小滝橋動物病院の評判・口コミ - 東京都新宿区【カルーペット】

小滝橋動物病院
03-5332-6866
おたきばしどうぶつびょういん

小滝橋動物病院

4.34
アクセス数: 42,698 [1ヶ月: 1,061 | 前期間: 877 ]
所在地
新宿区 百人町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
学位・認定・専門
獣医循環器認定医 ・ 獣医腫瘍科認定医 II種
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
新宿区の『小滝橋動物病院』、犬・猫・エキゾチック対象、年中無休・夜19時まで、専門外来・救急外来あり、駐車場完備
新宿区の『小滝橋動物病院』は、犬・猫・エキゾチックを対象に「身近なかかりつけ医」と「先進医療」の両立で質の高い獣医療をご提供いたします。

1.専門外来
皮膚科、腫瘍科、循環器科の専門外来を行っています。予約制ですので、まずはお問い合わせ下さい。

2.診療科について
一般外科、一般内科、整形外科、循環呼吸器科、腫瘍科、神経科、腎泌尿器科、消化器内科、皮膚科、眼科、画像診断科
各種予防、健康診断といった予防医療から、セカンドオピニオンまで広く対応いたします。

3.充実の医療体制・手術実績
当院グループには2つの医療センターがあり、高度度な手術に対応が可能です。CT検査やMRI検査も待ち時間なく受診できます。
また、外科手術に強みを持つ小滝橋動物病院グループには、日々様々な症例の動物が来院され、年間1500件以上の手術実績がございます。

通常の診察はご予約なしでご来院いただけますが、専門外来の受診をご希望の方はご予約をお願い致します。

口コミ

22件中 3件を表示(すべて見る

栗231
さん
Pick Up!
43人中 40人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ホームページで見ると、最新の医療機器を備え、設備もすごく、最初はセレブの病院と思っていました。 しかし、実際は全く違います。 ペットと飼い主の立場に立って、最善の治療をできるだけリーズナブルな費用... (続きを読む)

投稿時期: 2017年04月 | 来院時期: 2017年04月 
5.0
くー
さん
2人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

愛犬が糖尿病になり入院しました。 退院後何の説明もなく帰されました。 その後何回も低血糖になるので相談しても 「うーん」とか適当な回答で信頼できませんでした。入院中は膵炎の可能性もあると言われ高... (続きを読む)

投稿時期: 2020年07月 | 来院時期: 2020年 
1.0
ぽんくん
さん
6人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

こちらの病院は以前から知ってはいたものの、綺麗すぎて訪れるのに少し抵抗がありました。 2年前に右足首の間接の骨が少し欠けてしまい、小滝橋動物病院に電話して駆け込んだのがきっかけになりました。 だい... (続きを読む)

投稿時期: 2020年02月 | 来院時期: 2020年01月 
5.0

22件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

当院では専門外来も行っています(要予約)

■皮膚科/村山先生(アジア獣医皮膚科専門医)
犬と猫が罹患する皮膚病には実に多くの種類があり、その原因や症状も様々です。 特に犬は猫に比べて皮膚病にかかる割合が高いため、掻く、こする、舐める、などの動作があれば注意し、 被毛の下の皮膚に少しでも異変が見られたら、ご相談ください。

■腫瘍科/杉山先生(獣医腫瘍科認定医)
動物の高齢化が進み腫瘍での死亡率が高くなっています。なるべく早い発見が今後の治療、生活に大きく影響します。 腫瘍は大きく分けて、しこりが大きくなる固形がんと(外科手術で治療)、血液のがん(抗がん剤で治療)に分かれます。基本的には外科と抗がん剤のコンビネーションで治療していきます。 まず、ステージを確実に診断することから始まります。

■循環器科/井口先生(循環器科認定医)
心疾患の診断と病気の重症度、またその治療をより正確に行うためには、様々な検査を正しく行う必要があります。7〜8歳を過ぎた患者さん、心雑音を指摘された患者さん、現在治療中の患者さんのセカンドオピニオン等、心臓検査を希望される方や心臓病が心配な方は是非当院にご相談ください。

※詳細はHPをご確認下さい。

診療科について

当院では「身近なかかりつけ医」と「先進医療」の両立で、質の高い獣医療を提供します。

ワクチンやフィラリア、ノミ、ダニ予防や健康診断といった予防医療から、セカンドオピニオンまで広く対応いたします。
日本全体における年間の手術実施件数が数件といえるような希少な症例についても経験があり、日々様々な症例に向き合っています。

■一般外科
■一般内科
■整形外科
■循環呼吸器科
■腫瘍科
■神経科
■腎泌尿器科
■消化器内科
■皮膚科
■眼科
■画像診断科

充実の医療体制・手術実績

■充実の医療体制
当院グループには2つの医療センターがあります。
・目白通り高度医療センター(CT検査)
・新目白通り第2高度医療センター(MRI検査)
それにより、高度度な手術に対応が可能であり、CT検査やMRI検査も待ち時間なく受診できます。

CTは特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病変に関しては、優れた描出能が知られています。

MRIは脳の病気(てんかんの様な発作があったり、片足の麻痺、目が見えなくて壁にぶつかる、たてなくなる、同じ方向にぐるぐる回るなどの症状)や、 脊髄の病気(椎間板ヘルニアのような症状で、立てなくなったり、腰や首をものすごく痛がったり、後ろ足の麻痺や前足の麻痺など)の時に検査が必要になります。

■手術実績
外科手術に強みを持つ小滝橋動物病院グループには、日々様々な症例の動物が来院され、多くの獣医師が経験を積んでいます。
年間1500件以上の手術実績がございます。(HPで詳細を確認できます)

院長紹介

中村 泰治

メッセージ

これまでは、人間の医療と異なり専科に分かれず1人の獣医師が多くの科を受け持っていましたが、専門医の必要性も高まりつつあります。 高度な医療に応えられる設備を備えるのは、一部の病院や大学病院に限られていました。また、かかりつけ医からの紹介状によって、それらを利用することができますが、まだまだ数が少ないため、受診までに時間がかかることで助からない命があることも現実です。

小滝橋動物病院グループでは、ほんの少しの異変でも気軽に相談ができ、そして万一のときには先進の体制で高度な医療を提供できる。そんな理想の病院を目指して、2015年にCT検査装置を導入したひとつめの高度医療センターを開設。それに伴い、2016年には心臓外科を開始いたしました。そして、2017年末にMRIを導入した新たな高度医療センターを開設するに至りました。2018年中には脳神経外科のスタートを目指します。
これからも人間の医療のレベルを目指し日々歩んでまいります。

スタッフ紹介

獣医師

【小薗江 亮太】
Recove認定医
これまで、救急医療から街のかかりつけ医まで、様々な経験をしてきました。 適切なタイミングでの的確な見立てを心がけ、飼い主様に安心をご提供できるよう努めてまいります。

【水谷 博紀】
得意とする科目:整形、神経、外科一般
どのような時も、同様に治療出来るようにスタッフ一丸となってチーム医療を行なっていきます。専門分野と一般臨床を合わせて、より良い生活の為に診察させて頂きます。

【牧野 祥之】
この病院は専門医を目指す環境が整っているので、毎日が勉強の日々ですがとても楽しく充実しています。

【永野 真樹】
動物たちの苦しみと飼い主様の不安を少しでも取り除ける様に、日々の診療を心がけています。

獣医師

【戸田 裕子】
子供の頃憧れたDr.ドリトルの「動物の気持ちが分かる」ような、高い技術と深い知識、多くの経験に裏打ちされた優れた獣医師になりたいです。

【斎藤 悠紀彦】
どんな時も落ち着いて安心を与えられ、また飼い主様との関係を大切に喜びを追求していきます。

看護師

【小林 絵梨】
受付として治療以外のことからもサポートしていければと思います。 どんな些細な事でもお気軽にお声がけください。

【中村 優紀】
グループ内のセンター病院より移動してきました。患者さんとの距離が近く、笑顔の絶えない雰囲気の、この病院をとても気に入っています。少しでも患者さんや仲間にとって頼りになる存在でありたいと思っています。
【清水 七海】
動物医療に携わるのが小さい頃からの夢でした。多くの動物にふれられる毎日にやりがいを感じています。
【諏訪 忍】
飼い主様や動物が安心して頼れる看護師になりたいです。不安があれば何でもお尋ねください。
【森田 美波】
小さい頃から動物が大好きでこの仕事に就きました。 些細な事にも気づける優しい看護師になりたいです。

病院詳細

病院名
小滝橋動物病院
住所
〒169-0073 東京都新宿区百人町4-9-2 浅美ビル (地図)
電話
03-5332-6866 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
学位・認定・専門
獣医循環器認定医 ・ 獣医腫瘍科認定医 II種
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00

※1月1日~1月3日は10時~17時までの間休みなく診察しております。また、毎月15日は午前中のみの診察となり午後は休診となります。

※時間外の場合には24時まででしたら対応しますので、お電話ください(電話:03-5332-6866)

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.otakibashi.com
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒169-0073 東京都新宿区百人町4-9-2 浅美ビル

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬と猫のリンパ腫。診断とQOLを維持する抗がん剤治療 NEW

    札幌市厚別区にある「北央どうぶつ病院」は、腫瘍の診療に力を入れている。リンパ腫の治療では、腫瘍の種類と広がりを理解し、それに合わせた抗がん剤治療が有効だという。福本真也院長に、リンパ腫の診断や副作用の少ない治療について伺った。

    • 北央どうぶつ病院
    • 福本 真也院長
  • よく診る病気やケガにこそ、質の高い診療を。 NEW

    滋賀県近江八幡市の森動物病院は、75年以上の歴史をもつ。ワクチンやフィラリア、去勢・避妊手術などの予防医療から、CT検査や高難度の外科手術にまで対応できる総合医療を提供。3代目の森健志先生と篠田仁美先生へ、同院の強みや特徴について伺った。

    • 近江八幡動物医療センター 森動物病院
    • 森 健志先生
    • 篠田 仁美先生
  • 皮膚と耳のエキスパートが提供する、体の負担が少ない治療

    板橋区南常盤台の「北川犬猫病院」は、地域のホームドクターであると同時に、皮膚・耳疾患の治療にも力を入れている。多くのスタッフともにペットの健康管理を担う後藤慎史院長に、皮膚科・耳科の診療や同院の特徴について伺った。

    • 北川犬猫病院
    • 後藤 慎史院長
  • 犬猫の口臭をクリーニングで改善

    横浜市磯子区の葉山動物病院は、犬・猫の口臭の原因となる歯周病の治療に注力。歯石除去では麻酔をかけて一本ずつ磨き上げ、歯周ポケットも丁寧に清掃。細菌検査による歯周病リスクのチェックも。院長の葉山俊先生に歯周病の予防と治療について伺った。

    • 葉山動物病院
    • 葉山 俊院長
  • 豊富な経験を活かして犬の膝関節脱臼を治療

    相模原市中央区、市役所近くの「相模原プリモ動物医療センター第2病院」は、ハイレベルな設備を備えた手術室を持つ動物病院だ。豊富な整形外科手術の経験を持つ今井巡院長に、病院の特徴と犬の膝関節脱臼(パテラ)治療について伺った。

    • 相模原プリモ動物医療センター第2病院
    • 今井 巡院長
ページトップへ