関内どうぶつクリニックの評判・口コミ - 神奈川県横浜市中区【カルーペット】

関内どうぶつクリニック
045-243-6417
かんないどうぶつくりにっく

関内どうぶつクリニック

4.50
飼い主の声10件 (
アクセス数: 22,896 [1ヶ月: 690 | 前期間: 749 ]
所在地 :
横浜市中区 吉田町
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
動物たちの健康とご家族の幸せを願い、より良い医療を目指します!
関内どうぶつクリニックは、関内駅・桜木町駅・日ノ出町駅・馬車道駅より各5分とアクセスの良い商店街の中にございます。
当院では、最新の医療技術に力を入れる一方、飼い主様とのコミュニケーション・動物たちに優しい医療の提供を心がけ、地域の皆様に信頼される医療に取り組んでおります。
病院での診察の際、「聞きづらくて聞けなかった。」「そんな事を質問するなんて、と思われそうで恥ずかしくて話せなかった。」などと思った事のある飼い主様もいらっしゃるのではないでしょうか。私たち関内どうぶつクリニックでは、このような思いをさせてしまう事のないようスタッフ全員でサポート致します。どんな病気であっても、動物たちや飼い主様の状況を考え、「一歩先を行った」そして「動物たちに優しい医療」を提供していく事をお約束いたします!
獣医師にでも、待合室のスタッフにもお気軽にお声掛けください。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

9件中 3件を表示(すべて見る

midoriene
さん
2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

10年間位猫2匹がお世話になりました。 転居に伴う転院で通えないのが残念です。 どうぶつ再生医療という項目に力を入れていてでどうぶつに優しい医療という病院の方針で複数名の獣医師、動物看護師の方が治... (続きを読む)

投稿時期: 2018年02月 | 来院時期: 2017年03月 
4.5
juririn
さん
6人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

家の近くで評判がよい病院と聞き、生後6ヶ月くらいに猫の検診と去勢手術をお願いしました。2歳過ぎに繰り返し嘔吐(12時間で10回以上、最後は血も混じり、夜中に救急病院で診てもらい朝一でかかりつけの病院へ... (続きを読む)

投稿時期: 2016年11月 | 来院時期: 2016年11月 
5.0
reirei
さん
3人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

毎月ノミとダニの薬をもらいに通院しています。飼いはじめた時からずっとお世話になっています。 通院しはじめの頃は獣医の先生が3名でしたが、今は5名に増えています。 院長先生をはじめ他の先生方も年齢が... (続きを読む)

投稿時期: 2016年09月 | 来院時期: 2016年09月 
5.0

9件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

1件中 1件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2018年6月 | 動物の種類: イヌ

    ひどい腸炎と軽い膵炎をおこし、炎症がマックスでした。すぐ入院となりステロイド等の点滴で4日目位から良くなり6日目に退院できました。先生、スタッフの皆様には親身になって丁寧な説明治療をして頂き感謝しております。私達家族にとってとても信頼できる病院です。

1件中 1件を表示(すべて見る

病院紹介

ペットを飼い始めたら「どうぶつの小児科」へ。

イヌでは15年、ネコでは20年一緒に暮らしていく動物たちです。
ご家族が悲しい時は無邪気な姿で癒してくれ、また逆に動物たちが病気になってしまったらご家族の方は心配でならないかと思います。動物たちにどれだけ手間をかけてあげる事ができるかで、その後のペットの生活が変わるといっても過言ではありません。ペットショップの方からも様々なアドバイスがあったかと思いますが、当院でも多くの動物たちの治療をしてきた経験から、今後具体的にどんな事をしてあげたらいいかをお伝えする事ができます。
当院では、
・1週間後健診(初めての動物病院)
・1か月後健診(3~4か月齢)
・3か月後健診(5~6か月齢)
・通常健診(6か月以降)
をお勧めしております。
特に、初めての健診では、一般健康診断に加え、食事の指導やしつけ指導、ノミダニの予防に関してご説明いたします。ご希望の方には、フードのサンプルを無料で差し上げます。
6か月以降の健診では、避妊去勢手術のご相談もさせて頂きます。
どんな小さな事でも構いませんので、ご相談ください。

ストレスに敏感な猫ちゃんも安心してご来院ください。

お家で自由に過ごしている可愛らしいネコちゃんは、ワンちゃんと比べると体調が悪い事をご家族に隠す事があります。気づいた時は、病気が進行している事もよくあるケースです。
ネコちゃんに多い病気は、関節炎・尿石症・慢性腎臓病などがあります。状態によっては、緊急を要する事もあり重病になる事もあります。しかし、どの病気も早期発見ができれば、進行を遅らせ再発しないようにすることができます。
ストレスに敏感なネコちゃんのために、待合室で落ち着いてお待ちいただける猫用リラックスフェロモンの拡散器を使用しております。また、ワンちゃんとは違うフロアの個室の診察室でご家族と一緒に診察を受ける事ができます。
初めてのの環境では、どんなネコちゃんでも緊張してしまう事もあります。気になる点や分からない事は、どうぞご相談ください。

眼科専門外来について

当院では、眼科治療に力を入れております。
眼が気になるけれど痛がっていないし、病院に連れて行くほどではないかな、と思っていらっしゃる飼い主様も眼科専門外来にて眼科診断をお受けになる事をお勧めしております。
眼の病気にかかりやすい犬種もあります。楽観せず、是非一度ご来院ください。
眼は、見えやすいところでありますが、その病気は見えにくく知らない間に進行しています。早期発見が何よりです!

院長紹介

中村 孝行

メッセージ

1976年
3月 横浜市鶴見区 生まれ
1994年
神奈川県立鶴見高等学校 卒業
1995年
日本大学農獣医学部獣医学科 入学(第二内科学研究室所属)
2001年
獣医師免許 取得
日本大学農獣医学部獣医学科 卒業
ウィズ動物病院 勤務(東京都大田区)
2004年
同院 退職
関内どうぶつクリニック 勤務

スタッフ紹介

副院長・獣医師

予防統括副院長・獣医師:杉浦 雄一(左上)
執行副院長・獣医師:矢中 雄一郎(右上)
獣医師 :小澤 真希子(左下)

顧問

牛草 貴博

大切な家族の一員であるどうぶつたちの、かかりつけ医、ホームドクターとして、体調不良の相談から始まり、肥満、心臓病、糖尿病などの生活習慣病の管理、動物たちと家族とのより良い関係づくりのお手伝い、普段から獣医師と動物、そのご家族が日常的に接することで大病を未然に防ぐこと。

下痢・風邪症状・皮膚病などの急な疾患への対処、心臓・肝臓・胃・腎臓・呼吸器、免疫疾患、アレルギーなどの慢性疾患の管理、特別な機能を持った病院としての先進医療への取り組み。

定期的な健康診断を推進し、病気の早期発見をし、癌や心臓などの致命的病気の早期治療へとつなげること。

私は様々な動物とご家族の方々との診療経験を生かし、この3つを関内どうぶつクリニックの診療の柱にし、今後の診療を展開していきたいと考えております。

求人

病院詳細

病院名
関内どうぶつクリニック
住所
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町6-3 (地図)
電話
045-243-6417 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:0009:00-13:00
----14:00-16:30---
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://yokohama-kac.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町6-3

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬・猫のリンパ腫。診断と治療

    名鉄三河線の碧南中央駅から徒歩8分の「パル動物クリニック」は、がん治療に力を入れている。岐阜大学の腫瘍科で助教を務めていたこともあり、専門的な知識や経験も豊富な院長の伊藤祐典先生に、がん治療に取り組む姿勢やリンパ腫についてお話を伺った。

    • パル動物クリニック
    • 伊藤 祐典院長
  • 犬猫のアトピーを完治させる治療

    中央区月島のアニーマどうぶつ病院では、アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れている。シャンプー・投薬治療は症状の緩和を目的とするが、減感作療法は根本解決が期待できる。村谷親男院長に皮膚病の治療や減感作療法の進め方について伺った。

    • アニーマどうぶつ病院
    • 村谷 親男院長
  • 犬猫の腎臓病。症状と治療法

    世田谷区代田の羽根木動物病院は、犬・猫の腎臓病治療に力を入れている。慢性腎不全は完治が難しいが、早期に発見して治療を開始することで延命できる場合も。院長の有井良貴先生に、腎臓病の症状や検査、最新の治療法である再生医療について話を伺った。

    • 羽根木動物病院
    • 有井 良貴院長
  • 地域に根ざして50年、時代に合わせた最新医療を提供する

    歴史ある花岡動物病院(大和市)の特徴について、院長の花岡正先生、お子様の瑛二朗先生、茉利子先生、茉利子先生の旦那様である昌平先生にインタビュー。地域密着型でありながら、専門にも特化した診療について伺いました。

    • 花岡動物病院
    • 花岡 正院長
ページトップへ