浅葉動物病院の評判・口コミ - 神奈川県厚木市【カルーペット】

浅葉動物病院
あさばどうぶつびょういん

浅葉動物病院

4.58
アクセス数: 18,918 [1ヶ月: 388 | 前期間: 426 ]
所在地 :
厚木市 元町
診察動物:
イヌ ネコ
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
厚木で5代、100年にわたってペットの命を守り続けてきた動物病院です
当院は、一般的な内科や外科に加えて、腫瘍(がん)、眼科や歯科などの診察・治療をトータルで行うことができるホームドクターです。
一般的にホームドクターと呼ばれる動物病院では、腫瘍などが見つかった場合、より専門的な病院に転院させることが多くあります。当院の場合、院長が腫瘍の認定医であることに加え、診断に必要な機器などもそろえておりますので転院することなく治療を受けていただくことが可能です。
特に近年では、獣医療の進歩と共に、ペットの高齢化が進んでいます。最愛のペットが長く生きていられるというのは幸せなことですが、同時に腫瘍などの病気にかかるリスクも増えていきます。
当院では、ペットと、ペットオーナー様と二人三脚でよりよい治療を目指して頑張ってまいります。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

13件中 3件を表示(すべて見る

しろこ
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

かかりつけの先生と連絡が取れず、近所の病院にいきましたが、見れないと。断られました。 浅葉動物病院に電話をし、初診にも関わらず、状況を説明するとすぐ連れてきてください。と、肺水腫になったわが子の処置... (続きを読む)

投稿時期: 2017年07月 | 来院時期: 2017年03月 
5.0
とび515
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

10年以上お世話になっています。 どの先生が担当になっても、納得のいく説明を頂けるので安心してお任せしています。 様々な病気にかかりながら、ここまで一緒に生活してこれたのも、こちらの病院のサポート... (続きを読む)

投稿時期: 2017年07月 | 来院時期: 2017年06月 
5.0
桜花
さん
1人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

愛犬4匹がお世話になっています(内1匹は年で死去)。 愛犬が出産の際にも大変お世話になりました。 院長先生はじめ、他の先生方、看護師さん、 皆さんベテランな感じで対応も良く、受け答えも 本... (続きを読む)

投稿時期: 2017年02月 | 来院時期: 2016年10月 
4.5

13件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

院長は腫瘍(がん)の認定医です

ペットと触れ合っていて、しこりがあると一瞬「がんかもしれない」と思い込んでしまうペットオーナー様も多いかと思います。実は「しこりがある」ということと「腫瘍がある」ということは、イコールではないことも多くあります。

例えば、皮膚の下に生えかけの毛が埋まってしまい、しこりのように感じる場合もあります。
実際にしこりが腫瘍だったとしても、怪我が元で皮膚が炎症を起こしてしまっているだけということも、ままあります。

そして、仮に腫瘍が悪性であったとしても、早期発見であれば切除だけで完治することも、決して珍しいことではありません。

その違和感を感じ取ることができるのは、日ごろから一緒に過ごしていらっしゃるペットオーナー様だけです。
もし少しでも、ペットの身体に違和感を感じることがありましたら、お気軽にご来院ください。

病気のサイン

普段一緒に生活している飼い主様はペットの良き理解者であり、良き観察者でもあります。
獣医師が気づけないほどのほんの小さな変化に気づいてご来院頂いた飼い主様のお陰で、病気の早期発見に繋がったこともございます。
病気を進行させないためには、早い段階で病気を発見し、適切な治療を行うことが何より重要です。
小さな変化には以下のような病気が潜んでいる可能性があります。

・水をいつも以上に飲む
  胃腸炎・腎不全・肝不全・膵炎・消化管閉塞・毒物の摂食・子宮蓄膿症・腫瘍性疾患・糖尿病などが疑われます。

・お腹が下っている
腸炎・腸内細菌のバランス異常・寄生虫・ウィルス性・消化管閉塞・急性膵炎・腫瘍・消化管ポリープなどが疑われます。

・食事の量が減ってきた
食餌摂取不足(量・栄養)・各種疾患による食欲不振・口腔内疾患による採食困難・腎不全・糖尿病・甲状腺機能亢進症・膵外分泌不全・リンパ管拡張症・炎症性腸疾患・悪性腫瘍・消化管内寄生虫・蛋白喪失製腸症などが疑われます。

何か様子が違うかなと感じたら病気のサインかもしれませんので、些細な変化でも構いませんのでお気軽にご相談ください。

眼科検査機器

眼の異常がある場合、当院では、あらゆる病気に対応出来るよう数種の検査機器を取り揃え、眼の異常がどこから来ているのか原因をきちんと見極め適切な治療にあたっております。

~機器設備~
〔スリットランプ〕眼の内部構造を立体的に観察する検査機器。白内障診断や眼球内部の炎症(ぶどう膜炎)による浮遊物の確認など様々な検査が可能です。

〔Tono Vet 眼圧計〕眼圧の測定機器。緑内障やぶどう膜炎などの眼球内部の異常が分かります。

〔眼球内超音波検査〕眼球表面から内部を観察する検査で、網膜剥離や水晶体の脱臼等、眼球内の異常が確認出来ます。

〔倒像眼底検査〕眼底の検査により網膜剥離や進行性網膜萎縮などの診断が行えます。

〔フルオレセイン染色検査〕角膜表面の潰瘍を確認する検査。肉眼では判別困難な角膜上の潰瘍を蛍光発色させて確認します。眼から鼻腔へ通じる鼻涙管の狭窄の有無も確認可能です。

〔シルマーティアテスト〕涙の量を測定出来る試験紙で、ドライアイの判別が可能です。

〔細胞診検査〕マイクロブラシで眼の表面の細胞を採取し、炎症のタイプの判別が行えます。

院長紹介

浅葉 慎介

メッセージ

代々、この地で獣医を続けていた家に生まれて、幼いころから動物好きだったこともあり、自然に獣医への道に進みました。

大学在学中に、実家のこの院でも腫瘍疾病を多く診るようになってきたことに気付き、かかりつけ医で腫瘍の専門的な治療ができれば、動物たちへの負担が少なく、飼い主様にもご安心していただけると考え、獣医師となってから改めて腫瘍を専門に研鑽を積んできました。

腫瘍にはさまざまな種類があり、それぞれに治療方法があります。専門的に腫瘍をしっかりと診断して、可能な治療方法についてメリットやデメリットをくわしくご説明します。飼い主様のお考えにそって、体質や個性にあった最善の方法を選んで治療すること、それが当院の治療方針です。

スタッフ紹介

副院長 浅葉 隆一

1971年3月 日本大学農獣医学部獣医学科卒
1971年4月 同学部内科学研究室研修医
1972年4月 浅葉動物病院勤務

副院長 浅葉 公子

1971年3月 日本大学農獣医学部獣医学科卒
1971年4月 同学部内科学研究室研修医
1972年4月 浅葉動物病院勤務 (外科担当)

獣医師 古澤 優

2004年3月  北里大学獣医畜産学部獣医学科卒
2005年4月~ 浅葉動物病院勤務

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
浅葉動物病院
住所
〒243-0002 神奈川県厚木市元町9-9 (地図)
電話
046-221-0207 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
14:00-19:0014:00-19:0014:00-19:0014:00-19:0014:00-19:0014:00-19:00--

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.asaba-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒243-0002 神奈川県厚木市元町9-9

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼

    平成20年、相鉄線かしわ台駅近くに「アニマルクリニック イスト」を開院された金子院長。地元密着型の”頼もしい獣医師さん”として、内科や整形外科疾患治療にあたってきた金子院長に、関節疾患「前十字靭帯断裂」「膝蓋骨脱臼」を中心にお話を伺った。

    • アニマルクリニック イスト
    • 金子 泰広院長
  • 往診専門動物病院と緩和ケアの在り方

    あさくさワンニャン保健室は、台東区に拠点を構えて東京都内で往診診療を行う、犬猫の往診専門動物病院だ。病院に行けず諦められていた命に手を差し伸べたいと話す江本宏平院長に、往診の意義やターミナル(緩和)ケアについて話を伺った。

    • 往診専門動物病院わんにゃん保健室
    • 江本 宏平院長
  • 100匹以上の飼育経験をエキゾチックアニマルの診察に活かす

    千葉市若葉区『BEN犬猫エキゾの病院』は、犬猫に加えて診療の難しい動物も診察する。『うさぎやハムスター、爬虫類などの飼育に困っている方を助けたい』と話す石川雅章院長が飼ってきたペットは数知れず。そんな院長の診療への思いを伺った。

    • BEN犬猫エキゾの病院
    • 石川 雅章院長
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
ページトップへ