ときまつ動物病院の評判・口コミ - 東京都世田谷区【カルーペット】

ときまつ動物病院

アクセス数: 1,107 [1ヶ月: 6 | 前期間: 18 ]
所在地
世田谷区 松原
診察動物
イヌ ネコ

ときまつ動物病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

病院詳細

病院名
ときまつ動物病院
住所
〒156-0043 東京都世田谷区松原2-35-10 (Googleマップを見る)
電話
03-5300-8211 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.tokivet.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

ときまつ動物病院の運営者様は、掲載情報を編集することができます。 詳しくはこちら

ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

まだ口コミは書かれていません

近くの病院

PR

自由が丘アニマルクリニック

4.78点  【口コミ 11
東京都世田谷区深沢1-1-2竜星ハイツ1階
03-6432-3825
イヌ ネコ
眼科系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腫瘍・がん
飼い主様と大切な動物たちに寄り添い、その子その子に合った、最適な医療 をご提供致します。
頼れる獣医が教える治療法 vol.016
羽根木動物病院 東京都 世田谷区
有井 良貴 院長

豪徳寺なみき動物診療所

4.54点  【口コミ 20件】
東京都世田谷区豪徳寺1-50-15
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
獣医腫瘍科認定医 II種

ほうなんペットクリニック

4.51点  【口コミ 4件】
東京都杉並区和泉4-42-29
イヌ ネコ
皮膚系疾患 脳・神経系疾患

動物病院 うみとそら

4.50点  【口コミ 8件】
東京都杉並区和泉3-60-12 静ハイツ1F
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類

吉池獣医科病院

4.49点  【口コミ 4件】
東京都世田谷区豪徳寺1-38-11
イヌ ネコ ウサギ リス 鳥

ひがしやま動物病院

4.48点  【口コミ 4件|アンケート 1件】
東京都杉並区和泉2-33-22 山川ビル1F
イヌ ネコ

ドクターズインタビュー記事

  • 椎間板ヘルニアの診断から治療・リハビリまで NEW

    杉並区上高井戸にある「エルムス動物医療センター八幡山院」はCT・MRIを備え、高度な整形外科治療を行っている。特に椎間板ヘルニアの治療に強みを持つという。センター長である高瀬雅行先生に、椎間板ヘルニアの診断・治療・リハビリについて伺った。

    • エルムス動物医療センター八幡山院
    • 高瀬雅行センター長
  • 動物と人が幸せに暮らせる環境づくりをサポートしていきたい

    兵庫県明石市小久保にあるこすもす動物診療所は、犬、猫から、うさぎ、モルモット、ハムスター、フェレット、小鳥といった小動物まで診察可能。開院以来、大切な動物を飼い主が安心して任せられる獣医療を精力的に展開する院長夫妻にお話を伺った。

    • こすもす動物診療所
    • 小川 篤史院長
    • 小川 まき先生
  • 100匹以上の飼育経験をエキゾチックアニマルの診察に活かす

    千葉市若葉区『BEN犬猫エキゾの病院』は、犬猫に加えて診療の難しい動物も診察する。『うさぎやハムスター、爬虫類などの飼育に困っている方を助けたい』と話す石川雅章院長が飼ってきたペットは数知れず。そんな院長の診療への思いを伺った。

    • BEN犬猫エキゾの病院
    • 石川 雅章院長
  • 循環器認定医が教える犬と猫の心臓病

    東京メトロ根津駅から徒歩5分にある上野の森どうぶつ病院は、心臓病の専門診療を行っている。心臓病は状態を正しく把握し治療を行うことで、寿命を全うすることもできる。循環器認定医の諌山紀子先生に、心臓病の治療や家庭での注意点についてお話を伺った。

    • 上野の森どうぶつ病院
    • 諌山 紀子先生
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
ページトップへ