さがみ総合どうぶつ医療センターの評判・口コミ - 神奈川県相模原市南区【カルーペット】

さがみ総合どうぶつ医療センター
さがみそうごうどうぶついりょうせんたー

さがみ総合どうぶつ医療センター

3.91
アクセス数: 20,561 [1ヶ月: 849 | 前期間: 1,045 ]
所在地 :
相模原市南区 相模大野
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
相模大野駅北口より約11分。年中無休で毎日20時まで診療。整形外科おまかせください! ペットホテル・トリミング承ります。駐車場20台完備。
相模原市南区の「さがみ総合どうぶつ医療センター」は、飼い主様の様々なニーズにお応えできるよう質の高い医療を提供するどうぶつ医療センターです。

一般診療から、各種手術、検査、健康診断からトリミング・ペットホテルまで、動物のことならなんでもご相談ください。

1.当院について
幅広い診療科目に対応し、各種手術や検査、セカンドオピニオンも喜んで承ります。

2.整形外科に力をいれています
院長の大川先生は、年間約200件の執刀症例があり豊富な知識と経験がございます。

3.予防医療について
予防接種やワクチン、各種予防や、健康診断などに対応しております。

【さがみ総合どうぶつ医療センターの特徴】
①地域に根ざして40年
当院の前身『オガタ動物病院』は開業から約40年、地域に暮らす動物と飼い主様のパートナーとして、獣医療の進歩と共に歩んでまいりました。
②最先端医療への取り組み
院長大川先生を筆頭に、より高度な医療への取り組みを積極的に行っています。
③トリミング・ペットホテルの併設

相模大野駅北口より約11分。
駐車場を20台分完備しておりますので、お車でのご来院もお待ちしております。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

6件中 3件を表示(すべて見る

もり
さん
6人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

15年一緒に暮らしたラブラドール♂の掛かり付け病院でした。 看護師、獣医師、トリマーがそれぞれ複数人います。 最初の数年は特に先生を指名しませんでしたが、あんまりちゃんと診てくれない先生も居たので... (続きを読む)

投稿時期: 2016年07月 | 来院時期: 2010年07月 
4.0
gariken
さん
10人中 9人が、 この口コミが参考になったと投票しています

昔からずっと通っている、頼りになる動物病院です。 相模原市・町田市あたりにお住まいなら、お勧めします。 我が家の猫は三代目、初代からずっとオガタ動物病院にお世話になっています。 広い駐車... (続きを読む)

投稿時期: 2016年06月 | 来院時期: 不明 
5.0
mokamilkmama
さん
6人中 6人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家の愛犬が、突然の病で7歳という、短い人生をこの病院で終えられた事をとても感謝しています。 治療を待っているわんちゃんが沢山いらっしゃるのに、長い時間を掛けて診察して頂き、こちらが恐縮してし... (続きを読む)

投稿時期: 2016年05月 | 来院時期: 2014年02月 
4.5

6件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

当院について

さがみ総合どうぶつ医療センターは、年中無休にて皆さまの大切なペットの健康をサポートしてまいります。

予約無しでご来院ください。

すでに他病院を受診し過去の検査データをお持ちの方は、ご持参ください。重複する検査を省略できたり費用を抑えたりすることができ、より早い的確な診断につながります。

【当院で受診可能な診療科目】
・循環器科、呼吸器科、呼吸器外科
・心臓外科
・消化器科、消化器外科
・口腔外科
・肝臓、胆嚢外科
・腎臓、泌尿器科、腎臓、泌尿器外科
・生殖器外科
・脳神経科、脳神経外科
・腫瘍科、腫瘍外科
・内分泌疾患、内分泌外科
・皮膚科
・眼科

また手術は、リスクができるだけ少なくなるよう配慮した全身麻酔下にて安全に行います。
執刀医、助手、麻酔係、器具係の4人体制で行い、経験豊富な獣医師が執刀。
最新の設備を導入することで、より安全な手術を心がけております。

検査のみのご依頼やセカンドオピニオンなどのご用命も喜んで承ります。
より納得のいく治療法を選択できるようサポートを万全にして皆さまのご来院をお待ちしております。

整形外科に力をいれています

さがみ総合どうぶつ医療センターが最も力をいれているのが「整形外科」です。

院長の大川先生は、麻布大学附属動物病院整形外科研修医修了後、現在も当院だけでなく、愛知県の二次診療センターにて整形外科手術を行っております。(整形外科執刀症例数は年間約200件)

特に骨折治療や、自家骨移植、膝蓋骨内方脱臼などにお悩みの方、院長の大川先生に安心しておまかせください!

予防医療について

【予防接種】
・犬10種混合ワクチン
・犬8種混合ワクチン
・犬6種混合ワクチン
・猫5種ワクチン
・猫3種ワクチン

【狂犬病ワクチン】
年に1回の接種が義務付けられています。

【フィラリア・ノミ・マダニ予防】
◆ フィラリア・ノミ・マダニ(オールインワン)予防薬
・おやつタイプ(チュアブル)
・滴下タイプ(犬・猫)
◆フィラリア予防薬
・錠剤タイプ
・おやつタイプ(チュアブル)
・注射タイプ
◆ノミ・マダニ予防薬
・おやつタイプ(チュアブル)
・滴下タイプ(犬・猫)

【健康診断】
CTや内視鏡など高度な検査機器も完備しているため、検査で異常な所見が認められた場合でも、ご希望により、高度で専門的な検査を行うことが可能です。
◆全身健康診断セット
◆オプションプラン
◆簡易健診プラン

【去勢・避妊手術】
去勢・避妊手術を行なうことで、ホルモンに関連する病気(メス:乳腺腫瘍・子宮蓄膿症など、オス:前立腺肥大症・肛門周囲腺腫・会陰ヘルニアなど)を予防できることに加え、発情に伴うストレスから解放できるというメリットもあります。

料金等、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

院長紹介

大川雄一郎

メッセージ

【専門分野】
整形外科 一般外科
【学歴】  
麻布大学獣医学部獣医学科卒
【経歴】
2004年~2008年 都内動物病院勤務
2009年~現在   オガタ動物病院勤務
2009年~2012年 麻布大学付属動物病院整形外科チーフレジデント
2012年~現在   首都圏4か所の動物病院にて整形外科スタッフ兼任
2014年~現在   あいち犬猫医療センター整形外科専任獣医師
2016年~     オガタ動物病院 院長就任
2018年~     さがみ総合動物医療センター 院長就任

2018年初春、センター病院の開設によって、
より高度な検査や手術など充実した医療を提供できるようになりました。
加えて、院内では常に新しい技術や知識を学ぶ環境も大切にしています。

しかし、何より大切にすべきは飼い主さんとのコミュニケーションだと思います。
それぞれの方が何を求めているのかを的確に把握すること。
私たちの仕事は、動物の病気だけを診るだけではなく、
飼い主さんの想いを推し量る必要があると考えています。

街のかかりつけ医として、何でも相談しやすい動物病院でありたいと思います。

スタッフ紹介

獣医師

◆森山 寛大(もりやま ともはる)
得意とする科目:循環器
動物を助ける仕事ですが、飼い主さんの不安を和らげる事も大切。飼い主さんの自主性を尊重し決断のためのアドバイスします。

◆石原 裕美(いしはら ひろみ)
症状を診るのでなく、その子の生活や日常を知ることで、より最適な選択が出来るのではと考えています。飼い主さんとしっかりコミュニケーションをとり、疑問に答えていきます。

◆加藤 和貴(かとう かずき)
質の高い医療を提供できるよう、学べる機会を大切にし、スペシャリストを目指していきます。エキゾチックの診察にも力を入れています。

◆永井 直幸(ながい なおゆき)
専門性を追求した高度な医療の提供を目指し同時に、飼い主さんの安心のため常に一般の人の目線・心情に心を配り誠実で堅実な対応を心がけます。

◆小坂 由紀(こさか ゆき)
専門性の追求を目標とし、常にわかりやすい説明を心がけ、地域の方々にとって頼れる獣医でありたいと思います。

◆中島 昂輝(なかしま こうき)
症状の見立てやデータの分析など修練の途上ですが、常に明確な意図を持って目の前の症例に向き合っていきます。

総務・看護師

◆樋口 絵理(ひぐち えり):総務
看護師としてこの病院で働き様々な人の想いや価値観にふれ感じたことはこの仕事に正解は無いということ。技術や知識だけでなく“人として”看護師たちの人間教育や病院の雰囲気作りなどに尽力します。

◆溝越 あかり(みぞこし あかり)
オーナーさんに安心して任せていただけるように愛情をもって動物たちと接していきたいと思います。

◆高橋 真央(たかはし まお)
日々「出来ることを自分から探す」という心持ちで、飼い主さんや一緒に働くスタッフから頼れる存在になれるよう頑張ります。

◆清水 麻友子(しみず まゆこ)
毎日予定をしっかり確認し段取り良く動けるよう日々心がけています。

◆佐々木 美咲(ささき みさき)
チーム医療の体制が整うこの病院でやるべき事もしっかり行い役に立てるよう日々の仕事に向き合います。

◆三森 秋奈(みつもり あきな)
飼い主さんからも獣医師からも信頼される看護師になり日々成長できるよう頑張ります。

◆川島 愛香(かわしま まなか)
学びの多いこの病院で「後でやろう」をひとつでも減らし、責任感のある頼れる存在にいち早くなりたいです。

看護士・受付

◆窪 千有希(くぼ ちあき)
動物達にもオーナー様にも安心していただけるような看護師になりたいと思っています。誠心誠意頑張ります。

◆滝 彩乃(たき あやの)
変化にいち早く気づけるようになり、飼い主さんに信頼される存在になれるよう頑張ります。

◆豊田 アイリ(とよだ あいり)
マスクで見えづらいですが(笑)日々笑顔を忘れず、飼い主さんに親しみを感じていただけるようになりたいです。

◆丸山 敬子(まるやま けいこ):受付・事務
ご家族であるワンちゃん・ネコちゃんを、誠心誠意 診させていただくようスタッフ一同心がけています。

◆吉岡 幸子(よしおか さちこ):受付・事務
不安に思うことや、わからないことがあればお気軽に声をかけてください。

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
さがみ総合どうぶつ医療センター
住所
〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野2-8-1 (地図)
電話
042-747-3377 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット

※※エキゾチックアニマルの診療については、 担当獣医師がいる曜日に限りますので、 事前にご連絡をお願い致します。

診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
17:00-20:0017:00-20:0017:00-20:0017:00-20:0017:00-20:0017:00-20:0017:00-20:0017:00-20:00

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.sagamec.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野2-8-1

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬のヘルニアと膝蓋骨脱臼

    浅草駅から徒歩15分に、犬や猫、ウサギやサル等の小動物まで幅広く対応する「佐野動物病院」はある。佐野晋院長は、犬の椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼の手術を得意とし、全国から多くの患者が訪れている。そんな佐野院長に病気について詳しいお話を伺った。

    • 佐野動物病院(旧岩崎動物病院)
    • 佐野 晋院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
  • 100匹以上の飼育経験をエキゾチックアニマルの診察に活かす

    千葉市若葉区『BEN犬猫エキゾの病院』は、犬猫に加えて診療の難しい動物も診察する。『うさぎやハムスター、爬虫類などの飼育に困っている方を助けたい』と話す石川雅章院長が飼ってきたペットは数知れず。そんな院長の診療への思いを伺った。

    • BEN犬猫エキゾの病院
    • 石川 雅章院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
ページトップへ