せじま動物病院の評判・口コミ - 埼玉県さいたま市浦和区【カルーペット】

せじま動物病院
せじまどうぶつびょういん

せじま動物病院

4.57
飼い主の声7件 (
アクセス数: 51,759 [1ヶ月: 506 | 前期間: 577 ]
所在地
さいたま市浦和区 高砂
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット リス 鳥
得意な診察領域
東洋医学
埼玉県で最初に設立された小動物専門の動物病院です。鍼灸ペットクリニック併設。
当院では、80年間診療してきたノウハウに、最新の情報と鍼灸を中心とする東洋医学を取り入れ、それぞれの事情に合わせた、そして動物にやさしいオーダーメイドの治療をご提案しています。
単に病気を治すということだけではなく、オーナー様とペットが共に快適に生活していくお手伝いができればと思っています。
ペットを飼い始めたばかりのオーナー様には、病気にしないために気を付けるポイントを、若い動物を飼っているオーナー様には、いつまでも若々しく元気でいるための秘訣をご指導したり、高齢のペットを飼っているオーナー様には、一日も長く快適に過ごすために必要なサポートをしています。
万一けがや病気をした場合には、悪化を防ぎ免疫力を高める方法を併せて、動物に苦痛を与えない優しい治療を心がけています。
『ペットに優しい医療』を目指して、ペットとオーナー様が幸せに暮らせるようにサポートします。

口コミ

5件中 3件を表示(すべて見る

ロンママ
さん
Pick Up!
13人中 11人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家の愛犬が腰を痛めた際にお世話になりました。 留守中に何かをし腰を痛めたようで、家に帰ったら動けずうずくまる愛犬がとても心配になり診察をお願いしました。 ここでは鍼灸治療が受けられるとのことで... (続きを読む)

投稿時期: 2015年08月 | 来院時期: 2015年07月 
5.0
マンジュリカ230
さん
2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

便秘が5日間続き困り果てた結果、こちらに来ました。 先生は、じっくり身体を触診。優しくうちの子に接してくださいました。 おかげで、全部排出し苦しみから脱しました。 受付の方も一緒になってうちの子... (続きを読む)

投稿時期: 2019年01月 | 来院時期: 2018年11月 
5.0
トトロ
さん
1人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

愛犬が脇腹をかゆがったので受診しました。受付はとてもこじんまりとしていて、昔からある町医者という雰囲気です。先生は、おじいちゃんですが、診察前に私の愛犬にこんにちはと声をかけてくれ安心しました。 診... (続きを読む)

投稿時期: 2017年03月 | 来院時期: 2016年 
4.5

5件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

2件中 2件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2020年7月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 前足の麻痺|針、灸

    立てるようになり、食欲も元気も回復しました。施術していただいた当日に立てた時にはおどろいてしまいました。

  • 5.0
    投稿時期: 2018年5月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 腰ヘルニア

    鍼灸の治療で受診、2017.10月に後足の麻痺になってからお散歩に行ける様にまで治して頂き飼主としては大変満足と感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。 今後も、高齢ですので一日でも長く生きられる様に健康管理をしてあげたいと思っております。宜しくお願い致します。

2件中 2件を表示(すべて見る

病院紹介

東洋医学とペットの健康【腰痛・椎間板ヘルニア】

老犬の腰痛やミニチュアダックスフントの椎間板ヘルニアは、夏のエアコンによる冷えで悪化することがよくあります。
下半身に痛みのある動物は、東洋医学では「上熱下寒(じょうねつげかん)」といって、陰陽のバランスを崩して上が陽盛(ようせい)、下が陰盛(いんせい)になっています。
下半身は冷えて痛みや麻痺がある一方で、頭部はのぼせて呼吸が荒くなったり興奮したり暑そうに見えるため、冷やしてあげると下半身がさらに冷えてしまうのです。
鍼灸や漢方でこの陰陽のバランスを整え、根本的に痛みや麻痺を治療するのが東洋医学です。

東洋医学とペットの健康【獣医3-E針法・鍼灸】

3-E針法を動物のために応用、開発したものです。
患者動物に苦痛や負担をかけないために、少ない針で短時間に確実な治療効果を上げます。患者動物は治療中から気持ちよくリラックスします。
現代獣医学の光が当たらなかった多くの動物たちが、鍼灸や漢方で健やかな心身を取り戻しています。あきらめる前に一度試してみてください。
また、抗ガン剤や頻回の検査など体への負担が大きい治療を受ける場合に、鍼灸や漢方を併用すると、心身ともにリラックスして治療のストレスをやわらげることができます。

季節の薬草風呂3,4月~よもぎ風呂~

春は、冬の間に低下していた代謝機能や解毒を担う肝臓の働きが活発になる季節です。ポゥでは今年も、春のケアとしてよもぎ風呂をご用意しました。よもぎは薬効の多い生薬です。ビタミン・ミネラルが豊富で、精油成分を含みます。よもぎ風呂に入ると、薬効成分が皮膚から全身に広がり、老廃物の排出を促進します。他にも殺菌作用、美肌効果、疲労回復効果、温熱効果があります。また、湯気から鼻に入るよもぎの香りには、リフレッシュ・リラックス効果や気道粘膜の炎症をやわらげる働きもあります。ぜひ、ご利用ください。
シャンプーまたはシャンプー&カットコースによもぎ風呂を追加してご利用いただけます。(追加料金)
ご予約時にお申し付けください。

院長紹介

瀬島 孟

メッセージ

当院の方針は「ヒューマンアニマルボンド」、「バイオフィリア」という二つの大切な考え方に集約されています。
ヒューマンアニマルボンドとは「人間と動物との絆」をさします。
近年、人と動物とのふれあいが、「子供たちの精神の発達に不可欠」であることや、人の医療や福祉に効をもたらす事などが、解明されています。
また、バイオフィリアとは生命もしくは、生命に似た過程に対して関心を抱く内的傾向のことを指します。
難しいことを言うようですが、私たちが医療業務にあたる際の理念の核となる大切な部分です。単にペットの手当をするのではなく、治療行為の根本には同じ生き物としての本能に根ざした意義があるのだ、ということを知っていただきたいと思っています。
この2つの考えを大事にし、今後も診療にあたっていこうと思っております。

トリミング

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
せじま動物病院
住所
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂4-2-3 (地図)
電話
048-862-2757 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット リス 鳥
得意な診察領域
東洋医学
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
17:00-19:0017:00-19:00-17:00-19:0017:00-19:00---

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://sejima.net/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂4-2-3

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 治療から移動動物園まで。人と動物が幸せに暮らす環境を作りたい NEW

    川越市「アリス動物病院」は地域とともに発展してきた病院だ。犬猫、ウサギなどの一般診療と予防医療に注力、外科や腫瘍科では遠方からの来院も多い。2020年にはドッグランをオープンし、動物イベントも開催。竹島昌俊院長に病院の特徴や今後の展望を伺った。

    • アリス動物病院
    • 竹島 昌俊院長
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼~変形性関節症を予防する治療~ NEW

    群馬県富岡市の「さいとう動物病院」は整形外科に力を入れている。犬の膝関節疾患、前十字靭帯断裂や膝蓋骨脱臼は放置しても治ることはなく、適切な時期に治療を開始することが重要だ。外科を担当する木村太一先生に、膝関節疾患の治療について伺った。

    • さいとう動物病院
    • 木村 太一先生
  • 犬の腫瘍(がん、メラノーマ)最新治療

    清須市の水野動物病院は、良性腫瘍・悪性腫瘍(がん)の診療を得意としている。全国でも取得者が40数名しかいない獣医腫瘍科認定医Ⅰ種の資格を持つ院長の水野累先生に、最新の腫瘍治療や難治性腫瘍(口腔内悪性メラノーマ)についてお話しを伺った。

    • 水野動物病院
    • 水野 累院長
  • 「てんかん」MRI検査と最新のアプローチ

    浜松市東区「かば動物クリニック」はMRIとCTを完備し、てんかんや椎間板ヘルニアなど脳・神経系疾患の診療を得意としている。犬猫でのてんかんの発症率は人と比較して高頻度で、身近な病気であるという。國谷貴司先生にてんかんの診療について伺った。

    • かば動物クリニック
    • 國谷貴司院長
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長
ページトップへ