花咲く動物病院の評判・口コミ - 奈良県香芝市【カルーペット】

花咲く動物病院
はなさくどうぶつびょういん

花咲く動物病院

4.78
アクセス数: 49,632 [1ヶ月: 1,770 | 前期間: 1,565 ]
所在地 :
香芝市 畑
診察動物:
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 魚
診察領域:
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
エキゾチックアニマルや特殊動物にも適切な診断と手厚い治療を行います。
当院は、どんなときでも支え合える動物と人にやさしい動物病院を目指して、2016年3月に開院しました。
病院名は、飼い主様と大切なペットを癒し喜ぶすがたを、花になぞらえたことが由来になります。
花の中でも「希望」や「親しみやすさ」「いつでも前へ」の意味を持つガーベラをイメージフラワーに選び、ロゴにも取り入れています。

当院はエキゾチックアニマルや特殊動物も幅広く診療を行っているのが特徴です。
ウサギやハムスターだけでなく、鳥類や爬虫類両生類も診療を行っております。治療目的以外でも、健康診断やお世話の仕方など分からないことやご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

病院の雰囲気を感じさせない空間づくりや快適さが、当院の魅力の一つでもあります。ぜひお散歩がてらお気軽にご来院ください。

WEB予約

予約はこちら
ペット保険の体験談・口コミ

ドクターズインタビュー

上田 憲義 院長
頼れる獣医が教える治療法 vol.006

うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

腫瘍・がん

多発しがちな疾患から大切なうさぎやフェレットを守るために

犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。 もっと読む

口コミ

17件中 3件を表示(すべて見る

しるびあ
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

主に予防接種でお世話になっています。 エキゾチックアニマルが多いので猫の診察は遠慮した方がいいかと思っていました。 しかし急に調子が悪くなったので診てもらう事にしました。待合室は亀ウサギ以外に犬猫... (続きを読む)

投稿時期: 2018年05月 | 来院時期: 2018年05月 
5.0
草840
さん
14人中 9人が、 この口コミが参考になったと投票しています

ともあれ満点以外ないです。開業前の院長は、大阪では多種なペットを診れる 動物病院として府内でも指折りだった名門の出だそうです。実際、犬猫だけで なく、亀やハムスターなど飼い主にとってはかけがえのな... (続きを読む)

投稿時期: 2017年07月 | 来院時期: 2017年04月 
5.0
フドウ
さん
7人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

普段はよそへ行っていましたが、ずっと気になっていた花咲く動物病院。 フェレットに強い先生だとどこへ行っても口コミがあったから… 自宅から遠いからどうしようどうしようとずっと悩んでました。 (... (続きを読む)

投稿時期: 2017年05月 | 来院時期: 2017年 
4.5

17件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

エキゾチックアニマルも診療致します。

エキゾチックアニマルとは大まかに言うとワンちゃんネコちゃん以外の動物全般を指します。
当院院長は、ウサギやハムスター、鳥類や爬虫類、両生類など非常に多岐にわたる動物たちの世話や診療を行う病院に10年間勤めてきた実績がございます。
その経験の中で得た豊富な知識と正確な技術、なにより広い視野を生かすことで、飼い主様の愛する家族を守る力になれると考えています。
もし飼っていくうえで不安になったりわずかな体調の変化にお気づきになりましたら、お気軽にお越しください。

こだわりの内装

バラエティに富んだペット達。それぞれが抱える症状の的確な診断と治療を行うために、室内空間についても様々な工夫を凝らしました。
待合室はまるでカフェのような内装。こだわり抜いた椅子や、当院のトレードマークでもあるガーベラの絵を地元在住の画家に描いていただき、ペットや飼い主様にも癒しをお届けできる空間になるよう努力しました。
様々なペットに対応できるような医療設備や、大切な鳥が診察中に逃げてしまわないよう、院内全体のレイアウトにも配慮しております。

国道沿いの好立地

当院は国道165号に面しておりますので、お車でのご来院も大変しやすくなっております。
国道168号との交差点から香芝市役所方面へ800mほど直進し、畑交差点(ファッションセンターしまむら様が目印です)のすぐ側にございます。
駐車場は医院駐車場2台、道路を挟んで契約駐車場5台用意しております。医院駐車場は医院向かって左から2台分のスペースになりますので、ご来院の際はお間違えの無いようご注意ください。

院長紹介

上田 憲義(うえだ のりよし)

メッセージ

【学歴】
東京農工大学農学部 獣医学科卒業
【経歴】
2004年〜2006年 レオ動物病院勤務
2006年〜2016年 クウ動物病院勤務
2016年 3月 花咲く動物病院開院
【メッセージ】
私は、長らく犬・猫にとどまらず、エキゾチックアニマルや特殊動物の診療にも数多く携わってまいりました。 それらの経験で得られた広い視野は、皆様の大切なパートナーの診断と治療に、必ず役立てられると考えております。 また、私自身、数多くの動物たちと暮らすひとりの飼い主でもあります。 飼い主として抱く心配や不安に寄り添える、動物と人に優しい病院を目指します。

スタッフ紹介

看護師:松本 実佳(まつもと みか)

動物たちにとって、病院が大好きな場所になってくれるような接し方を心掛け、喜んで来てくれるようになることが目標です。入院中の動物の不安を少しでも取り除けるよう看護致します。また、飼い主様とお話しすることも好きなので、気軽に声をかけて下さい。

看護師:石崎 紋子(いしざき あやこ)

至らないこともたくさんあるかと思いますが、どんなに小さなことでもなにか疑問などありましたら、お気軽にお声掛け頂けると嬉しいです!ちなみに、私は猫とデグーを飼っています!「日々勉強」をモットーに頑張ります!

看護師・トリマー:吉岡 杏奈(よしおか あんな)

小さい頃から動物に囲まれて大きくなりました。どんなに小さな事でも不安なことや心配な事を相談してもらえるような動物看護師でいたいと考えています。
趣味はカメラやお菓子づくりが好きです。
気軽にたくさん話しかけてください。

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
花咲く動物病院
住所
〒639-0245 奈良県香芝市畑3丁目887-4 (地図)
電話
0745-71-8739 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
WEB予約
オンライン予約
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス 鳥 両生類 爬虫類 魚

※その他特殊動物もお気軽にご相談ください

診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:30-09:00-12:3009:00-12:3009:00-12:3009:00-12:3009:00-12:3009:00-12:30
17:00-20:00-17:00-20:0017:00-20:0017:00-20:0017:00-20:00--

※休診日:火曜、日曜午後、祝日午後

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://hanasaku-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒639-0245 奈良県香芝市畑3丁目887-4

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の整形外科疾患(骨折、レッグペルテス、脱臼) NEW

    横浜市都筑区「横浜青葉どうぶつ病院」では、大学病院で技術を磨いた古田健介院長が高度な整形外科治療にも対応している。小型犬に多い骨折やレッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼などの疾患について、古田院長に治療法を伺った。

    • 横浜青葉どうぶつ病院
    • 古田 健介院長
  • 犬のヘルニアと膝蓋骨脱臼

    浅草駅から徒歩15分に、犬や猫、ウサギやサル等の小動物まで幅広く対応する「佐野動物病院」はある。佐野晋院長は、犬の椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼の手術を得意とし、全国から多くの患者が訪れている。そんな佐野院長に病気について詳しいお話を伺った。

    • 佐野動物病院(旧岩崎動物病院)
    • 佐野 晋院長
  • 誤飲と慢性の嘔吐・下痢・血便

    横浜市都筑区にある港北どうぶつ病院の新井勇人院長は、内視鏡を用いた検査や治療に力を入れている。誤飲した異物を手術せずに摘出したり、原因不明の嘔吐や下痢の診断をつけたり、その評判を聞いて遠方からの来院も多く、丁寧に耳を傾け最善の対応を提案している。

    • 港北どうぶつ病院
    • 新井 勇人院長
  • 100匹以上の飼育経験をエキゾチックアニマルの診察に活かす

    千葉市若葉区『BEN犬猫エキゾの病院』は、犬猫に加えて診療の難しい動物も診察する。『うさぎやハムスター、爬虫類などの飼育に困っている方を助けたい』と話す石川雅章院長が飼ってきたペットは数知れず。そんな院長の診療への思いを伺った。

    • BEN犬猫エキゾの病院
    • 石川 雅章院長
  • 犬の膿皮症・耳道閉塞、原因と治療法

    北川犬猫病院では、皮膚科と耳科の診療に力を入れている。犬の代表的な皮膚疾患である膿皮症の治療では、抗生物質に頼りすぎないシャンプー療法を積極的に取り入れ、耳の疾患である耳道閉塞の治療では、なるべく耳道を切除しない内科的治療を行っている。

    • 北川犬猫病院
    • 三枝早苗院長
ページトップへ