みなみ動物病院の評判・口コミ - 徳島県板野郡藍住町【カルーペット】

みなみ動物病院
みなみどうぶつびょういん

みなみ動物病院

4.26
アクセス数: 27,222 [1ヶ月: 339 | 前期間: 339 ]
所在地
板野郡藍住町 奥野
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス
オーナー様と動物たちの希望・生活スタイルを第一に考えた診療をご提案いたします
動物は私達に沢山の幸せをもたらしてくれる存在です。
しかしその動物が幸せな状態でなければ、私たちも幸せと感じることはできなくなります。
その幸せを崩してしまうものが、病気やケガです。

動物たちがオーナー様へ与えてくれる沢山の幸せを、一日でも早く取り戻せるよう獣医療を通してお手伝いができたらと考えております。

オーナー様のご意見・ご希望・ライフスタイルを重要視し、わかりやすい病状説明を心がけ、最適な治療方法をご提案させて頂きますので、ご不安なことやご不明なことなどございましたらお気軽にご相談下さい。

ワンちゃん・ネコちゃんを中心に診療しておりますが、フェレットやウサギなどのエキゾチックアニマル(鳥類、爬虫類、両生類は対象外)の診療にも力を入れております。
エキゾチックアニマルについては、セカンドオピニオン、かかりつけの先生からの紹介など、二次診療にも対応しております。

お知らせ

診察の受付は初診、再診に関係なく、診察終了時刻の30分前までとなります。トリミング、ホテルのお迎え、爪切りなどのお手入れ、フード、お薬の受け渡し等は診察終了時刻まで対応いたします。

口コミ

5件中 3件を表示(すべて見る

momo
さん
3人中 3人が、 この口コミが参考になったと投票しています

数年前に完成した比較的新しい病院だと思います。 新しいので綺麗で清潔、駐車場も広く行きやすいです。 獣医さんは親切で分かりやすい説明で良かったです。動物にもやさしく丁寧に接していただけるので怖... (続きを読む)

投稿時期: 2018年12月 | 来院時期: 2018年11月 
3.5
マリーゴールド1112
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

以前、ハムスターがお世話になりました。 犬や猫を診てもらえる病院は多いですが、エキゾチックアニマルを診てもらえるところは少ないので、ありがたいです。 犬や猫とは別の診察室に通されました。 新しい... (続きを読む)

投稿時期: 2018年11月 | 来院時期: 2016年06月 
4.5
ネギトロ
さん
9人中 9人が、 この口コミが参考になったと投票しています

突然我が家の愛犬の歩き方がおかしくなり、心配だったので日曜日も診察してくださるこちらの病院を受診しました。 そのときは開院したばかりであまり待ち時間もなく愛犬の状態を診ていただけました。 結果は大... (続きを読む)

投稿時期: 2017年11月 | 来院時期: 2016年 
5.0

5件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

診療内容

内科、各種外科手術(避妊・去勢手術含む)、予防医療、健康診断、歯石除去、各種検査など幅広く対応しております。
また、セカンドオピニオン、しつけ相談、飼育相談、高齢動物のケア相談などもお気軽にご相談ください。

・避妊・去勢手術
望まない繁殖を防ぐだけでなく、発情からくる問題行動、また生殖器の病気のリスクを低下することも期待できます。
痛みのケア・麻酔の安全性を常に心がけて手術を行います。

・健康診断
動物たちは言葉を話すことができません、私たちが日ごろの変化に気付いてあげることで病気の早期発見・早期治療に繋がります。
そのために当院では年に1~2回の健康診断をお勧めしております。
血液検査・レントゲン検査・超音波検査などを実施し、一年に一回データを記録することで病気になった時の診断に役に立ちます。
それぞれの動物・年齢にあった検査のプランをご提案させて頂きます。

・各種検査
糞便検査、尿検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、心電図検査、血圧検査、眼科検査、耳科検査、病理検査、皮膚検査、ウイルス検査、ホルモン検査などを行い、病気を診断していきます。

エキゾチックアニマルの診療

当院ではエキゾチックアニマル(鳥類、爬虫類以外)の診療にも力を入れております。

・フェレット
フェレットは4歳を過ぎるとシニア期に入り病気に気をつけなければなりません。
フェレットに多い疾患は異物の誤食や毛玉による胃炎や腸閉塞、インスリノーマ(低血糖症)、副腎腫瘍(過形成、腺腫、腺癌)、リンパ腫、などがあり、ワンちゃん・ネコちゃんと同じ治療をすることはできません。
フェレットの病気やケガ・飼育などでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

・ウサギ
ウサギに多い病気は歯牙疾患(切歯過長症、臼歯過長症、根尖膿瘍など)、消化器疾患(胃毛球症、胃腸うっ帯症候群など)、皮膚疾患(真菌症、足底潰瘍、ヅツキダニなどの外部寄生虫症など)、生殖器疾患(精巣腫瘍、子宮内膜症、子宮腫瘍など)があります。
ウサギさんの場合は、普段の食事管理・飼育環境の改善によって防げる病気もたくさんあります。

※その他動物で、お困りのことがございましたら、ぜひ一度当院にご相談ください。
これまで培ってきた知識と経験を生かし、ワンちゃん・ネコちゃんと変わらない獣医療をエキゾチックアニマルにもご提供してまいります。

予防医療

当院では定期健康診断と共に、予防医療も積極的に行っております。

・狂犬病ワクチン
年に一回ワンちゃんの予防接種が義務づけられています。
(海外渡航する際にネコちゃんやフェレットにも必要な場合がございますので、獣医師にご相談ください)

・混合ワクチン
対象動物はワンちゃん・ネコちゃん・フェレットが対象です。
命に関わる伝染病から大切なご家族を守るために、毎年の接種をお勧めいたします。

・フィラリア症予防
ワンちゃんは春に血液検査を実施し、フィラリアに感染してないか調べてからの処方となります。5~12月まで投薬をお勧めいたします。
フェレットやネコちゃんもフィラリアに感染する場合がありますので、飼育環境・健康状態をチェックしていただいてから、処方いたします。

・ノミ、マダニ予防
マダニは人や動物に沢山の病原菌を運んでくる危険な寄生虫です。
人には重症熱性血小板減少症(SFTS)やライム病、日本紅斑熱など、犬にはバベシア症と呼ばれる重症の貧血を引き起こす病気を運んできます。
またノミはアレルギー性皮膚炎の原因になり、同様にしっかりと予防が必要です。

院長紹介

南 裕介

メッセージ

鳴門市生まれ
徳島文理高等学校卒業
北里大学獣医学科卒業 獣医師免許取得
神奈川県川崎市の『くらた動物病院』勤務
倉田英樹先生に師事する
徳島県内の動物病院勤務
2016年3月『みなみ動物病院』開設

スタッフ紹介

津長 里恵/動物看護師・兼トリマー

板東 爽/動物看護師・兼トリマー

佐々木 美穂/動物看護士・兼トリマー

トリミング

ペットホテル

病院詳細

病院名
みなみ動物病院
住所
〒771-1203 徳島県板野郡藍住町奥野字矢上前44-1 (地図)
電話
088-679-6714 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター フェレット モルモット リス

※※その他の動物については、お問い合わせください。※鳥類、爬虫類、両生類は対象外です。

診察領域
歯と口腔系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:3016:00-19:30-16:00-19:3016:00-19:3016:00-19:30--
------15:00-17:0015:00-17:00

※休診日/水曜日 ※日・祝の午後の診察時間は、15~17時となります。

※当院をかかりつけにされてる方で、緊急の場合には、留守番電話にメッセージ、折り返し先の電話番号をお残しください。
対応可能であれば10分以内に折り返しお電話いたします。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.minami-ah.com/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒771-1203 徳島県板野郡藍住町奥野字矢上前44-1

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼~変形性関節症を予防する治療~ NEW

    群馬県富岡市の「さいとう動物病院」は整形外科に力を入れている。犬の膝関節疾患、前十字靭帯断裂や膝蓋骨脱臼は放置しても治ることはなく、適切な時期に治療を開始することが重要だ。外科を担当する木村太一先生に、膝関節疾患の治療について伺った。

    • さいとう動物病院
    • 木村 太一先生
  • 家族の不安を解消する総合診療。大学病院の経験で地域に貢献

    呉市広駅から車で10分にある「ひろ中央動物病院」は、2019年2月に開院した新しい病院だ。玉原智史院長は東京大学で教員として診察、研究に関わってきた内科のスペシャリスト。玉原院長に診療に対しての思いや総合診療科としての治療について伺った。

    • ひろ中央動物病院
    • 玉原 智史院長
  • 飼い主やペットと向かい合い「病気にならない飼い方」を伝えたい

    足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。

    • かるがも動物病院
    • 大井 孝浩院長
  • 口から始まる「病気の予防」

    名鉄線南安城駅から徒歩10分のパーク動物病院は、歯科治療に力を入れている。歯周病は全身の病気を発症するリスクも高めるという。「歯周病は体を守るために治療するべき病気」と話す奥村聡基先生に、治療の方針やホームケアについてお話を伺った。

    • パーク動物病院
    • 奥村 聡基先生
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼

    平成20年、相鉄線かしわ台駅近くに「アニマルクリニック イスト」を開院された金子院長。地元密着型の”頼もしい獣医師さん”として、内科や整形外科疾患治療にあたってきた金子院長に、関節疾患「前十字靭帯断裂」「膝蓋骨脱臼」を中心にお話を伺った。

    • アニマルクリニック イスト
    • 金子 泰広院長
ページトップへ