みどり動物病院の評判・口コミ - 神奈川県相模原市緑区【カルーペット】

みどり動物病院

3.00
アクセス数: 4,312 [1ヶ月: 51 | 前期間: 44 ]
所在地
相模原市緑区 青山
診察動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット 鳥
地域のホームドクターとしてご家族からの声を聞いて診療します
2014年に開院したばかりの動物の病院です。まだまだ小さい病院ですが、飼い主様ひとりひとりのニーズにあった対応を心がけております。色々なお話しをさせていただく中で皆様がハッピーになれる方法を見つけていたらと考えております。
ペット保険の体験談・口コミ

口コミ

1件中 1件を表示(すべて見る

アンバー485
さん
5人中 5人が、 この口コミが参考になったと投票しています

こちらの病院は小動物系のハムスターやうさぎ、小鳥なども診てくれるので飼っている方は嬉しいですね。 日祝日もやっていて車やバスでも行ける範囲です。駐車場もあり建物も大きいのでわかりやすい。 予約して... (続きを読む)

投稿時期: 2016年03月 | 来院時期: 2016年02月 
3.0

1件中 1件を表示(すべて見る

院長紹介

西川 裕子

メッセージ

地域の皆様に少しでもみどり動物病院のことを知ってもらい、お役にたてるよう頑張っていきたいと思います。

病院詳細

病院名
みどり動物病院
住所
〒252-0156 神奈川県相模原市緑区青山930-2 (地図)
電話
042-780-8313 ※お問い合わせの際は、「カルーペットを見た」とお伝え下さい。
診療動物
イヌ ネコ ウサギ ハムスター モルモット 鳥
診察時間
 
09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00-09:00-12:0009:00-12:0009:00-12:0009:00-12:00
15:00-19:0015:00-19:0015:00-19:00-15:00-19:0015:00-19:0013:00-17:0013:00-17:00

※※第3日曜日は休診です。

上記内容に変更がある場合もあるため、正確な診療時間は直接各病院のホームページ・電話等で確認してください。

公式ホームページ
http://www.midori-vet.jp/
設備・取り扱い
 
クレジットカードJAHA会員アニコムアイペット予約可能駐車場救急・夜間時間外診療往診トリミングペットホテル二次診療専門

地図

〒252-0156 神奈川県相模原市緑区青山930-2

※地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)

ドクターズインタビュー記事

  • 家族の不安を解消する総合診療。大学病院の経験で地域に貢献 NEW

    呉市広駅から車で10分にある「ひろ中央動物病院」は、2019年2月に開院した新しい病院だ。玉原智史院長は東京大学で教員として診察、研究に関わってきた内科のスペシャリスト。玉原院長に診療に対しての思いや総合診療科としての治療について伺った。

    • ひろ中央動物病院
    • 玉原 智史院長
  • 「てんかん」MRI検査と最新のアプローチ NEW

    浜松市東区「かば動物クリニック」はMRIとCTを完備し、てんかんや椎間板ヘルニアなど脳・神経系疾患の診療を得意としている。犬猫でのてんかんの発症率は人と比較して高頻度で、身近な病気であるという。國谷貴司先生にてんかんの診療について伺った。

    • かば動物クリニック
    • 國谷貴司院長
  • うさぎの子宮腺癌とフェレットのインスリノーマ

    犬・猫から、エキゾチックアニマル、特殊動物まで、あらゆる動物の診察に応じる「花咲く動物病院」。開院直後から多くの飼い主に支持される理由は、エキゾチック診療のスペシャリストである上田院長の高度な治療術にあった。

    • 花咲く動物病院
    • 上田 憲義院長
  • 「栃木に高度医療を提供する」70年の歴史を継ぐ3代目の決意

    益子町の伏見動物病院は、北関東では数少ない前十字靭帯断裂の最新治療(TPLO、TTA、CBLO)を行う病院。整形外科と眼科では専門診療を実施、総合病院の役割も果たす。整形外科が専門の伏見寿彦先生に病院の特徴や痛みの少ない治療について伺った。

    • 伏見動物病院
    • 伏見 寿彦先生
  • 犬の前十字靭帯断裂と膝蓋骨脱臼

    平成20年、相鉄線かしわ台駅近くに「アニマルクリニック イスト」を開院された金子院長。地元密着型の”頼もしい獣医師さん”として、内科や整形外科疾患治療にあたってきた金子院長に、関節疾患「前十字靭帯断裂」「膝蓋骨脱臼」を中心にお話を伺った。

    • アニマルクリニック イスト
    • 金子 泰広院長
ページトップへ