フルール動物病院の評判・口コミ - 大阪府大阪市都島区【カルーペット】

フルール動物病院
ふるーるどうぶつびょういん

フルール動物病院

4.03
アクセス数: 24,906 [1ヶ月: 277 | 前期間: 412 ]
所在地
大阪市都島区 御幸町
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
飼い主さまと大切なご家族さまの声に耳を傾け、心に寄り添った病院でありたい・・・
私たちは、動物たちと直接触れ合うことが病気の早期発見につながり、いつもと違う異変にいち早く気づくことができるのだと考えております。
診察に来てくださるすべてのわんちゃん、ねこちゃんに「眼、耳拭き、爪切り、肛門絞り、聴診、触診」などを含む一般的な身体検査を別途費用を頂くことなく実施いたしております。

定期的な健康診断が、大切なご家族さまとの幸せな生活への第一歩と考え、年に一度の健康診断をおススメしております。
動物たちは人よりも年をとるサイクルが早く、1年間健康診断をしないということは、人が4年~5年健康診断をしないことと同じようなものです。
病気になってから治療をすることは、動物たちにとって心身的にも体力的にもに負担が大きくなり、飼い主さまにとっても経済的な負担が大きくなることがあります。

当院では、健康診断時の「レントゲン検査」や「超音波検査」の画像診断の分野に力を入れており、そのために最新機器を導入し設備を整え、二次診療病院で得た知識を皆様にご提供いたします。

飼い主さまと愛するご家族との健康で幸せな生活が、少しでも長くつづくようサポートさせていただくことが私たちの喜びです。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

2件中 2件を表示(すべて見る

なでしこ250
さん
18人中 14人が、 この口コミが参考になったと投票しています

先日、新しくできたボネール病院にいってきました。 うちの犬が背中を急に痒がるようになり、真っ赤になっていたのです。 初めての病院だったので、ドキドキでしたが犬はその不安をよそに待合室を余裕でウロウ... (続きを読む)

投稿時期: 2016年03月 | 来院時期: 2016年02月 
5.0
のぞみ
さん
18人中 13人が、 この口コミが参考になったと投票しています

最近ずっと家で元気がなく、うんちも 一週間前から下痢が続いていて、 近くに動物病院ができたとの ことだったので、診てもらいました。 初めてだったのですが、 先生や、スタッフの方々も明るく... (続きを読む)

投稿時期: 2015年11月 | 来院時期: 2015年11月 
5.0

2件中 2件を表示(すべて見る

病院紹介

がん・腫瘍の診療に力を入れております。

人でも動物でも、高齢になるとガンにかかりやすくなり、寿命が長くなれば、ガンの発症率は高くなります。
当院の獣医師は、日本獣医がん学会、獣医腫瘍科認定医が所属しており、がん・腫瘍の診療に力を入れております。

腫瘍の治療法は大きく分けると3つに分けられ、外科治療、化学治療、放射線治療がございます。
それぞれの治療法のメリットとデメリットを飼い主様にきちんとお伝えいたします。

また上記の3つの治療法以外に副作用の少ない補助療法をご提案することもできます。
副作用が少ないという事から生活の質を上げたり、腫瘍の進行を抑えるなどの目的で使用されている治療法ですが、現段階では確実な治療効果が得られるいうものではなく不確実さの伴う治療になります。

愛する家族であるペットの苦痛が少なくてすむよう、飼い主様がご納得いただけるような治療法をできるだけ多く提案したいと思っております。

治療だけではなく飼い主様と動物たちの心に寄り添った病院です。
小さなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

猫ちゃん待合室

普段お家の中にいる猫ちゃんにとって、知らない場所へ行くことだけでもストレスを感じます。
臆病な猫ちゃんのために猫ちゃん専用の個室待合室をご用意いたしました。

少しでもストレスなく待ち時間を過ごせるよう配慮した空間になっております。
ご希望の方はお気軽に受付までお声がけください。

皮膚科専門診察

皮膚科専門医による診察をおこなっております。(完全予約制)
詳しくはスタッフまでお尋ねください。

院長紹介

宮沢 良邦

メッセージ

いつも一緒にいる子達は、すごく我慢強い子達ばかりです。どうしてもしゃべれない分、調子が悪い時に気づきにくかったり、、気づいた時もどうしてあげたらいいか不安でたまらないと思います。 そんな時、皆様の愛息子、愛娘として責任も持ってケアできるよう、一般診察から専門分野まで対応できる病院でありたいと思っております。

<経 歴>
2009年 日本大学生物資源科学部医学科卒
2009年-2014年 東京都 梅島動物病院 勤務
2014年4月-2015年8月 あいち犬猫医療センター 勤務
2014年9月 岐阜大学獣医学科外科学研究室研修医
2015年11月 フルール動物病院(旧ボネール動物病院) 開院

スタッフ紹介

非常勤獣医師 大隈 尊文

治らない皮膚病でお困りの飼い主様は多いと思います。「何で治らないんだろう?うちの子だけ治らないのかな?治療はいつまで続くのだろう?どこに行っても治らないのかな?」これらの不安を、きちんとした説明で少しでも取り除くことが大切であり、私たち皮膚科医の役目はそこにあると思っています。やるべきことが分かると飼い主様もホッとした気持ちになるようです。皮膚病でお困りの方は、是非一度相談にいらしてください。

<経 歴>
2008年 日本大学生物資源科学部獣医学科卒業
2007年 東京大学付属動物医療センター 内科系研修医
2010年 ピジョン動物愛護病院勤務
2012年 東京農工大学附属動物病院 皮膚科単科研修医兼任
2013年 ウィスコンシン大学動物医療センター 皮膚科visiting resident
2014年 東京農工大学附属動物病院皮膚科レジデント(アジア獣医皮膚科専門医協会レジデント課程)
2017年 アジア獣医皮膚科専門医協会レジデント課程修了
岐阜大学連合獣医学研究科博士課程入学
東京農工大学附属動物病院皮膚科シニアレジデント
株式会社VDT非常勤皮膚科医

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
フルール動物病院
住所
〒534-0012 大阪府大阪市都島区御幸町1-9-11 バル御幸1階 (地図)
電話
06-6978-4492 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット 鳥
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:3016:00-19:30-16:00-19:3016:00-19:3016:00-19:30--

※診察受付は19:30までとなります。※夜間・救急・時間外診療・往診に関しましては、できる限り対応いたしますのでまずはお電話にてお問合せください。タイムズ御幸町第2に当院専用駐車場・院内に専用駐輪場を完備。

※夜間の場合でも救急の際にはできる限り対応いたしますので、ご来院の前に事前にお電話をお願いいたします。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://bonheur-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒534-0012 大阪府大阪市都島区御幸町1-9-11 バル御幸1階

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 椎間板ヘルニアの診断から治療・リハビリまで NEW

    杉並区上高井戸にある「エルムス動物医療センター八幡山院」はCT・MRIを備え、高度な整形外科治療を行っている。特に椎間板ヘルニアの治療に強みを持つという。センター長である高瀬雅行先生に、椎間板ヘルニアの診断・治療・リハビリについて伺った。

    • エルムス動物医療センター八幡山院
    • 高瀬雅行センター長
  • 3院の連携で一次診療から高度医療まで地域の動物医療に広く貢献

    豊田市の『ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター』は専門的な医療設備を備え、地域の基幹病院として幅広い症例に対して高度な医療を提供している。院長の青島大吾先生に、分院も含めた3院の特徴と腫瘍治療への取り組みについて伺った。

    • ダイゴペットクリニック 豊田中央医療センター
    • 青島 大吾院長
  • 話を聞くことからはじまる診察、心に寄り添う動物病院を目指して

    相模原市中央区の「かやま動物病院」は、2017年に開院した一次診療の動物病院だ。「飼い主に説明をして理解をしてもらうことが獣医の仕事」と話す鹿山航院長、鹿山真里先生に、診療に対しての思いや今後の展望についてお話を伺った。

    • かやま動物病院
    • 鹿山 航院長
    • 鹿山 真里獣医師
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
  • 犬の肝臓病と肝臓がんの外科手術

    御堂筋線北花田駅から徒歩15分の「えびす動物クリニック」は、肝臓病の治療に力を入れている。肝臓病の治療において手術は敬遠されがちだが、原発性の肝臓がんでは手術により完治が見込めるという。戎修平院長に肝臓病と肝臓がんの手術について伺った。

    • えびす動物クリニック
    • 戎 修平院長
ページトップへ