日暮里動物病院の評判・口コミ - 東京都荒川区 【Calooペット】

日暮里動物病院
にっぽりどうぶつびょういん

日暮里動物病院

4.62
アクセス数: 5,326 [1ヶ月: 454 | 前期間: 416 ]
所在地 :
荒川区 東日暮里
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
この動物病院の口コミを書く
日暮里の皆様のペットライフをサポートいたします
荒川区東日暮里に開院いたしました「日暮里動物病院」です。
JRの日暮里駅や三河島駅からのアクセスも良い立地ですので、お気軽にお立ち寄りください。

犬・猫から、うさぎ・ハムスター・フェレットの内科・外科・予防医療に対応し、特にチワワやトイプードルなどの小型~中型犬種と猫の診察に力を注いでおります。

治療法の説明というと、聞きなれない単語があったり、理解しにくいことが多いかと思いますが、当院では、飼い主様がいかにご理解していただけたかを重視しております。分かりやすい説明を心掛け、治療に関する専門用語を省いた説明資料もご用意しております。分からないことがございましたら遠慮なくお尋ねください。

地域の皆様が安心して楽しいペットライフを送れるよう、サポートさせていただきます。

WEB予約

予約はこちら
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

5件中 3件を表示(すべて見る

rinka
さん
Pick Up!
7人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

一か月くらい前からたまにおしっこが 濃くなるときがあったので受診しました。 院長先生に診察してもらい、 おしっこ検査とレントゲン検査、超音波検査をすることに なりました。 検査をしながら... (続きを読む)

投稿時期: 2017年04月 | 来院時期: 2017年04月 
5.0
フィフィ
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

10歳になる愛猫の歯周病で診察して頂きました。 目の前で診察と説明をして頂き、終わった後にも 他に気になる処はありませんかと聞いて下さいました。 歳が気になるので全身麻酔での検査と手術は最終... (続きを読む)

投稿時期: 2017年09月 | 来院時期: 2017年09月 
4.5
Loutus
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

5歳になる♀のワンコですが、生まれてから5年ずっと同じ病院が罹りつけに行ってました。 転居して荒川区に住み始めてからも罹りつけの病院まで通っていましたが 内覧会にお伺いしたのをキッカケにまずは... (続きを読む)

投稿時期: 2017年05月 | 来院時期: 2017年05月 
5.0

5件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

予防科

飼い始めたワンちゃん・猫ちゃんが、いつまでも元気に暮らしてくれることを望むのは当然の思いです。
ペットは外に出る機会も多く、普段の生活を送っていても様々な病気にかかり、中には死に至る怖い病気もあります。大切なご家族の健康を守るためにも、以下の予防をお勧めいたします。

【ワンちゃんにしてあげたい予防】
・狂犬病の予防接種
生後91日過ぎたら年に1度の接種が義務化されています。
・混合ワクチン
5種・6種・8種・9種とご用意しております。
・フィラリアの予防
蚊が出始める4月下旬~11月下旬、または通年の予防をする方もいらっしゃいます。
・ノミ、ダニの予防
ノミの発育温度の13度以上を超えた室温でしたら通年の予防をお勧めします。

【猫ちゃんにしてあげたい予防】
・混合ワクチン
猫に多い伝染病を防ぎます。
・ノミ、ダニの予防
ネコノミなどは体に寄生したり、室内にも多くいますので、通年の予防が大切です。

外科

ワンちゃん、猫ちゃんの避妊・去勢手術はもちろん、呼吸器外科・消化器外科・泌尿器外科・整形外科・腫瘍外科・軟部外科など様々な手術を行っています。また、大学病院や二次診療施設と提携をしておりますので、全ての病気を治療することが可能です。
手術をお考えの方には、メリット・デメリットを丁寧にご説明させて頂きますので、しっかりとご理解の上ご決断いただければと思います。

【避妊手術】
基本的に、手術は1泊2日となります。生後6か月以降から手術可能です。
~避妊手術で防げる病気~
・子宮蓄膿症の予防(犬・猫)
・乳腺腫瘍(がん)の予防(犬・猫)
・子宮腫瘍(がん)の予防(犬・猫)

【去勢手術】
基本的に、日帰り手術となります。生後6か月以降から手術可能です。ワンちゃんの場合マーキングの減少をご希望の方は早めの手術が効果的です。
~去勢手術で防げる病気~
・前立腺肥大の予防(犬)
・肛門周囲腺腫瘍の予防(犬)
・精巣の腫瘍の予防(犬)
・会陰ヘルニアの予防(犬)

内科

当院では、皮膚科、消化器科、泌尿器科の治療に真摯に向き合っております。
皮膚を痒がる、下痢が続く、血尿が出るなどの症状がありましたら当院にお任せください。

【アトピー性皮膚炎について】
アレルギー性皮膚疾患の一種で、アレルゲンに対して体の免疫機構が過剰に反応してしまって炎症や痒みが出てきます。
原因となるハウスダストが増える6-10月に悪化しやすく、冬の間は痒みがなく、夏だけ痒みの出るケースも多いです。
人の医療でもそうですが、根本的な治療はなく、痒みを出来るだけ抑える治療を続けていきます。

★治療
・抗生剤
・抗真菌剤
・グルココルチコイド
・シクロスポリン
・オクラシチニブ
・抗ヒスタミン薬
・シャンプー療法
・食事療法
・サプリメント

【下痢について】
下痢は大きく分けて急性下痢と慢性下痢があります。
急性下痢は消化に悪い食べ物を食べたときや、季節の変わり目などの体のストレスなどで罹患します。ワンちゃん用の整腸剤で4~5日程度で完治します。
3週間以上続く下痢は慢性下痢で、病気の可能性が高いため検査をおすすめします。
当院では専用の冊子を用いてわかりやすくご説明いたします。

院長紹介

長野 慶一

メッセージ

【経 歴】
神奈川県川崎市さいわい動物病院勤務
埼玉県川越市霞ヶ関どうぶつクリニック勤務
他横須賀市、目黒区、世田谷区にて勤務
関東の複数の動物病院で外科委託業務
 を経て日暮里動物病院を開業

【得意科】
外科、腫瘍科、循環器科、皮膚科、消化器科、泌尿器科

【所 属】​
獣医麻酔外科学会所属
獣医腫瘍学会所属
獣医皮膚科学会所属
AO VET(動物の整形外科)所属

スタッフ紹介

動物看護師/山本稚子

【経歴】
東京コミュニケーションアート専門学校動物看護専攻 卒業
千葉県、埼玉県の動物病院、東京大学付属動物病院にて勤務後、当院へ

【院長より一言】
経験豊富でとても優しい看護士さんです。
困ったことがあったら何でも聞いてください。

ペットホテル

病院詳細

病院名
日暮里動物病院
住所
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-11-1筆山ビル1階 (地図)
電話
03-5615-2466 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
WEB予約
オンライン予約
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
10:00-13:0010:00-13:0010:00-13:00-10:00-13:0010:00-13:0010:00-13:0010:00-13:00
17:00-20:00-17:00-20:00-17:00-20:0017:00-20:0017:00-20:0017:00-20:00

※休診日/火曜午後、木曜日

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://www.nippori-amc.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-11-1筆山ビル1階

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 飼い主、そしてペットと時間をかけてじっくり向き合いたい

    根津駅から歩いてすぐにある「上野の森どうぶつ病院」は、ジェネラリストの内村祐介院長と循環器のスペシャリストである諌山紀子副院長が診療を務める。年中無休、夜間救急対応、セカンドオピニオン等、頼りになる動物病院作りを続けるお2人にお話を伺った。

    • 上野の森どうぶつ病院
    • 内村 祐介院長
    • 諌山 紀子先生
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼

    平成20年、相鉄線かしわ台駅近くに「アニマルクリニック イスト」を開院された金子院長。地元密着型の”頼もしい獣医師さん”として、内科や整形外科疾患治療にあたってきた金子院長に、関節疾患「前十字靭帯断裂」「膝蓋骨脱臼」を中心にお話を伺った。

    • アニマルクリニック イスト
    • 金子 泰広院長
  • 100匹以上の飼育経験をエキゾチックアニマルの診察に活かす

    千葉市若葉区『BEN犬猫エキゾの病院』は、犬猫に加えて診療の難しい動物も診察する。『うさぎやハムスター、爬虫類などの飼育に困っている方を助けたい』と話す石川雅章院長が飼ってきたペットは数知れず。そんな院長の診療への思いを伺った。

    • BEN犬猫エキゾの病院
    • 石川 雅章院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
ページトップへ