ポッケ動物病院の評判・口コミ - 愛知県豊橋市【カルーペット】

ポッケ動物病院
ぽっけどうぶつびょういん

ポッケ動物病院

4.03
アクセス数: 8,625 [1ヶ月: 167 | 前期間: 147 ]
所在地
豊橋市 三ツ相町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 耳系疾患
愛知県豊橋市の動物病院。犬・猫・エキゾチックアニマルに対応。土日祝も診療します。無料駐車場10台完備。
「ポッケ動物病院」は、愛知県豊橋市にある動物病院です。

わんちゃんねこちゃんをはじめ、うさぎ・ハムスター・モルモット・ハリネズミなどエキゾチックアニマルの診察も行なっております。

平日・土曜は19時半まで、日曜は17時まで、祝日も12時まで診療をおこなっておりますので、大切な動物の体調に不安を感じたらすぐにお越し頂けます。

治療だけではなく、症状が緩和したあとも再燃しないようにする日々のケアまで、その子にとって一番良い方法を飼い主様と一緒に考えていければと思っております。

1)予防医療
各種予防接種・去勢手術・避妊手術に対応しております。手術は予約制で、術前に一度身体検査にご来院ください。

2)健康診断
犬・猫以外にも、ウサギ・フェレット・ハリネズミなど小型哺乳類さんも血液検査や画像検査、尿検査、糞便検査、歯科検診等の健康診断を行っております。

3)予防歯科
軽度のうちの歯石除去と共に日々の歯ブラシやデンタルケアにより歯の健康を守りましょう。

無料駐車場も10台ご用意しておりますので、お車でお越しの際はご利用ください。

お知らせ

【11月12月 臨時休診のお知らせ】

11月11日(木):全日臨時休診
11月20日(土):午後休診
11月23日(火):午後休診
11月28日(日):午後休診

12月 4日(土):午前休診
12月10日(金):全日臨時休診
12月25日(土):午後休診

【年末年始 休診のお知らせ】
12月29日(水)~1月3日(火):全日臨時休診

口コミ

2件中 2件を表示(すべて見る

めぐ
さん
11人中 11人が、 この口コミが参考になったと投票しています

うさぎの皮膚性疾患で受診しました。 犬、猫の病院はたくさんありますが、うさぎなどのエキゾチックアニマルを診察できる病院は数が少ないので、自宅から遠くなくこの病院があり助かりました。 ホームページの... (続きを読む)

投稿時期: 2019年09月 | 来院時期: 2019年09月 
5.0
ムーくんママ
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ご夫婦そろって獣医さんの先生が診てくださる病院です。 近所に開業されてまもなく、うちの老犬の看取りをしていただき、その際にとても心のこもった対応をしてくださり、良い病院だなとその後もお世話になるよう... (続きを読む)

投稿時期: 2019年06月 | 来院時期: 2019年06月 
5.0

2件中 2件を表示(すべて見る

病院紹介

予防接種・去勢手術・避妊手術

◆予防接種
・混合ワクチン
・狂犬病ワクチン
・フェレットのジステンパー予防接種
・フィラリア予防(わんちゃん、フェレットさん、ねこちゃん)
・ノミダニ予防

◆去勢手術・避妊手術
去勢手術・避妊手術は、子供ができなくなるためだけの手術ではありません。もちろん地域猫さんや、多頭飼育の場合は望まれない子供を増やさないための手術ではありますが、病気の予防としても大切な手術です。

手術をすることで未然に防げる病気があることがわかっても、全身麻酔や不妊手術に対する抵抗感など、若い健康な時期に手術をすることに不安も大きいかと思います。

術前の検査だけではなく、手術をした場合、しなかった場合のお話をするなかで、不安の解消やご家族にあった選択が出来ればと考えております。

手術は予約制で、術前に一度身体検査にご来院ください。

健康診断

・血液検査
・腹部、胸部超音波検査
・レントゲン検査
・尿検査
・糞便検査

お家に新しくお迎えした、中高齢になった、元気だけど気になることがある・・・タイミングは様々ですが早期に検査をすることで、症状が重篤化することが防げたり、隠れた病気を見つけてあげることができます。

動物さんは人の数倍の速さで年をとっていきます。定期的な健康診断が、高度な治療よりも病気を未然に防ぎ、ご家族・動物さんの大切な時間を守る力になることだと考えております。

すべての病気が健康診断で見つかるわけではありませんが、しゃべることができない動物さんは、検査をしてやっとわかる病気も多くありますのでお気軽にご相談ください。

ウサギ、フェレット、ハリネズミなど小型哺乳類さんも血液検査や画像検査、尿検査、糞便検査、歯科検診等の健康診断を行っております。

※小型哺乳類さんの血液検査やハリネズミさんやシマリスさんなど防御姿勢や運動能力が高い動物さんは麻酔が必要になることがあります。

予防歯科

日々の生活と共に蓄積する歯石により、歯周病で苦しむ動物さんもいます。

人と違い動物さんの歯石除去には全身麻酔が必要となります。
軽度のうちの歯石除去と共に日々の歯ブラシやデンタルケアにより歯の健康を守りましょう。

定期的な歯ブラシにより歯科処置のための全身麻酔の回数を減らすことができます。

院長紹介

河合 泰大

メッセージ

当院では、動物達の小さな変化を気軽に相談していただける病院を目指しております。わんちゃんねこちゃんをはじめ、うさぎ・ハムスター・モルモット・ハリネズミなどエキゾチックアニマルさんの診察も行なっております。

地域のホームドクターとして、大切な家族の病気・治療に対する不安が少しでも和らぐこと、家族との大切な時間を守る力になることができるように努めてまいります。

略歴
2011年 北里大学獣医学部獣医学科 卒業
2011年 ごり動物病院 勤務
2014年 コスモス動物病院 勤務
2017年 ポッケ動物病院 開院

所属 エキゾチックペット研究会

スタッフ紹介

獣医師 

●河合 綾子

略歴 2013年 北里大学獣医学部獣医学科 卒業
2013年 ちちぶ動物病院、ごり動物病院 勤務
2014年 てらかど動物病院 勤務
2017年 ポッケ動物病院 開院

動物看護師

●竹澤 結希

2013年 日本獣医生命科学大学 獣医学部保険看護学科卒業

動物看護師・トリマー

●高柳 珠佳

2018年 中部コンピュータ・パティシエ保育専門学校 卒業

●夏目 麻央

2018年 中部コンピュータ・パティシエ保育専門学校 卒業

ペットホテル

病院詳細

病院名
ポッケ動物病院
住所
〒441-8008 愛知県豊橋市三ツ相町376番2 (地図)
電話
0532-34-3155 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス

※ハリネズミも診療しております。

得意な診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 耳系疾患
診察領域
眼科系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:3016:00-19:30-16:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3015:00-17:00-

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.pokke-animal.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒441-8008 愛知県豊橋市三ツ相町376番2

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 短頭種気道症候群の治療、外鼻孔狭窄と軟口蓋過長症の手術 NEW

    長岡京市にある「乙訓どうぶつ病院」は呼吸器疾患の治療に力を入れている。パグやフレンチブルドッグに好発する短頭種気道症候群は、年齢を重ねるごとに進行する病気である。中森正也院長に、短頭種気道症候群や外鼻孔狭窄、軟口蓋過長の手術について伺った。

    • 乙訓どうぶつ病院
    • 中森 正也院長
  • 飼い主様との会話を大切に、本当に必要な検査と治療を提案する NEW

    市川市の「あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital」は2021年11月に開院。猫専用の待合室があり、夜間救急診療にも対応。飼い主と一緒に治療を考える事を大切にしている。髙橋一馬院長、髙橋亜樹子副院長に同院の特徴を伺った。

    • あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital
    • 髙橋 一馬院長
    • 髙橋 亜樹子副院長
  • スタッフ一丸、患者様のために。高度医療を実現するチーム医療

    札幌市白石区の「アイリス動物医療センター」は2020年に移転リニューアルをした動物病院だ。チーム医療を実践し、症状にあわせてその科目に特化した獣医師が高度な医療を提供する。中村匡佑センター長と倉本先生、加藤先生、波田先生に病院の特徴を伺った。

    • アイリス動物医療センター
    • 中村 匡佑センター長
  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼)

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • スタッフの技術と最新の設備で、人と動物が幸せになる環境を作る

    足立区の梅島動物病院は開院して30年。「スタッフ皆でやることで、より良い治療ができる」と語る勝山義夫先生と、その人柄を慕うスタッフ約40名の活気が病院には溢れている。勝山先生に開業当時の話や最新のCT検査機器、再生医療について伺った。

    • 梅島動物病院
    • 勝山 義夫先生