経堂どうぶつ病院の評判・口コミ - 東京都世田谷区【カルーペット】

経堂どうぶつ病院
きょうどうどうぶつびょういん

経堂どうぶつ病院

アクセス数: 1,138 [1ヶ月: 89 | 前期間: 90 ]
所在地
世田谷区 経堂
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 循環器系疾患 腫瘍・がん
診察領域
眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 けが・その他
世田谷区の「経堂どうぶつ病院」土曜19時まで、日祝日も午前診療。夜間・時間外診療可。腫瘍科(がん)診療。ペットホテル。トリミング。
世田谷区の「経堂どうぶつ病院」は、経堂駅より5分の動物病院です。
土曜19時まで、日祝日も午前診療をおこなっております。

また、大切なペットが夜間に突然具合が悪くなった時、どこへかかれば良いのか、不安をかかえる飼い主様はたくさんいらっしゃいます。
当院では、通常の診察時間に加え、20時~24時の間に夜間診療を行っており、飼い主様の不安にできる限りお応えします。

【経堂どうぶつ病院のご案内】

■診療動物
犬・猫・小動物(うさぎ、ハムスター、フェレット)

■診療科目
一般内科・一般外科・軟部外科・予防治療・フィラリア予防・ノミ、ダニ予防・混合ワクチン(狂犬病等)・ペットドック

■トリミング
健康な子はもちろん、高齢の子も皮膚トラブルを抱える子も安心してご利用ください!

■ペットホテル
当院にカルテのある方が対象です。

■夜間診療(20時~24時 水・日・祝除く)

飼い主様が大切な家族である動物たちについて気軽に相談でき安心して診療を任せられる病院を目指しています。
常に診療レベルの向上を心がけ経験だけでなく科学的根拠に基づく医療(エビデンスベースドメディスン)とインフォームドコンセントを大切にし、飼い主様が動物たちの病状を理解して納得して治療を選択してもらえるよう努めてまいります。

「何か調子が悪そう」、「異常ではないかもしれないけれど…」など気になることがあればお気軽にご相談ください。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

まだ口コミは書かれていません

病院紹介

当院の診療内容

経堂どうぶつ病院では、犬・猫・小動物(うさぎ、ハムスター、フェレット)の診療を行っております。

【診療内容】
一般内科・一般外科・軟部外科・予防治療・フィラリア予防・ノミ、ダニ予防・混合ワクチン(狂犬病等)・ペットドック

診察の際にはまず飼い主様に来院された子の状況を伺います。
「どのような症状なのか?」「いつからなのか?」「きっかけに心当たりはないか?」といったお話から病気の可能性を探っていきます。

その後お話や症状から必要と思われる検査を提案し飼い主様の同意が得られれば検査に入っていきます。

検査結果により診断をつけていきますが一つの病気に絞れない状況は多々あります。
その際は鑑別疾患をお伝えし追加で必要な検査や治療をお話ししていきます。

飼い主様の状況や病気を抱えている子の状況はさまざまであるため一つの病気に一つの治療法ではなく複数の選択肢を提案しその子に合った治療を飼い主様に選択してもらいます。

腫瘍科(がん)診療

【がんの診察】
人と同様、犬・猫の死亡原因の第一位となっているのが「がん」です。

治療を間違えると命を縮める可能性もあるため、「がん」には正確な診断と治療が必要です。

【診察の流れ】
飼い主さんが最初「しこり」として見つけたとき、その正体として考えられるものには、大きく分けて「炎症」か「腫瘍」の2種類があります。
どちらなのかを判断をするために、まず細胞診という検査を行います。

細胞診検査は「しこり」にワクチン接種で使用する針を刺し、針先に採取される細胞を染色して顕微鏡で見る検査です。

この検査は負担が少ないため一番最初に行われることが多い検査です。

ただし、この細胞診で診断がつけられない腫瘍もあるためその場合は全身麻酔をかけて「しこり」を切除し病理組織検査で腫瘍の種類を特定します。

【治療の流れ】
現在外科治療、内科治療、放射線治療が主なものとなっています。

腫瘍の種類によって選択できる治療法やその治療に伴うメリット・デメリットがあるため、腫瘍の種類が特定出来たら治療法を相談の上決めていきます。

ペットドック

動物にとって、また飼い主様にとって病気や手術は大きな負担となります。

「がん」をはじめ、動物の体内に発生する病気は気づきにくく、発見が遅れることも多いため、早期の発見、早期の治療のために、当院ではペットドックをおすすめしています。

院長紹介

元風呂 晃

メッセージ

こんにちは。経堂どうぶつ病院、院長の元風呂です。

ものを言えない動物達の体調の変化に最初に気づくのは飼い主様です。
病気の早期発見・早期治療には飼い主様の理解と協力が不可欠ですが気軽に相談出来る病院でなければ発見や治療はさらに遅れてしまいます。

また病気を発見しても状況によってはその病気の最善の治療法が飼い主様や動物達にとって最適な治療法ではないこともあるため、それぞれの飼い主様に動物達の病状を理解してもらい飼い主様に納得して治療を選択してもらうよう心がけています。

気軽に相談してもらうためには日々の診療の中で飼い主様としっかりと信頼関係を築くことが重要です。

「何か調子が悪そう」、「異常ではないかもしれないけれど…」など気になることがあればお気軽にご相談ください。

経歴
北里大学獣医学科卒業
2011年4月~2015年10月 神奈川県内動物病院勤務
2015年11月~2019年2月 東京都内動物病院勤務
2019年3月 経堂どうぶつ病院開業

スタッフ紹介

獣医師 山田 真子

経歴
北里大学獣医学科卒業
2011年4月~2018年9月 神奈川県内動物病院勤務

看護士 岡崎 瑞生

トリマー 北村 美紗

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
経堂どうぶつ病院
住所
〒156-0052 東京都世田谷区経堂5-30-3カモメビル2階 (地図)
電話
03-6413-9768 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
歯と口腔系疾患 循環器系疾患 腫瘍・がん
診察領域
眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※【夜間診療(20時~24時 水・日・祝除く)】
動物たちはいつ具合が悪くなるか分かりません。
大切なペットが夜間に突然具合が悪くなった時、どこへかかれば良いのか、不安をかかえる飼い主様はたくさんいらっしゃいます。
当院では通常の診察時間に加え、時間外対応を行っており、飼い主様の不安にできる限りお応えします。

夜間専用TEL:080-9361-5903(20時~24時)

来院前にかならず上記番号へお電話ください。
当院より折り返しお電話いたしますので、対応が可能と判断された場合はご来院ください。
状況によって対応できない事がありますのでご了承ください。

※基本的には当院にカルテのある方対象

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://www.kyodo-anim.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒156-0052 東京都世田谷区経堂5-30-3カモメビル2階

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬猫のアトピーを完治させる治療

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
  • リラックスした雰囲気で。飼い主と三位一体で治療にあたる

    小山市西城南の『メルどうぶつ病院』の特長や國分広光院長の獣医師としてのこだわりをご紹介。犬猫以外にも、ウサギの治療を中心として注ぎ込む情熱などについてインタビュー。ペットの健康は獣医師と飼い主が三位一体となって取り戻すことの大切さを熱く語っている。

    • メルどうぶつ病院
    • 國分 広光院長
  • 飼い主・ペットとじっくり向き合う。手厚いトータルケアが魅力

    池上駅から徒歩約5分にある「あやべ動物病院」は、口コミの評価が高く、飼い主さんから厚い信頼を寄せられている。飼い主の方との話し合いを大切にし、外科手術や最新治療も積極的に取り入れている綾部博行院長の診療に対する思いを伺った。

    • あやべ動物病院
    • 綾部 博行院長
  • 犬猫の皮膚病。最新治療から緩和療法まで

    府中市の「かどやアニマルホスピタル」は、一般診療に加えて皮膚科診療に注力している。犬や猫の皮膚病では最先端治療から、シャンプーや食事療法まで多岐にわたる治療方法を推奨。日本獣医皮膚科学会認定医の門屋美知代院長に皮膚科診療について伺った。

    • かどやアニマルホスピタル
    • 門屋 美知代院長
  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼)

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
ページトップへ