くらた動物病院の評判・口コミ - 神奈川県川崎市高津区【カルーペット】

くらた動物病院
044-814-5521

くらた動物病院

4.39
アクセス数: 41,978 [1ヶ月: 580 | 前期間: 481 ]
所在地
川崎市高津区 二子
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
得意な診察領域
循環器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
高津駅より徒歩3分 犬猫はもちろんフェレット診療1万件の実績 『くらた動物病院』 祝日の午前も診療 
東急田園都市線 高津駅より徒歩3分、『くらた動物病院』は丁寧な診察と、飼い主さまとのコミュニケーションを大切にしています。

フェレット・犬・猫・ウサギ・ハムスター・モルモット・リス・モモンガ・プレーリードッグ・ハリネズミ・ラットの他、小型の哺乳類の診療を行っています。

診断可能なすべてのペットについて、飼い主さまに詳しく、わかりやすくご説明しています。
ペットを治療するだけでなく、心配のあまり傷ついた飼い主さまの気持ちも癒し、ペットとともに飼い主さまが幸せに過ごす時間を少しでも増やしてあげたいと考えています。

1.フェレットの診療
当院ではフェレット診療に関して年間5千件を超える実績があります。フェレットの様子が気になりましたら、お気軽にご来院ください。

2.避妊・去勢
年に1度の予防接種は、薬剤の有効期間などを含めて総合的に考えてもベストな選択です。そのため、予防接種を毎年受けることをおすすめしています。

3.予防・予防接種
ワクチンは犬の場合8種を、完全室内飼いの猫には3種を、外に出かける猫には5種をおすすめしています。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

29件中 3件を表示(すべて見る

ユーフォルビア307
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

診察開始が10時で受付は9時30分から開始、しかし近所の人だろうか9時前から並び始める… 受付だけして一旦家に帰り時間になったらペットを連れて戻ってくる、近所の人なら可能だが、バスや電車で通院してる... (続きを読む)

投稿時期: 2019年09月 | 来院時期: 2019年08月 
3.5
ぽん
さん
2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

飼っていたフェレットの慢性的な下痢、体重減少があり、不安だった為、家から少し遠いのですが、こちらのくらた動物病院へうかがいました。ネットで口コミも良く評判だったので治してくれると期待していきました。 ... (続きを読む)

投稿時期: 2019年03月 | 来院時期: 2016年 
4.0
ハナ
さん
19人中 17人が、 この口コミが参考になったと投票しています

素晴らしいクチコミを拝見し、フェレットが診られる病院が少ない中、少し遠いものの、この病院に決めました。 以前視て頂いた時は、脱毛でリュープリン注射をして頂きました。 1ヶ月程前に、突然の下痢と粘血... (続きを読む)

投稿時期: 2018年12月 | 来院時期: 2018年11月 
1.0

29件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

フェレット診療

くらた動物病院は、フェレット診療に関して95年来のキャリアと年間5千件を超える実績があります。

フェレットには専門的に診る高度医療機関がなかなかない中でフェレット診療の「最後の砦」として、飼い主さまのご期待とご信頼にお応えできるよう、これまで蓄積した資料や知識、豊富な経験を活かし、また常に最新の情報を収集し、日々研究を深めています。

フェレットがかかりやすい病気には、低血糖症、リンパ腫、副腎疾患などがあります。
また、歯のケア、暑さ対策なども大事です。
フェレットの様子が気になりましたら、お気軽にご来院ください。

去勢・避妊 犬、猫、うさぎ(メス)

犬や猫にとって去勢や避妊は、高齢になってからかかりやすい病気リスクを下げ、脱走などによる思わぬ事故を防いでくれるなど、さまざまな面でメリットがあります。

また、ウサギの避妊手術はまだ一般的ではありませんが、メスのウサギにとっても避妊は罹患率の高い子宮や卵巣の病気のリスクを大幅に下げるメリットがあります。

犬、猫、ウサギ(メス)に関しては、生後半年以降、1才頃までの避妊・去勢手術を当院ではおすすめしています。
特にウサギの場合、生後半年を過ぎると内臓脂肪も多くなるため、半年から遅くとも1才ころまでの手術をおすすめしていますので早めにご相談下さい。

予防・予防接種

年に1度の予防接種は、薬剤の有効期間などを含めて総合的に考えてもベストな選択です。そのため、予防接種を毎年受けることをおすすめしています。

犬や猫については予防接種を受けることが一般的ですが、フェレットもフィラリア症とジステンパーの予防が必要です。

すべての動物に当てはまりますが、外に出ることが多い場合、あるいは外に出る動物と同居している場合には、ノミとマダニの予防が重要になります。

ワクチンは犬の場合8種を、完全室内飼いの猫には3種を、外に出かける猫には5種をおすすめしています。

フィラリアは最近、猫が感染して突然死の原因になっているケースがあることがわかってきているため、犬やフェレットだけでなく、猫のフィラリア予防のご相談もお受けしています。

その他、健康診断やフードによる体調管理、爪切りや歯みがきなど日々のケアについてのアドバイスも行っていますのでお気軽にご相談ください。

院長紹介

倉田 英樹

メッセージ

子どもの頃からずっと犬を飼っていたこともあって、動物はいつも身近な存在でした。現在は、妻と一男一女、そしてフェレット3匹と黒猫に囲まれて暮らしています。
フェレットの魅力は、なつきやすく性格がおだやかなところでしょうか。猫ともうまく暮らしてくれて、おかげでとても和やかです。

くらた動物病院の診療では、フェレットに限らずペットと飼い主さまが幸せな時間をより長くお過ごしいただけるよう、「詳細でていねいな診察」「飼い主さまのお話をしっかりうかがう」「わかりやすい説明」の3点を重視しています。

獣医師の仕事では、ペットを治すことだけでなく、かけがえのないペットの不調で傷付き疲れた飼い主さまの心を癒すことも大切だと考えています。現在は求められるものが多様化しています。
専門家として的確なアドバイスや説明を行いますが、考えを押し付けることはせず、飼い主さまが本当に求めている診療を叶えてさしあげたいと考えています。
そのため、詳しく、わかりやすく飼い主さまに状況をご説明するインフォームドコンセントをしっかり行い、さまざまなご不安を解消することを診療の基本にしています。

病院詳細

病院名
くらた動物病院
住所
〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子5-3-6 (地図)
電話
044-814-5521 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
得意な診察領域
循環器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
10:00-12:0010:00-12:00-10:00-12:0010:00-12:0010:00-12:00-10:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※診療時間の30分前から受付開始です。 ※コインパーキング有り

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.kurata-vet.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子5-3-6

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 家族の不安を解消する総合診療。大学病院の経験で地域に貢献 NEW

    呉市広駅から車で10分にある「ひろ中央動物病院」は、2019年2月に開院した新しい病院だ。玉原智史院長は東京大学で教員として診察、研究に関わってきた内科のスペシャリスト。玉原院長に診療に対しての思いや総合診療科としての治療について伺った。

    • ひろ中央動物病院
    • 玉原 智史院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
  • 地域に根ざして50年、時代に合わせた最新医療を提供する

    歴史ある花岡動物病院(大和市)の特徴について、院長の花岡正先生、お子様の瑛二朗先生、茉利子先生、茉利子先生の旦那様である昌平先生にインタビュー。地域密着型でありながら、専門にも特化した診療について伺いました。

    • 花岡動物病院
    • 花岡 正院長
  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼)

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
ページトップへ