どうぶつ病院シン・ベットの評判・口コミ - 茨城県土浦市【カルーペット】

どうぶつ病院シン・ベット
どうぶつびょういんしん・べっと

どうぶつ病院シン・ベット

4.49
アクセス数: 6,760 [1ヶ月: 467 | 前期間: 357 ]
所在地
土浦市 並木
診察動物
イヌ ネコ ウサギ フェレット
認定医・専門医
獣医腫瘍科認定医 II種
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
茨城県土浦市の「どうぶつ病院シン・ベット」土曜は19時まで、日曜・祝日は午前診療。フェレット・ウサギも診療可。駐車場あり。
どうぶつ病院シン・ベットは、茨城県土浦市・つくば市を中心にかすみがうら市、石岡市、かすみがうら市、牛久市、阿見町などから多くの患者様にご来院頂いております。

土曜日も19時まで、日曜・祝日も午前診療を行っております。
また、犬・猫の他、フェレット・ウサギの診療も可能です。

【どうぶつ病院シン・ベットの主な診療内容】

・腫瘍科・・・獣医腫瘍科認定医が担当致します。

・歯科治療・・・日本小動物歯科研究会・認定医が担当致します。

・ウサギ・フェレットの診療

・避妊・去勢手術・・・手術のご相談もどうぞ。

・皮膚科・・・感染症・皮膚アレルギー疾患・皮膚角化異常

・眼科・・・眼科2次診療施設での研修で、学んだ知識と経験を提供します。

・予防診療・・・ノミダニ、フィラリア等

・短頭種ワンちゃんの相談・・・呼吸や皮膚に関するご質問や注意点などご相談お受けします。

緊急対応、各種手術、ペットホテルも承ります。

原則予約制をとっておりますが、急患の場合は直接お越し頂き状況把握の上即診察させて頂く場合がございます。
ご予約済みの患者様もご協力とご理解のほど宜しくお願い致します。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

3件中 3件を表示(すべて見る

popoteto
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我家のニャオ(雄猫、13才、長毛)が、お世話になっています。 健康診断でも解かりやすく説明して下さる先生や、優しい看護婦さん達 明るく清潔な病院で、TEL予約で待ち時間が少ないのも嬉しいです。... (続きを読む)

投稿時期: 2018年09月 | 来院時期: 2018年08月 
5.0
cheek
さん
0人中 0人が、 この口コミが参考になったと投票しています

我が家ではボストンテリア(チェロ君生後3か月)2011年から7年間お世話になっております。石垣先生をはじめ スタッフの方々、親身になって診察してくださってとても感謝しております。 ペットとは家族の一... (続きを読む)

投稿時期: 2018年08月 | 来院時期: 2016年05月 
5.0
Caloouser54195
さん
14人中 12人が、 この口コミが参考になったと投票しています

今年の六月で11歳になる老うさぎの治療(下唇の腫れ・食欲減退)に行きました。 これまで,普段は家の近くでうさぎを診てくださるクリニック,定期検診や特に心配な時は,うさぎに詳しいエキゾチックアニマル外... (続きを読む)

投稿時期: 2015年02月 | 来院時期: 2015年02月 
5.0

3件中 3件を表示(すべて見る

病院紹介

腫瘍科(がん)診療について

どうぶつ病院シン・ベットでは、日本獣医がん学会・獣医腫瘍科認定医である石垣院長が腫瘍(がん)診療を行っています。

腫瘍(がん)には様々な特徴があります。
できやすい場所、悪化のスピード、転移のしやすさ、副反応、望ましい治療が異なります。
それらを総合的に判断して治療を行う必要があります。

飼い主様のご要望をお聞きした上で、適切ながん治療の提案をさせていただきますので、是非ご相談ください。

【外科手術】
腫瘍を切除します。
完全もしくはそれにちかい形で腫瘍を切除できれば腫瘍の縮小効果は1番高いと言われています。

【化学療法】
抗がん剤を使用した治療です。
血液腫瘍など全身に広がる腫瘍では化学療法が第一の治療法です。
腫瘍に合わせた抗がん剤を選択し、適応・副作用を十分に説明した上で治療を行います。

【放射線療法】
頭蓋内や鼻腔内など外科手術が困難もしくは外科手術では悪影響があると判断される場所、化学療法での反応が期待できない場合に用いられます。
大きな副作用は、麻酔が必要な事・放射線障害の可能性があります。
特殊な装置が必要で、大学病院など二次診療施設への紹介となります。

犬猫の適切な歯科治療

どうぶつ病院シン・ベットでは、日本小動物歯科研究会・認定医である石垣院長が歯科治療を行っています。

長期間、歯石を放置していると、歯肉の炎症から歯周病に進行してしまいます。
歯周病は歯の問題だけでなく、歯の周囲の骨や顎を融かしてしまう恐ろしい病気です。
日ごろのケアがとても重要です。

歯の事、口腔内の事、お気軽にご相談ください。

【犬猫の歯の検診】
・歯並び
永久歯に生え変わる生後5~6か月齢位は、問題解決するにはちょうど良いタイミングですので、是非見せに来てください。

・歯周病
3歳を超えると、80%の高確率で歯周病があると言われています。
見た目に問題が無くても、歯や顎の骨に大きなトラブルを抱えている場合があります。

【犬猫の歯磨きの訓練】
最初から歯磨きを始めるのではなく、飼い主さんとのコミュニケーションの1つとして、頑張ってくれたら褒めてあげる事を意識して取り組みましょう。

難しい場合には、歯磨きペーストや歯磨きガム、その他歯磨きグッズをご紹介しておりますので、ご相談ください。

ウサギ・フェレットの診療

どうぶつ病院シン・ベットでは、フェレットやウサギの性質を踏まえて、飼い主様と相談しながら検査・診察・治療を進めていきます。

【フェレットの診療】
フェレットは活動的で人に良く慣れる反面、困った行動をする事があります。
また、他の動物に比べ腫瘍疾患が多いといわれています。
インスリノーマやリンパ腫、副腎腫瘍などが挙げられます。

調子が悪いな、体重が減ってきたなと感じたら、ご相談ください。

【ウサギの診療】
・避妊去勢手術
犬や猫と同様に避妊去勢手術が一般的に行われています。
手術を行う事で、穏やかに、飼い易くもなり、長生きの可能性も高くなります。

適正年齢はオスメスともに6カ月齢〜12カ月齢です。

・毛球症
ウサギの病気の中で一番良く耳にするものは「毛球症」です。
胃や腸の中で停滞したり、詰まってしまう事で食欲減退などの症状を表に出し、急激に状態が悪くなる事があります。
おかしいな、と思われたら直ちにご来院ください。

・歯牙疾患
切歯や臼歯の不正咬合による過長が多くみられます。
ウサギの歯牙疾患は単に口腔内の問題にとどまらず、食欲不振などを起こす事があり油断できません。

院長紹介

石垣 恭平

メッセージ

どうぶつ病院シン・ベット院長の石垣恭平と申します。

私は常々どうしたら飼い主様やご家族の、幸せのお手伝いが出来るのかを考えてきました。
最先端の医療を駆使する事はもちろん大事なことですが、その知識を前提にどこまでご家族に寄り添い、歩みを共にできるかが本当に必要な事なのではないかと考えています。

食事や健康相談、検診などは随時受け付けております。
その他日々の生活で困ったこと、疑問に思ったこと何でも結構ですのでお気軽にご相談ください。

【資格・経歴】
日本獣医がん学会 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
日本小動物歯科研究会 認定医

出身大学 北里大学獣医畜産学部獣医学科
有限会社 ノヤ動物病院勤務  他、複数の病院勤務(分院長含む)

ペットホテル

病院詳細

病院名
どうぶつ病院シン・ベット
住所
〒300-0061 茨城県土浦市並木2-17-8-102 (地図)
電話
029-827-4244 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ フェレット
診察領域
歯と口腔系疾患 眼科系疾患 皮膚系疾患 脳・神経系疾患 循環器系疾患 呼吸器系疾患 消化器系疾患 肝・胆・すい臓系疾患 腎・泌尿器系疾患 内分泌代謝系疾患 血液・免疫系疾患 筋肉系疾患 整形外科系疾患 耳系疾患 生殖器系疾患 感染症系疾患 寄生虫 腫瘍・がん 中毒 心の病気 けが・その他
認定医・専門医
獣医腫瘍科認定医 II種
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
16:00-19:0016:00-19:00-16:00-19:0016:00-19:0016:00-19:00--

※水曜日、第二木曜日は1日休診※日曜日および祝祭日は午前診療※12:00~16:00は手術や往診を行っております。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
https://www.shinvet.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒300-0061 茨城県土浦市並木2-17-8-102

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • すべての猫の幸せのために、京都ではじめての猫専門病院 NEW

    京都ではじめての猫専門病院「動物病院京都ねこの病院」が2016年に開院した。「猫好きの方はもちろん、猫をよく知らない方も、この病院をきっかけに猫を好きになってもらいたい」と話す園田祐三院長に、病院の特徴や猫の病気についてお話を伺った。

    • 動物病院 京都 ねこの病院
    • 園田 祐三院長
  • 最新の機器と先進的な技術で骨折や脱臼などの整形外科疾患を治療 NEW

    京都市の「メイプル動物病院」では、整形外科疾患の治療を得意としている。海外から最新の治療方法を積極的に取り入れ、セカンドオピニオンも行っている森勇雄院長。家族と同じ気持ちで動物と接する森院長へ、整形外科治療への想いを伺った。

    • メイプル動物病院
    • 森 勇雄院長
  • 話を聞くことからはじまる診察、心に寄り添う動物病院を目指して

    相模原市中央区の「かやま動物病院」は、2017年に開院した一次診療の動物病院だ。「飼い主に説明をして理解をしてもらうことが獣医の仕事」と話す鹿山航院長、鹿山真里先生に、診療に対しての思いや今後の展望についてお話を伺った。

    • かやま動物病院
    • 鹿山 航院長
    • 鹿山 真里獣医師
  • 犬猫の口臭をクリーニングで改善

    横浜市磯子区の葉山動物病院は、犬・猫の口臭の原因となる歯周病の治療に注力。歯石除去では麻酔をかけて一本ずつ磨き上げ、歯周ポケットも丁寧に清掃。細菌検査による歯周病リスクのチェックも。院長の葉山俊先生に歯周病の予防と治療について伺った。

    • 葉山動物病院
    • 葉山 俊院長
  • 犬・猫のリンパ腫。診断と治療

    名鉄三河線の碧南中央駅から徒歩8分の「パル動物クリニック」は、がん治療に力を入れている。岐阜大学の腫瘍科で助教を務めていたこともあり、専門的な知識や経験も豊富な院長の伊藤祐典先生に、がん治療に取り組む姿勢やリンパ腫についてお話を伺った。

    • パル動物クリニック
    • 伊藤 祐典院長
ページトップへ