ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センターの評判・口コミ - 愛知県豊田市【カルーペット】

ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター
だいごぺっとくりにっくとよだちゅうおういりょうせんたー

ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター

4.43
アクセス数: 75,627 [1ヶ月: 1,297 | 前期間: 1,269 ]
所在地
豊田市 松ケ枝町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥
学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
循環器系疾患 整形外科系疾患 腫瘍・がん
もう一つの我が家へようこそ ダイゴペットクリニック豊田中央医療センターは年中無休・夜間救急対応、安心・安全・良心的価格の診療を提供します!トリミング・ホテルは2階にございます。
ダイゴペットクリニック豊田中央医療センターは年中無休で時間外の急患も可能な限り対応いたします。

2010年4月に豊田上野で開院したくさんの患者様のお話をお聞きする中で、高い志をもったスタッフと共に、高度な技術・設備を整え、より多くの子を救える病院を作りたいと思うようになりました。
2017年9月に開院した豊田中央医療センターはダイゴペットクリニックの本院として、地域の皆さまに診療内容や費用面含め安心して通ってもらえるような病院となれるよう努力してまいります。

豊田市・岡崎市では初となるCTを完備し、高度な医療にも対応可能です。
また待合室は猫ちゃん専用・小動物専用のスペースがあり、ドッグラン、キッズスペースもご用意してますので、
小さなお子様がいる方やほかの動物たちが苦手な子でも安心してご来院いただけます。

今後もHome away from home(もう一つのわが家)”を信条とし、飼い主様とペットの皆様が安心して受診していただける病院を目指してまいります。

土曜日・日曜日・祝日も夜20時まで診察を行い、駐車場も拡大しました。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。

ネット予約

予約はこちら

ドクターズインタビュー

青島 大吾 院長
街の頼れる獣医たち vol.023

3院の連携で一次診療から高度医療まで地域の動物医療に広く貢献

豊田市・岡崎市・日進市の基幹病院として、多くのペットに質の高い医療を届けたい

豊田市の『ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター』は専門的な医療設備を備え、地域の基幹病院として幅広い症例に対して高度な医療を提供している。院長の青島大吾先生に、分院も含めた3院の特徴と腫瘍治療への取り組みについて伺った。 もっと読む

口コミ

14件中 3件を表示(すべて見る

乙女872
さん
4人中 4人が、 この口コミが参考になったと投票しています

老猫です。鼻から目にかけて皮膚が破れて腫瘍の様なものが出てきてしまいました。担当してくださった獣医師さんが今後の検査方法について、悪性腫瘍だった際の治療法について時間を掛けて丁寧に説明してくださいまし... (続きを読む)

投稿時期: 2021年09月 | 来院時期: 2019年 
5.0
あさー
さん
3人中 2人が、 この口コミが参考になったと投票しています

仕事をしている為、昼間等は病院に行けない人にもおすすめです。平日の遅い時間にどうしても病院を受診したい時に診てもらえるのはとても助かります。診療時間が長いのは魅力的です。病院行くか悩んだ時も電話で相談... (続きを読む)

投稿時期: 2020年05月 | 来院時期: 2020年05月 
3.5
ナイルブルー011
さん
5人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家の犬が食欲がなく元気なくなって、 夜間なのでどうしようかと思い夜間診療で あいているこちらの病院を受診させていただきました。 お客さんは多く、少し待ちましたが、中に入ってからは細かく説明が... (続きを読む)

投稿時期: 2020年04月 | 来院時期: 2019年07月 
4.0

14件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

充実した医療設備

様々な医療機器を完備し、院内で実施できる検査も充実しております。

<血液検査機器>
・IDEXX Catalyst One
・富士ドライケム7000V「Z」
・IDEXX PROCYTE
・IDEXX Coag Dx

<画像検査機器>
・Mity one
・FCR PRIMA
・Salient Single
・CT Revolution ACT(GE社製の16列のCT)
・GE LOGIQ P6(超音波診断装置)

<眼科検査機器>
・コーワ 動物用スリットランプ SL-17
・トノペン

<入院機器>
・輸液ポンプ TOP-230V
・動物用ICU メニオス

<手術機器>
・内視鏡
・日本光電 動物用モニタ BSM-3592
・フクダ電子 動物用モニタ AM120A
・電気メス
・オリンパス 超音波手術システム Sonosurg

<診察機器>
・アークレイ ポケットケムUA
・高園産業 自動分割分包機 Crestage-Lite

完全電子カルテを導入しました。

CT

16列マルチスライスのCT装置を完備しております。

CT検査は以下のような時に特に効果を発揮します。

・腫瘍、及び転移の有無の確認
・背骨や骨盤などの骨折や脱臼
・椎間板ヘルニア
・呼吸器疾患(狭窄病変、鼻腔内病変の確認など)
・血管異常(門脈シャント)
・耳科疾患(中耳炎)
・歯科疾患
・異物

わんちゃん・ねこちゃんだけではなく、他の検査が難しい小動物の子達にとっても負担が少なく大変優しい検査となっております。

必要な時にはご提案をさせていただくこともあると思いますので、是非ご利用下さいませ。

夜間診療・予約診療について

◆夜間診療
夜間対応は、原則として豊田市・岡崎市・みよし市の方を中心に対応しております。

時間外診療には別途診療代がかかりますので、ご理解・ご了承の上お電話ください。
(5400円~ 時間・内容によって異なります。)

◆予約診療
予約優先診療ですので、ご希望の方はお電話・FAXもしくは予約フォームからお願いいたします。

院長紹介

青島 大吾

メッセージ

ダイゴペットクリニックは2010年4月に豊田市上野町に開院し、“Home away from home(もう一つのわが家)”を信条として、飼い主様とペットの皆様が安心して受診していただける病院を目指してきました。

私の好きな言葉で” You’ll Never Walk Alone.”という言葉があります。

ペットが 病気で困っておられる飼い主様にはいつも寄り添って、気軽に相談に乗れる温かい医療を続けていくことができれば幸甚です。

今後も、ダイゴペットクリニックは地域医療に貢献できる中核病院となれるよう尽力して参る所存です。

<来歴>
愛知県立岡崎高等学校 卒業
東京大学農学部獣医学専修 卒業
東京大学動物医療センター研修医(外科学)修了
ライオン動物病院(愛知県岡崎市)勤務
兼 日本動物高度医療センター(神奈川県川崎市) 放射線科所属

<資格等>
獣医師免許 第一種放射線取扱主任者
愛知県獣医師会 所属

トリミング

ペットホテル

求人

病院詳細

病院名
ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター
住所
〒471-0865 愛知県豊田市松ヶ枝町2丁目33-1 (地図)
電話
0565-34-1351 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
ネット予約
ネット予約
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥

※その他小動物については、ご相談ください。

学位・認定・専門
獣医腫瘍科認定医 II種
得意な診察領域
循環器系疾患 整形外科系疾患 腫瘍・がん
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-19:0016:00-18:0016:00-18:0016:00-18:00

※年中無休です。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://info-dpc.net/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒471-0865 愛知県豊田市松ヶ枝町2丁目33-1

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 短頭種気道症候群の治療、外鼻孔狭窄と軟口蓋過長症の手術 NEW

    長岡京市にある「乙訓どうぶつ病院」は呼吸器疾患の治療に力を入れている。パグやフレンチブルドッグに好発する短頭種気道症候群は、年齢を重ねるごとに進行する病気である。中森正也院長に、短頭種気道症候群や外鼻孔狭窄、軟口蓋過長の手術について伺った。

    • 乙訓どうぶつ病院
    • 中森 正也院長
  • 犬の顔面神経麻痺の治療~鍼灸治療による麻痺の改善~

    長野県軽井沢駅から車で20分の「西軽井沢どんぐり動物病院」は鍼灸治療を取り入れている病院だ。犬の顔面神経麻痺は投薬による治療法がない病気だが、鍼灸治療により改善が見込めるという。岩切久弥院長に、顔面神経麻痺やヘルニアの治療について伺った。

    • 西軽井沢どんぐり動物病院
    • 岩切 久弥院長
  • 椎間板ヘルニアの診断から治療・リハビリまで

    杉並区上高井戸にある「エルムス動物医療センター八幡山院」はCT・MRIを備え、高度な整形外科治療を行っている。特に椎間板ヘルニアの治療に強みを持つという。センター長である高瀬雅行先生に、椎間板ヘルニアの診断・治療・リハビリについて伺った。

    • エルムス動物医療センター八幡山院
    • 高瀬雅行センター長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 飼い主、そしてペットと時間をかけてじっくり向き合いたい

    根津駅から歩いてすぐにある「上野の森どうぶつ病院」は、ジェネラリストの内村祐介院長と循環器のスペシャリストである諌山紀子副院長が診療を務める。年中無休、夜間救急対応、セカンドオピニオン等、頼りになる動物病院作りを続けるお2人にお話を伺った。

    • 上野の森どうぶつ病院
    • 内村 祐介院長
    • 諌山 紀子先生