上大岡キルシェ動物病院の評判・口コミ - 神奈川県横浜市南区【カルーペット】

上大岡キルシェ動物病院
かみおおおかきるしぇどうぶつびょういん

上大岡キルシェ動物病院

4.78
飼い主の声13件 (
アクセス数: 56,913 [1ヶ月: 1,438 | 前期間: 1,411 ]
所在地
横浜市南区 中里
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
大切な家族の一員であるペットために最良の医療を提供するホームドクターを目指しています。
当院は、院長が幼少の頃、様々な動物たちとのふれあいの中で感じた「全ての動物に対し、何があっても寄り添い助けながら、生まれた時から最後を迎えるときまで手助けをしたい」という思いを大切にしております。その決意と共に、動物病院での勤務(一次診療)と専門病院(二次診療)での研修を経て日夜研鑽を積み、2016年2月院長の地元である上大岡の地に「上大岡キルシェ動物病院」を開院いたしました。

これまでに培った様々な経験や知識を治療に活かし、動物たちにはもちろん、ご家族様にとっても最適・最良な獣医療を提供していけるようスタッフ一同精進してまいります。

内科や外科、予防接種など様々な病気に対応しており、腫瘍や呼吸器、循環器、エキゾチックアニマルについて力を入れております。特に腫瘍については獣医腫瘍科認定医資格を取得している認定医が専門外来を行っておりますのでぜひご相談ください。また手術はもちろん、術後の鎮痛やリハビリについても、スタッフが協力しチームで医療を実践しております。

当院を利用してくださる皆さまが、楽しく、嬉しい、幸せな気持ちになっていただけたら…。そんな温かい病院を目指してまいります。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

11件中 3件を表示(すべて見る

秘書
さん
2人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

うちのポメラニアンは、子犬の様に小さく臆病な性格で心配でしたが、先生や他のスタッフさんたちが優しいので無事に過ごす事ができました! 歯石除去だけでは済まない歯を麻酔をして、綺麗にグラグラな歯も撤去。... (続きを読む)

投稿時期: 2017年09月 | 来院時期: 2017年01月 
5.0
レオナ
さん
15人中 13人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ネコのチーコ八歳です。巨大結腸症です。重度の便秘で二年あまり下剤に摘便、麻酔の繰り返しでした。この子は怯えながら一生動物病院へ通うのかと思うと気持ちが沈んでいました。どうにか治せないものかと口コミを見... (続きを読む)

投稿時期: 2017年01月 | 来院時期: 2016年12月 
5.0
ごん
さん
15人中 13人が、 この口コミが参考になったと投票しています

3歳8ヶ月の男の子のフェレットを飼っています。 今年の8月末に急に呼吸困難になりました。かかりつけの病院へは行ったものの、うちでは見られないと言われ紹介されて行ったのがキルシェ動物病院でした。 レ... (続きを読む)

投稿時期: 2016年11月 | 来院時期: 2016年08月 
5.0

11件中 3件を表示(すべて見る

アンケート

2件中 2件を表示(すべて見る

  • 5.0
    投稿時期: 2019年3月 | 動物の種類: モルモット (ラット) | 病名・治療名: ラット→繊維肉腫、モルモット→1.食欲不振 2.歯科疾患 3.脱臼

    レントゲン、エコー、血液検査を行いました。 1匹のモルモットは麻酔下にて歯科処置を何度か、ラットは繊維肉腫の為手術を2度行い、抗ガン剤治療を続けていました。 最後までご尽力していただける、とても良い病院です。

  • 5.0
    投稿時期: 2019年2月 | 動物の種類: イヌ | 病名・治療名: 心臓病他

    以前から気管虚脱、軟口蓋の手術をして頂いた。術後、2~3年生存できているので、感謝している。現在は心臓病で大分悪いが、院長先生他と相談しながら治療をすすめている。

2件中 2件を表示(すべて見る

病院紹介

獣医腫瘍科認定医による専門外来を行っております!

近年、人と同様、動物たちも寿命が伸び高齢化が進んでいます。犬の死因第一位が「悪性腫瘍(がん)」と言われている昨今、その診断や治療技術について特に重要性が高くなっております。

腫瘍治療への需要が高まる中、当院では、獣医腫瘍科認定医資格を取得した認定医による専門外来を行っております。腫瘍治療の専門病院(日本小動物がんセンター)での研修で培った経験を活かし、最善な治療を選択をしていただけるよう努めます。

腫瘍についての診療は、はじめに様々な検査を行います。その結果から腫瘍の種類や進行具合を正確に診断してまいります。
その子その子によって治療方針は多種多様です。病気を根本から治していくのか、緩和していくのか等、まずは病状や治療法についてご理解いただき、十分に納得頂いた上で、よりよい治療方法をご家族の皆さまと一緒に考えていきましょう。

ご不明な点やご不安なことも多いと思いますが、どんなことでもご相談ください。

対応の難しい呼吸器・循環器疾患もお任せください!

対応が難しい呼吸器・循環器の治療も積極的に行っております。
【呼吸器疾患】
特に対応が難しいとされている疾患に気管虚脱があります。気管が潰されたように変形することで気道が塞がってしまい、激しい咳が出たり呼吸困難に陥ってしまう病気で、特に小型犬に多いとされています。
突然軽い咳から始まり、段々と悪化していくケースもあります。最後は酸欠により舌が青く変色し、呼吸困難に陥り、窒息死となってしまう場合もあります。
進行性の病気で治療をしないと症状が悪化していくので、そのことをしっかりと認識し、手遅れになってしまう前に早期外科治療をお勧めいたします。

【循環器疾患】
循環器疾患の多くは心臓病です。心臓病には、先天性心疾患(生まれつきの疾患)と、後天性心疾患(生後発症する場合)があり、常に発症する可能性があります。心臓病の治療は病気によって異なるため、より詳しい検査が必要となります。
近年動物の高齢化に伴う心臓病が問題となっています。「いつもより元気が無い」「散歩に出たがらない」「よく咳が出る」など思い当たる症状がありましたら、健康診断の一環として早めに心臓検査を受けることをお勧めしております。

様々なエキゾチックアニマルにも対応しております!

近年、技術や文化の進歩により人間の生活はより便利なものとなりました。それに伴い近年ペット事情も変化をとげております。「大型犬を飼育する場所がない」「散歩ができない」「ペットを育てるには経済的に負担が大きい」などの理由で、エキゾチックアニマルの人気も高まっております。

しかし、エキゾチックアニマルにもしものことがあった場合、診察してくれる病院がなかなか見つからないケースも多々あります。

当院では、犬、猫はもちろん、フェレット、ウサギ、モルモット、チンチラ、ハムスター、デグー、モモンガ、ハリネズミ、リス、他の小型哺乳類、カメ、トカゲなどの爬虫類、カエル、イモリ、ウーパールーパーなどの両生類、小型鳥など、幅広い動物に対して診察しております。

さらに特殊な動物の場合にも、事前にお電話にてご相談ください。

より不調などを見逃しがちなエキゾチックアニマルに対し、小さな命を守るため全力で診療いたします。

院長紹介

山下 智之

メッセージ

【経歴】
横浜市立藤ノ木小学校、中学校卒業
神奈川県立柏陽高校卒業
麻布大学獣医学部卒業
横浜市内動物病院勤務
茅ヶ崎市内動物病院勤務
相模原市内夜間動物病院勤務
日本小動物医療センター付属がんセンター研修
エキゾチックペットクリニック研修
アトム動物病院 動物呼吸器病センター研修

【所属】
日本獣医循環器学会
日本獣医がん学会
日本大学獣医学科獣医外科学研究室

【資格】
iveat 腹部超音波検査認定コース修了
クイーンズランド州立大学軟部外科集中実習修了
獣医腫瘍科認定医II種

スタッフ紹介

獣医師

■石川 洵(写真:右)
【経歴】
麻布大学獣医学部獣医学科卒業
横浜市内動物病院勤務
東京都目黒区内動物病院勤務
茅ヶ崎市内動物病院勤務
麻布大学附属動物病院内科学専科研修修了
【所属】
日本獣医がん学会
【資格】
獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
【得意分野】
免疫疾患、消化器内科
【趣味】
映画鑑賞、スキューバダイビング、スノーボード

■竹内 猛(写真:左)
【経歴】
麻布大学獣医学部獣医学科卒業
東京都八王子市内動物病院勤務
東京都渋谷区内動物病院勤務
【所属】
日本大学獣医学科獣医外科学研究室
日本獣医がん学会
【資格】
獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
【得意分野】
循環器科、腫瘍科
【趣味】
テニス

獣医師

■長宗 真奈(写真:上段右)
【経歴】
日本大学獣医学科卒業
横浜市内動物病院勤務
鎌倉市内動物病院勤務
【所属】
比較眼科学会
【得意分野】
消化器内科
【資格】
獣医イメージングサポート
腹部エコーセミナー終了
【趣味】
映画鑑賞、天体観測

■加藤 和貴(写真:下段左)
【経歴】
東京農工大学獣医学科卒業
相模原市内動物病院勤務
茅ヶ崎市内動物病院勤務
【所属】
日本獣医がん学会
【得意分野】
皮膚科、腫瘍科
【趣味】
スノーボード、ゴルフ

■臼井 陽菜(写真:下段右)
【経歴】
日本大学獣医学科卒業
【趣味】
バレエ、ミュージカル鑑賞

動物看護師

■村杉 幸美(写真:上段左)
【経歴】
横浜市港南区出身
横浜市内動物病院勤務
【趣味】
映画鑑賞、料理、愛犬とのふれあい

■山下 由美子(写真:上段真ん中)
【趣味】
サッカー観戦、ウォーキング

■玉置 阿弥(写真:上段右)
【趣味】
読書、ピアノ、ゲーム

■下城 ひな(写真:下段左)
【経歴】
横須賀市出身
専門学校ビジョナリーアーツ
(ペット学科ドックトレーナー専攻)
【趣味】
映画鑑賞、写真、絵を描くこと

■河田 海音(写真:下段真ん中)
【経歴】
横浜市出身
専門学校東京スクールオブビジネス
(ペットビジネス学科ペットビジネスコース)
【趣味】
和太鼓、音楽、ゲーム

■小町谷 玲奈(写真:下段右)
【経歴】
相模原市出身
国際動物専門学校(動物看護、理学療法学科)
【趣味】
バドミントン、テレビ、アイドル

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
上大岡キルシェ動物病院
住所
〒232-0063 神奈川県横浜市南区中里1-12-28 1階 (地図)
電話
045-714-5006 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類

※さらに特殊な動物に関してはお問い合わせください。

診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 けが・その他
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:3016:00-19:30

※新患の方は9時から11時半、16時から19時までになります。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://kirsche-vet.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒232-0063 神奈川県横浜市南区中里1-12-28 1階

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 3院の連携で一次診療から高度医療まで地域の動物医療に広く貢献

    豊田市の『ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター』は専門的な医療設備を備え、地域の基幹病院として幅広い症例に対して高度な医療を提供している。院長の青島大吾先生に、分院も含めた3院の特徴と腫瘍治療への取り組みについて伺った。

    • ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター
    • 青島 大吾院長
  • 犬と猫のがん治療。標準治療と緩和的治療

    京都市北区の動物病院「かもがわ動物クリニック」では、がん治療に力を入れている。飼い主の話をしっかり聞き、話し合うことを重視して治療にあたる萩森健二院長に、犬猫のがんの治療方針、免疫療法・温熱療法など負担の少ないがん治療についてお話を伺った。

    • かもがわ動物クリニック
    • 萩森 健二院長
  • 犬にも猫にも快適な空間を実現、うさぎの診療や腫瘍科に注力

    八千代市と船橋市の境にある「はる動物病院」は、猫と大型犬にも優しい待合室が特徴のクリニックで、うさぎの診療や手術が得意なことでも知られている。腫瘍科認定医を取得している瀧口晴嵩院長に、同院の方針や診療の際の心がけについて伺った。

    • はる動物病院
    • 瀧口 晴嵩院長
  • 東洋医学と西洋医学のコラボ、夫婦で一緒にホームドクター

    古河市の『堀江動物病院』の特徴や、夫婦で獣医師を務める堀江崇文さんと有美さんをご紹介。ホームドクターとして広くペットの病気や不調と向き合う崇文さんと、東洋医学の手法でペットを楽にさせる有美さんの「二人三脚」に迫り、熱い思いを伝えます。

    • 堀江動物病院
    • 堀江 崇文 院長
    • 堀江 有美先生
  • 犬の気管虚脱、症状と外科手術

    アトム動物病院 動物呼吸器病センターは、犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の治療を得意としている。独自に考案した器具を用いた外科手術の症例数は600件以上。「治らない病気」と言われてきた気管虚脱の完治も可能とした、米澤覚先生にお話を伺った。

    • アトム動物病院 動物呼吸器病センター
    • 米澤 覚院長
ページトップへ