のワクチン
猫の場合は犬のように狂犬病ワクチンといった義務付けられたワクチンはありません。
病気の予防のために大事なのは混合ワクチンです。

ワクチンを注射した部分にしこりができることがまれに起こります。
炎症によるもので消えることもあれば、大きくなっていく場合もまれにありますので、ワクチンを注射した後にしこりを見つけたらお早めに受診をしてください。

健康診断

犬猫は1年でヒトで4歳に相当する歳をとりますので、定期的な健康診断を勧めています

若いときから健康診断をすることで、その子の健康時のデータを得ることができます。
同じ「犬」というどうぶつでも、その子その子で数値に大きく違いがあることがありますので、若く健康な時からの数値と比較することで病気をより早期に発見できます。

院長紹介

倉谷 礎(くらたに もとい)

メッセージ

こんにちは、くら動物病院つつじヶ丘 院長の倉谷 礎(くらたに もとい)と申します。

近年では動物医療の進歩、ご家族の健康への意識によって、どうぶつ達の平均寿命は延びています。
ただ、それに伴って様々な病気や高齢期の問題に向き合う機会も増えてきています。

このような中で体調が悪い、病気になったどうぶつ達を治療するだけではなく、病気を未然に防いだり、身体の衰えの徴候に気付いたりすることが動物病院での診療には必要です。

しゃべることのできないどうぶつ達の様子の変化は普段の生活の中に隠れていたりするため一緒に過ごしているご家族が気付けるように、サポートしていくことも動物病院の重要な役割だと考えます。

どうぶつ達と飼い主様にとっての最善を常に意識し、ご家族の不安を和らげられるような優しい診療・治療を行っていけるように努力してまいります。
分からない事があれば、遠慮せず何度でも聞いてください。
気軽に立ち寄れる、ご相談いただける病院にしていきたいと思います。

【略歴】
2013年麻布大学卒業
静岡県内で複数の動物病院勤務
東京都内の動物病院勤務
2021年1月 くら動物病院つつじヶ丘開業

スタッフ紹介

獣医師 副院長

坂口 奈都子
うさぎ診療担当

動物看護師長・トリマー

藤田 英子

経理

相田 浩子

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
くら動物病院つつじヶ丘
住所
〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘1-29-8 (地図)
電話
042-488-8228 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ

※ウサギの診察をご希望の場合は、事前にご連絡ください。

得意な診察領域
歯と口腔系疾患 循環器系疾患 内分泌代謝系疾患
診察領域
眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※休診日/水曜日・日曜日午後・祝日午後 ※診療受付:診察時間終了 30分前まで

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://kura-ah-tsutsujigaoka.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘1-29-8

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼~変形性関節症を予防する治療~ NEW

    群馬県富岡市の「さいとう動物病院」は整形外科に力を入れている。犬の膝関節疾患、前十字靭帯断裂や膝蓋骨脱臼は放置しても治ることはなく、適切な時期に治療を開始することが重要だ。外科を担当する木村太一先生に、膝関節疾患の治療について伺った。

    • さいとう動物病院
    • 木村 太一先生
  • 犬と猫のがん治療。標準治療と緩和的治療

    京都市北区の動物病院「かもがわ動物クリニック」では、がん治療に力を入れている。飼い主の話をしっかり聞き、話し合うことを重視して治療にあたる萩森健二院長に、犬猫のがんの治療方針、免疫療法・温熱療法など負担の少ないがん治療についてお話を伺った。

    • かもがわ動物クリニック
    • 萩森 健二院長
  • 犬のヘルニアと膝蓋骨脱臼

    浅草駅から徒歩15分に、犬や猫、ウサギやサル等の小動物まで幅広く対応する「佐野動物病院」はある。佐野晋院長は、犬の椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼の手術を得意とし、全国から多くの患者が訪れている。そんな佐野院長に病気について詳しいお話を伺った。

    • 佐野動物病院
    • 佐野 晋院長
  • 犬猫の腎臓病。症状と治療法

    世田谷区代田の羽根木動物病院は、犬・猫の腎臓病治療に力を入れている。慢性腎不全は完治が難しいが、早期に発見して治療を開始することで延命できる場合も。院長の有井良貴先生に、腎臓病の症状や検査、最新の治療法である再生医療について話を伺った。

    • 羽根木動物病院
    • 有井 良貴院長
  • 猫に優しい動物病院です。本院との連携で夜間救急も対応

    JR荻窪駅から徒歩7分の「グラース猫の病院」は、キャットフレンドリークリニックのゴールド認定を取得している、猫専門の動物病院だ。副院長の福田あゆみ先生に、病院の特徴や、本院である「グラース動物病院」との連携、猫の病気について伺った。

    • グラース猫の病院
    • 福田 あゆみ副院長
ページトップへ