つばめ動物病院の評判・口コミ - 東京都品川区【カルーペット】

つばめ動物病院
03-6426-6996
つばめどうぶつびょういん

つばめ動物病院

4.84
アクセス数: 46,486 [1ヶ月: 414 | 前期間: 425 ]
所在地
品川区 中延
診察動物
ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
大切なお知らせ

院長の産休に伴う診療規模縮小のため、8月以降は初診の方をお断りさせていただくようになります。
また、9月以降は日曜日の診察を当面お休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

品川区にある鳥や小動物の専門病院です。かけがえのない小さな家族の幸せのために飼育相談や健康診断も行っています!予約制のためまずはお電話ください。
つばめ動物病院では、鳥や小動物専門に最良の医療をご提供できるよう、日々進化していく獣医療を取り入れ、飼い主様の大切な動物たちの健康と幸せのために全力で診療を行っております。

健康診断や飼育相談なども行っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

また当院では待ち時間をできる限り短くし、動物への負担を軽減することを目的として、予約制で診療を行っております。
まずはお電話にてお問い合わせ下さい。
なお、お電話は診察時間内にお願いします。

診察時間:9:00~12:00、15:00~18:30
休診日:水曜日、日曜午後、祝日

お知らせ

【8月以降は初診方の診療をお断りさせていただくようになります】
院長・梨本の産休に伴い診療規模を縮小させていただきます。
加えて、9月以降は日曜日の診察を当面お休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです。
詳細はHPをご確認ください。

口コミ

11件中 3件を表示(すべて見る

libbyyang1993
さん
11人中 11人が、 この口コミが参考になったと投票しています

 うちの2ヶ月ほどのオカメちゃんは急な病気で嘔吐、下痢でまったく食べれないすごく危険な状況でした。ほかの口コミのいいところも連れて行きましたがそちらの先生は処置もしてもらわず、簡単な薬を出してくれまし... (続きを読む)

投稿時期: 2019年07月 | 来院時期: 2019年07月 
5.0
ベビーブルー831
さん
5人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

予約制でしたが、急なことでしたので当日に電話をかけたところ予約を取ることができました。うちのオカメインコを診ていただきました。とてもわかりやすい説明で、検査の結果や触診でわかったことなどを細かく丁寧に... (続きを読む)

投稿時期: 2019年02月 | 来院時期: 2019年 
5.0
hygieniest6
さん
6人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

昨年、他院の対応に不信感を抱きこちらにお世話になりました。 待合室には鳥のマスコットなどがあり、医院の雰囲気で鳥好きな先生なんだなと言うのが一目でわかりました。 わからない所は的確に、且つ優しく、... (続きを読む)

投稿時期: 2019年01月 | 来院時期: 2018年 
5.0

11件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

予約診療について

当院では、動物たちへの負担軽減のため診療は予約制で行っております。
ご予約の際は、診療時間にお電話でお願いしております。お気軽にご相談・ご予約ください。

診療内容・対象動物について

一般診療の他、糞便検査・尿検査・そのう検査(鳥)・皮膚検査・レントゲン検査・血液検査・病原体検査(鳥)など、動物たちの健康状態に応じて飼い主様とご相談のうえ提案して行います。

【診療対象動物】
鳥:セキセイインコ・オカメインコ・文鳥・ウロコインコ・ウズラ・鶏など

草食動物:ウサギ・モルモット・デグー

小型げっ歯類:ハムスター・シマリス・ラット・フェレット・ハリネズミ

※上記以外の動物については、お電話にてご相談ください。

健康診断について

健康診断や飼育相談を行っておりますので、お気軽にご相談ください。
犬猫に比べ、病院へ行く機会の少ない小動物も、健康でいるために定期的な健康診断が大切です。

【鳥】
体重測定・糞便検査・そのう検査・体格や羽の状態のチェックなど

糞便検査でよくみられる病気:メガバクテリア症・回虫症・原虫症
そのう検査でよくみられる病気:トリコモナス症・カンジダ症
病原体検査で発見できる病気:クラミジア・PBFDなどの病原体による感染症

【ウサギ】
体重測定・糞便検査・口腔内検査・耳の検査・体格や被毛の状態のチェックなど

口腔内検査:切歯の不正咬合、磨耗不足で臼歯の異常が起きていないかを検査
耳の検査:垂れ耳のロップイヤーなどに多い外耳炎などが起きていないかを検査
※1歳以上のウサギさんについては尿検査をすることもお勧めしています。
尿検査:子宮疾患による血尿・膀胱炎や尿石症による血尿の有無などを検査

【ハムスター】
体重測定・糞便検査・口腔内検査・被毛や皮膚の状態のチェックなど

糞便検査でよくみられる病気:原虫症・蟯虫症
口腔内検査:切歯・頬袋の状態を検査

院長紹介

梨本真衣

メッセージ

私は今まで犬や猫だけでなく、さらに小さな鳥やウサギなどの診療を行ってきました。

その経験を生かし、大切な家族の一員である小さな動物たちが健康で幸せな生活を送れるようなサポートをしていきたいと考えております。

また、今までの経験から飼育環境によって起きてしまう病気が多いと感じています。

そこで医療の提供に加えて、飼育についても一緒に考えていければと思っています。

私自身も鳥2羽、ハムスター1匹と共に暮らしています。

飼っているからこそ分かる悩みや楽しみも、皆さんと共有できればと思っております。

皆さんの生活に寄り添っていけるような優しい病院を目指しております。

病院詳細

病院名
つばめ動物病院
住所
〒142-0053 東京都品川区中延6-9-7-1F (地図)
電話
03-6426-6996 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥

※小型げっ歯類

診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-
15:00-18:3015:00-18:30-15:00-18:3015:00-18:3015:00-18:30--

※予約制ですので、まずは診察時間内にお電話ください。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://tsubame-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

院長の産休に伴う診療規模縮小のため、8月以降は初診の方をお断りさせていただくようになります。
また、9月以降は日曜日の診察を当面お休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

地図

〒142-0053 東京都品川区中延6-9-7-1F

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主様との会話を大切に、本当に必要な検査と治療を提案する NEW

    市川市の「あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital」は2021年11月に開院。猫専用の待合室があり、夜間救急診療にも対応。飼い主と一緒に治療を考える事を大切にしている。髙橋一馬院長、髙橋亜樹子副院長に同院の特徴を伺った。

    • あいす動物病院 Ichikawa CEntral Animal Hospital
    • 髙橋 一馬院長
    • 髙橋 亜樹子副院長
  • 短頭種気道症候群の治療、外鼻孔狭窄と軟口蓋過長症の手術

    長岡京市にある「乙訓どうぶつ病院」は呼吸器疾患の治療に力を入れている。パグやフレンチブルドッグに好発する短頭種気道症候群は、年齢を重ねるごとに進行する病気である。中森正也院長に、短頭種気道症候群や外鼻孔狭窄、軟口蓋過長の手術について伺った。

    • 乙訓どうぶつ病院
    • 中森 正也院長
  • 飼い主、そしてペットと時間をかけてじっくり向き合いたい

    根津駅から歩いてすぐにある「上野の森どうぶつ病院」は、ジェネラリストの内村祐介院長と循環器のスペシャリストである諌山紀子副院長が診療を務める。年中無休、夜間救急対応、セカンドオピニオン等、頼りになる動物病院作りを続けるお2人にお話を伺った。

    • 上野の森どうぶつ病院
    • 内村 祐介院長
    • 諌山 紀子先生
  • 犬のアレルギーと皮膚疾患

    JR川崎駅の日本鋼管病院の近くにあるアルフペットクリニックでは、犬猫のアレルギーの治療で訪れる患者さんが後を立たない。現代病とも言えるアトピー性皮膚炎や食餌アレルギーについて、松葉洋宗院長に治療に関して詳しいお話を伺った。

    • アルフペットクリニック
    • 松葉 洋宗院長
  • 犬アトピー性皮膚炎の診断と減感作療法

    横浜市中区の「横浜山手犬猫医療センター」は、総合診療医がそれぞれの専門分野の認定医資格を持って診療を行っている。犬アトピー性皮膚炎の治療には減感作療法が有効であるという。上田一徳院長に、犬アトピー性皮膚炎の診断や減感作療法について伺った。

    • 横浜山手犬猫医療センター
    • 上田 一徳院長