みずの動物クリニックの評判・口コミ - 愛知県あま市【カルーペット】

みずの動物クリニック
052-441-6133
みずのどうぶつくりにっく

みずの動物クリニック

4.28
アクセス数: 21,587 [1ヶ月: 246 | 前期間: 289 ]
所在地
あま市 小路
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
あま市の『みずの動物クリニック』、犬・猫・鳥・うさぎ・ハムスター・フェレット対象、トリミング完備、日祝も診療、駐車場20台完備
あま市の『みずの動物クリニック』は、犬・猫・鳥・うさぎ・ハムスター・フェレット・その他動物を対象に診療しております。

◆当院のご案内
初診の方は、まずは受付で問診票の記入をお願いいたします。

各種検査、採血や処置などを行います。話すことの出来ない動物達の診察には問診がとても大切と考えていますので、時間をかけて行います。

心電図モニター、呼吸モニター、血圧計、人工呼吸器を接続した麻酔器などが備え付けられていて、各種手術に対応できるように なっています。

ICUは重症の動物たちが入るため、常にスタッフがチェックできるように設置しています。温度、湿度などが管理出来ます。

悩み事・診察に関して不明な点がございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

口コミ

6件中 3件を表示(すべて見る

イエロー455
さん
2人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

二代続けてこちらのクリニックにお世話になっております。 とても明るくて落ち着いた雰囲気の、クリニックです。初代の犬の時とは場所が変わりましたが、新しいところも近くに公園があったりして散歩しながら順番... (続きを読む)

投稿時期: 2020年12月 | 来院時期: 2019年02月 
5.0
紫露草828
さん
1人中 1人が、 この口コミが参考になったと投票しています

病院が移転される前から、ずっとお世話になっております。 犬・ネコ両方診察してもらいましたが、いずれも治療に不満を覚えたことはありません。 現在は野良猫を拾ったため、その治療に通っていますが、日... (続きを読む)

投稿時期: 2017年01月 | 来院時期: 2016年12月 
3.5
kurosuke
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

今回の患者は、ミニチュア・ピンシャーのメスの14歳です。 とても素早いこでしたが、動きが急速に鈍くなり 段差に飛び上がる度に キャンと、鳴くようになり心配して、病院を訪問いたしました。 血液検査... (続きを読む)

投稿時期: 2016年10月 | 来院時期: 2015年04月 
5.0

6件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

当院のご案内

わんちゃん・ねこちゃんはもちろんウサギ ・ハムスター フェレット・モルモット・鳥に対応しております。

飼い主の方にも安心して来院していただけるように笑顔でお迎えいたします。

初診の方は、まずは受付で問診票の記入をお願いいたします。

各種検査、採血や処置などを行います。話すことの出来ない動物達の診察には問診がとても大切と考えていますので、時間をかけて行います。

心電図モニター、呼吸モニター、血圧計、人工呼吸器を接続した麻酔器などが備え付けられていて、各種手術に対応できるように なっています。

重症の動物たちが入るため、常にスタッフがチェックできるように設置しています。温度、湿度などが管理出来ます。

院長紹介

水野 範仁

メッセージ

大切な動物達が病気になったとき、頼りにできるはずの獣医師さんが「病気の説明をしてくれない」「診断結果を伝えてくれない」「質問に答えてくれない」――。
これでは、飼主様の心配は取り除かれるどころか、ますます大きくなってしまいます。
当院では、動物達に最適な治療を行うためには、飼主様とのコミュニケーションが不可欠であると考えています。
そのため、治療に入る前に、飼主様から動物達の様子や病状をしっかりとお伺いいたします。
その上で最適な検査をさせていただき、動物達が今どのような状態なのか、これからどのような治療を行うのか、治療期間はどれくらいなのかなどを、ご納得いただけるまでじっくりと説明させていただきます。
飼主様としっかりお話しさせていただく、何でも相談できる、気軽に立ち寄れる、これが地域のホームドクターの役割ではないでしょうか。
常に動物達・飼主様の気持ちに寄り添い、安心して治療を受けていただけるよう努力いたします。
どうぞお気軽にドアを開けて、ご来院いただければと思います。

スタッフ紹介

副院長:鈴木 雄大

副院長の鈴木 雄大と申します。
当院は、地域に根差した動物病院として、動物達にいっぱいの愛情をもって接しつつ、飼主様とのコミュニケーションも大切にした診療を行なっております。動物達は、自分で自分の症状を言葉で伝えることができません。そのため、治療に入る前に、まずは飼主様のお話をしっかりとお伺いいたします。
そして、飼主様にも時間をかけて丁寧にご説明をすることで、不安な状態をできる限り軽減していきたいと考えています。

地域の皆様に親しんでいただき、どんなお悩みも気軽に相談していただけるよう、向上心を持って日々の診療に取り組んでいきますので、末永くよろしくお願いします。

病院詳細

病院名
みずの動物クリニック
住所
〒490-1106 愛知県あま市小路1丁目6-9 (地図)
電話
052-441-6133 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 東洋医学 けが・その他
診察時間
 
09:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:3009:00-11:30
17:00-19:3017:00-19:3017:00-19:3017:00-19:3017:00-19:3017:00-19:3014:00-16:0014:00-16:00

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.mizuno-ac.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒490-1106 愛知県あま市小路1丁目6-9

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 短頭種気道症候群の治療、外鼻孔狭窄と軟口蓋過長症の手術 NEW

    長岡京市にある「乙訓どうぶつ病院」は呼吸器疾患の治療に力を入れている。パグやフレンチブルドッグに好発する短頭種気道症候群は、年齢を重ねるごとに進行する病気である。中森正也院長に、短頭種気道症候群や外鼻孔狭窄、軟口蓋過長の手術について伺った。

    • 乙訓どうぶつ病院
    • 中森 正也院長
  • 動物と人が幸せに暮らせる環境づくりをサポートしていきたい

    兵庫県明石市小久保にあるこすもす動物診療所は、犬、猫から、うさぎ、モルモット、ハムスター、フェレット、小鳥といった小動物まで診察可能。開院以来、大切な動物を飼い主が安心して任せられる獣医療を精力的に展開する院長夫妻にお話を伺った。

    • こすもす動物診療所
    • 小川 篤史院長
    • 小川 まき先生
  • スタッフ一丸、患者様のために。高度医療を実現するチーム医療

    札幌市白石区の「アイリス動物医療センター」は2020年に移転リニューアルをした動物病院だ。チーム医療を実践し、症状にあわせてその科目に特化した獣医師が高度な医療を提供する。中村匡佑センター長と倉本先生、加藤先生、波田先生に病院の特徴を伺った。

    • アイリス動物医療センター
    • 中村 匡佑センター長
  • 東洋医学と西洋医学のコラボ、夫婦で一緒にホームドクター

    古河市の『堀江動物病院』の特徴や、夫婦で獣医師を務める堀江崇文さんと有美さんをご紹介。ホームドクターとして広くペットの病気や不調と向き合う崇文さんと、東洋医学の手法でペットを楽にさせる有美さんの「二人三脚」に迫り、熱い思いを伝えます。

    • 堀江動物病院
    • 堀江 崇文 院長
    • 堀江 有美先生
  • 治療から移動動物園まで。人と動物が幸せに暮らす環境を作りたい

    川越市「アリス動物病院」は地域とともに発展してきた病院だ。犬猫、ウサギなどの一般診療と予防医療に注力、外科や腫瘍科では遠方からの来院も多い。2020年にはドッグランをオープンし、動物イベントも開催。竹島昌俊院長に病院の特徴や今後の展望を伺った。

    • アリス動物病院
    • 竹島 昌俊院長